基本情報技術者試験の参考書

基本情報技術者試験

【基本情報技術者試験おすすめ参考書】知識ゼロからでもわかりやすい!!

2019年11月27日

 

基本情報技術者試験を受験するのだけれど...

初心者でもわかりやすい参考書が欲しい!

合格するためには、どんな参考書や問題集を使えば良いの?

選ぶポイントは?

 

基本情報技術者試験の勉強するにあたり、わかりやすくて読みやすい参考書が欲しいですよね

勉強中、つまずいた場合などあなたを助けてくれる必須アイテムですからね。

 

でも、書店へいくと基本情報技術者試験の関連書籍がたくさんあって、どれを選べば良いのか迷います。

マー坊

僕もそうでした。

IT知識ゼロだったため、なるべくわかりやすいものが欲しい!と探しました。

 

今回は、基本情報技術者試験に合格した僕が、初心者でもわかりやすく合格を掴めるような参考書や問題集を紹介します!

 

基本情報技術者試験の勉強におすすめ参考書は2つでOK!

基本情報技術者試験のおすすめ参考書は2つ

 

僕がおすすめする、基本情報技術者試験の参考書および問題集は以下2つです。

  1. 参考書:【情報処理教科書 出るとこだけ!基本情報技術者 テキスト&問題集】
  2. 問題集:【基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集】

それぞれ解説していきます。

 

1. 参考書:【情報処理教科書 出るとこだけ!基本情報技術者 テキスト&問題集】

僕がおすすめする参考書は以下1冊です。

 

この参考書をなぜおすすめするのか...

おすすめするポイントは以下2つ!

  1. 「頻出問題や用語」がしっかりまとまっている。
  2. IPAのシラバス(学習の目標、試験の合格を目指す際の学習指針)に沿った内容!だからさらに合格に近づく!

一つづつ解説していきます。

 

1. 「頻出問題や用語」がしっかりまとまっている➡︎ポイントを押さえた効率的な学習ができる!

基本情報技術者試験しっかりまとまっている

 

「情報処理教科書 出るとこだけ!基本情報技術者 テキスト&問題集」は、午前試験を効率よく勉強するための最適な参考書です

「効率よく」といっているのは、今の基本情報技術者試験の制度(平成21年)になってから、現在までの各分野における科目の出題数が数値化されて、それに基づいた丁寧な解説となっているということです。

マー坊
頻出問題など重要な部分や難しい部分は、重点的にくわしく解説しています。

 

ですので、過去に出題された頻出問題・用語がしっかりまとめられていますから、過去問でつまづいた時には詳しい解説を読むことできちんと理解することができます。

基本情報技術者試験は過去問を中心に勉強するのが基本です!

参考【基本情報技術者試験】忙しく時間がない方向けの勉強法を紹介します!

マー坊

過去問を中心に勉強する中で、困ったときに助けてくれるのがこの参考書なのです。

しかも詳しい解説付き!!

 

さらに、基本情報技術者試験の特徴と言えば、とにかく範囲が広いこと。

その分野はテクノロジ系、マネジメント系、ストラジ系合わせて23分野。

基本情報技術者試験に合格するための勉強期間は、一般的に3ヶ月と言われています。

一般の参考書を開き一つ一つ、勉強しているとはっきりいって時間はありません

 

その理由を、受験者の合格率や得点分布より解説します。

  1. 受験者の午前試験および午後試験の合格率
  2. 受験者の午前試験および午後試験の得点分布

 

1. 受験者の午前試験および午後試験の合格率について

受験者の午前試験および午後試験の合格率について

 

令和元年(秋季)の午前試験、午後試験の合格率は以下の通り。

午前試験:約42%

午後試験:約36%

各試験の得意不得意といったこともありますが、午前試験よりも午後試験の方が合格率が低いのは事実。

午後試験の勉強に対し、十分に時間を当てられなかったこともその要因です

 

マー坊

僕も基本情報技術者試験の勉強には3ヶ月かけました。

特に、午前試験の勉強に時間をかけすぎて、午後試験勉強が十分にできなかったのです。

結果は、(午後試験)合格ラインのギリギリで合格です。

プログラミングが得意だったため点数は稼げましたが、その他の選択問題などで点数を落としていました。

結果からわかったことは、午後試験は時間をきちんと確保し勉強さえできれば、午前試験よりも比較的簡単に得点することができるということです

では次に、得点分布はどうなっているのか解説します。

 

2. 受験者の午前試験および午後試験の得点分布

午前・午後試験得点分布

参考:IPA「統計情報 得点(評価ランク)分布」

 

上記のグラフは、令和元年度(秋期)に行われた、午前試験(青)および午後試験(赤)の得点分布です。

オレンジ色枠の部分が合格者で、その内訳は以下の通りです。

午前試験:23,889人

午後試験:23,925人

合格者人数はそれほど差はありません(むしろ若干、午後試験の合格者が多い)。

80点以上の高得点部分に注目すると、午後試験の合格者は午前試験の合格者を上回っています。

マー坊

90点以上に至っては、圧倒的にも午後試験の方が多いですよね。

その差は約7倍もの開きがあります。

また、その逆側(不合格)の人数でも、午後試験の方が午前試験よりも多くなっています。

前述した、午後試験の合格率が午前試験より低い要因は、この不合格者数が多いことにあるのです。

 

以上のことから、午後試験もしっかり時間をかけて勉強すれば高得点も目指せます

しかし、それが不足していると、合格点にすら届かないという結果になります。

 

基本情報技術者試験にを受験しようという方は、まず最初に午前試験の勉強にかかるでしょう。

しかし、その膨大な範囲をくまなく勉強しようということで、熱心になるあまり午後試験の勉強が不十分になるケースは多いです

 

ですから「情報処理教科書 出るとこだけ!基本情報技術者 テキスト&問題集」は、午後試験の勉強にもしっかりと時間をかけられるよう、初心者や仕事をしながら基本情報技術者試験に挑戦する方まで、無理なく効率の良い午前試験の対策ができます。

 

 

2.最新のシラバスに沿った内容!➡︎より合格に近づける学習が可能!!

2.シラバスに沿った内容!だから合格に近づける!!

 

「情報処理教科書 出るとこだけ!基本情報技術者 テキスト&問題集」では、IPA(情報処理推進機構)が公開するシラバスに沿った勉強が可能です

ですので、より合格に近づける勉強ができるのです。

 

シラバスとは、簡単にいえば試験要綱のこと。

日々進歩するIT技術より、基本情報技術者として必要な知識・技術や目標、その学習項目が示されているのです

参照:IPA「シラバス・試験要綱」

 

例えば、下記過去問を見てみましょう。

これは、平成30年(春期)午前に出題された問題です。

AIにおけるディープラーニングの特徴はどれか

ア."AならばBである"というルールを人間があらかじめ設定して,新しい知識を論理式で表現したルールに基づく推論の結果として,解を求めるものである。

イ.厳密な解でなくてもなるべく正解に近い解を得るようにする方法であり,特定分野に特化せずに,広範囲で汎用的な問題解決ができるようにするものである。

ウ.人間の脳神経回路を模倣して,認識などの知能を実現する方法であり,ニューラルネットワークを用いて,人間と同じような認識ができるようにするものである。

エ.判断ルールを作成できる医療診断などの分野に限定されるが,症状から特定の病気に絞り込むといった,確率的に高い判断ができる。

引用:基本情報技術者平成30年春期 午前問3

AIについての出題です。

これは最近の技術に関する問題ですから、過去問での勉強では対策できません。

 

「情報処理教科書 出るとこだけ!基本情報技術者 テキスト&問題集」では、このような最近のITに関する技術動向に沿った勉強ができるのです。

その他、当参考書に掲載されているIT関連の技術を一部紹介します。

  • 最新の音声通話サービス:VoLTE
  • 3次元造形が可能:3Dプリンタ
  • 身代金を要求:ランサムウェア
  • 巨大で不定形なデータ:ビッグデータ
  • あらゆるものをインターネットにつなぐ:IoT
  • マイナンバー法
  • など

 

 

以上、おすすめ参考書の紹介をしてきました。

次節、おすすめの問題集を紹介していきます。

 

2.問題集:【基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集】

僕がおすすめする問題集は以下1冊です。

 

この参考書をなぜおすすめするのか...

おすすめするポイントは以下2つ!

  1. 合計17回分の過去問が掲載!さらに解説が丁寧!!
  2. 10年以上も前から使われている実績ある問題集だから安心!

一つづつ解説していきます。

 

1. 合計17回分の過去問!さらに解説が丁寧!!

1. 合計17回分の過去問!さらに解説が丁寧!!

 

「基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集」は、実践的かつ効率の良い試験勉強をするのに最適です!

とにかく、過去問にこだわった内容で合計18回分(9年)が掲載されています

(直近4回分は紙面にて掲載され、それ以前の14回分の過去問はダウンロードできる仕組みが整っています。)

ですから、過去問の出題率が高い「基本情報技術者試験」を勉強するのには十分な効果が期待できます

 

もちろん、解説も初心者にもやさしく、詳しいのです。

ダウンロードできる過去問についても、単なる問題と答えだけではありません。

誌面に掲載されている様式と同じなので、しっかりとした解説がついていますから安心して勉強ができます

 

マー坊

僕もこの「基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集」で勉強しました。

特に、午後試験における解説が丁寧なので、問題集はこの問題集1択!

 

勉強自体は、この「基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集」を中心に。

そして、分からないところやつまづいたところは、前述で紹介した「情報処理教科書 出るとこだけ!基本情報技術者 テキスト&問題集」で確認していけば、要点を押さえた効率の良い勉強が可能なのです!

 

「基本情報技術者試験」は勉強期間が不足しがちです。

勉強を早めに取り掛かっても、その膨大な範囲から午後試験勉強などが不足になることもあります。

また、仕事をしながら勉強といった時間がない方もいるでしょう。

そんな、問題を解消してくれる問題集が「基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集」です。

 

2. 10年以上も前から使われている実績ある問題集だから安心!

2. 10年以上も前から使われている実績ある問題集だから安心!

 

この「基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集」は、昔からある有名な問題集です。

マー坊

以前、僕が在籍していた会社にも試験勉強用としておいてあり、それまで様々な先輩などが利用し合格していました。

会社もおすすめする1冊です!

長い実績があると、安心して購入し勉強できますよね!

 

また書店においても大人気となっていますから、ぜひ購入しておくことをお勧めします!

 

以上、基本情報技術者試験で必要な問題集の紹介をしてきました。

 

基本情報技術者試験の勉強には、上記で紹介した2冊の参考書・問題集で十分です。

いろいろな参考書を取り揃えると、たくさんやるべきことがありすぎて気持ち的にも疲れます。

ですので、継続は難しいです。

決まった期間で、要点を押さえながら午前・午後試験の勉強をやり切るためには紹介した2冊で十分に合格を掴むことが可能です。

 

では次節、参考書や問題集は古くても使えるのか、解説していきます。

 

古い参考書や問題集でも使えるのか?

古い参考書や問題集でも使えるのか?

基本情報技術者試験の参考書や問題集は、多少古くても使えます

理由は、過去1年や2年の問題ばかりが出題されるわけではないからです。

また、基本的にはどの参考書も、IPAの求めるシラバス(学習の目標、試験の合格を目指す際の学習指針)に基づき作成されています。

ですので、最新の参考書や問題集を、わざわざ買い求めなくても十分に勉強できます

 

しかし、注意しておきたいのはIPAの求めるシラバスです

その参考書が、シラバスのバージョンにきちんと沿ったものかどうかを確認する必要があります。

(2020年4月からのシラバスのバージョンは7.0で出題されます)

確認方法は、以下IPAの「試験要綱・シラバス」に掲載されていますから確認しておいてください。

➡︎IPA-試験要綱・シラバス-

 

基本情報技術者試験の勉強は、書籍でしかできないということはありません。

次節、WEB上でできる勉強サイトを紹介します。

 

基本情報技術者試験の勉強はWEBサイトでもできる!

基本情報技術者試験の勉強はWEBサイトでもできる!

引用:基本情報技術者試験ドットコム

今回紹介する基本情報技術者試験の勉強サイトは、

基本情報技術者試験ドットコム」です。

 

この「基本情報技術者試験ドットコム」の良いところをまとめました。

  • 平成13年から現在までの過去問題が1問ずつ掲載!
  • 解説も書籍に劣らず丁寧!
  • WEB上で勉強できるため、スマホなどを用いて外出先や空き時間を利用して勉強できる!

初心者の方などにとってももすごく使いやすいです。

 

さらに、勉強中は分からないところでつまづいて悩んだり、試験についての心配事もありますよね。

そういった受験者に対する心強いサービスがあるのです。

 

掲示板でお悩み解決!

引用:基本情報技術者試験ドットコム掲示板

引用:基本情報技術者試験ドットコム

それは「掲示板」。

掲示板」は受験者同士で、問題を解決しあったり励ましたりと、勉強するモチベーションを維持するのに最適なコミュニケーションツールです。

 

勉強で辛い思いをしているのは、決してあなただけではありません。

他の受験生も同じような悩みを持っています。

ですからこういったサービスを利用しながら、受験生のみんなや管理人さんとともに合格を掴みましょうね!

 

まとめ

基本情報技術者試験のおすすめ参考書・問題集を紹介してきました。

  • 勉強するにあたり参考書や問題集は、2冊あれば合格するための勉強が十分に可能。
  • 古い参考書・問題集でもシラバスのバージョンが合っていれば使用できます。
  • 書籍だけでなく、WEBサイトでも十分に勉強できます。

 

今回は、基本情報技術者試験に合格した僕の独断と偏見で、おすすめする参考書・問題集を紹介してきました。

知識ゼロでも十分に無理なく勉強できるものです

 

しかし、この他にもあなたに合った参考書や問題集があるかもしれません。

ですが、どの参考書も合格できるだけの情報はしっかりと書かれています。

当記事で解説した選ぶポイントを参考にしながら、あなたに合った参考書・問題集を見つけてくださいね。

 

 

この記事はいかがでしたでしょうか✨?

-基本情報技術者試験

© 2020 WEB系エンジニア-マー坊ブログ