未経験で始めたプログラマーを辞めたいと思う方の選択肢2つ

初心者からプログラマーを目指す

未経験で始めたプログラマーを辞めたい理由と続ける方法|一旦休んで復帰もあり!

 

未経験からプログラマーになったけど色々と辛くて辞めたいです。

とはいえ、プログラマーを続けていきたい気持ちもあります。

耐えて続けるべきか、転職すべきか...どうしたらいいのか分かりません。

 

本記事の内容

  • 未経験からプログラマーになったけど辞めたいと思う理由
  • プログラマーを続けるために必要なこと
  • プログラマーをどうしても辞めたい時の対処法
  • QA|辞めたいと思う方の質問に答えます!

 

本記事を書いている僕は、過去IT(SIer)企業・WEB会社を経て、現在WEB系フリーランスとして活動中。

 

あなたの悩みは、僕が未経験でプログラマーになったころと全く同じ悩みを持っていますね。

 

僕も未経験からプログラマーになり、始めた当初はすごく辛くて辞めたいと思いました

その時は、上司に引き止められて居残ることになったんです。

しかしそのあと、自分のプライベートなどが奪われることに不満を持ち「辞めた」という経緯があります。

 

...結局はプログラマーに戻り、現在ではWEBフリーランスとして活動しながらプライベートな時間も持てるようになりました

 

この記事では、未経験から始めたプログラマーを辞めたいと思っている方に、本当に「プログラマーを辞めていいのかどうかの判断」や「辞めたい時の対処法」など体験談交えて解説していきます。

 

1.未経験から始めたプログラマーを辞めたいと思う理由|体験談

1.未経験から始めたプログラマーを辞めたいと思う理由|体験談

 

まずは、未経験から始めたプログラマーを辞めたいと思う理由について、僕の体験談交えお話していきます。

  1. プログラミングが難しくてついていけない|向いていない
  2. 残業や休日出勤が多い|プライベートが奪われる
  3. 給料が安い|モチベーションダウン

 

順に解説していきますね。

 

1.プログラミングが難しくてついていけない|向いていない

1.プログラミングが難しくてついていけない|向いていない

 

書いたプログラムが思い通りに動かなかったり、エラーが取り除けなかったりと、未経験者にとってはつきものの悩みですよね。

 

一生懸命にしていても、上司などに叱られたりしてしまうとすごく凹んでしまいます。

また、周りのできる同僚や、先輩たちを見ていると、自分はプログラマーに「向いていない」のではないかと思ってしまいます。

 

自分のせいで周りに迷惑を掛けているんじゃないかと罪悪感を抱き、もう会社を辞めてしまいたくなりますよね。

 

2.残業や休日出勤が多い|プライベートが奪われる

2.残業や休日出勤が多い|プライベートが奪われる

 

未経験ですと、仕事もままならないですから、スケジュールも遅れがちになります。

ですから、残業や休日出勤で仕事の遅れを取り戻さなければなりません。

 

毎日の残業ともなると、疲れも溜まって朝会社に行きたくなくなりますよね。

マー坊

みんなが休んでいる中での休日出勤や、深夜にまで及ぶ残業は切ない気持ちになりました。

 

体の疲れはもちろん、精神的にも参ってきます。

とはいえ、辞めたいと思うことは「甘え」や「逃げ」なんじゃないかと思い、辞めれずにいる状況も辛いものです。

 

関連プログラマーの残業が多い理由|減らす方法や残業が少ない会社の見分け方

 

3.給料が安い|モチベーションダウン

3.給料が安い|モチベーションダウン

 

日々、朝から深夜まで仕事をすれども、給与は一向に変わりません。

残業や、休日出勤でやりたいことも犠牲にしてきているのに...

その頑張りを評価してもらえないのは、未経験とはいえモチベーションも下がりますよね。

 

関連プログラマーの仕事がキツイという理由と回避方法|実体験

 

以上、未経験から始めたプログラマーを辞めたいと思う理由についてお話しました。

 

ぶっちゃけ、未経験のあなたでは上記3つをすぐに改善することは難しいです。

しかし、次節で解説する「プログラマーを続けるために必要なこと」を知ることで、「もうちょっと頑張ってみようかな」と思えるようになります

 

2.プログラマーを続けるために必要なこと

2.プログラマーを続けるために必要なこと

 

  1. 他人と比較しないこと
  2. プログラマーはスキルを売る職業だということを理解する
  3. プログラマーの後の将来像を持つこと

 

順に解説します。

 

1.他人と比較しないこと

1.他人と比較しないこと

 

できる人と比べて劣等感を抱いたところで、あなたにとって何の進歩もありません。

 

しっかりと「自己肯定感」を持ち、自分自身を褒めてあげることが大切です

 

たとえば、他人が1時間で仕事を終えて、あなたが倍の2時間や3時間掛かったとしても、あなたが頑張ってやったことに対し自分自身を褒めてあげましょう。

 

どんな状況においても、あなたを褒めてあげられるのはあなた自身でしかないんです

「自分はよく頑張った!」と褒めてあげることで、モチベーションの維持はできますからね。

 

マー坊

また、回り道をすればするほど、それだけたくさんの勉強ができます。

回り道した結果は、ゆくゆくあなたの成功の糧ともなりますよ。

 

2.プログラマーはスキルを売る職業だということを理解する

2.プログラマーはスキルを売る職業だということを理解する

 

プログラマーは「仕事をした時間」が評価されるのではなく、「仕事の質」が評価されるということを理解しておきましょう。

なぜならプログラマーという職業は、スキルを売る仕事だからです

 

同じ仕事でも、仕事ができる先輩はきっちり定時までに仕事を終わらせ、未経験者が定時までに終えれず残業をして手当をもらうとなると不公平感がありますよね。

 

未経験であればスキルがないのは当然ですから、給与は低いし残業手当ももらえないのは当然なんです。

 

しかし、あなたにプログラミングのスキルさえ身に付けば、今後転職もしやすくなりますしフリーランス(独立)としても活躍できるようになります。

それに見合った報酬(給与)も期待しても大丈夫です!

 

マー坊

未経験である時期は、「稼ぐためのスキルを磨く期間」だということを覚えておきましょう。

 

3.プログラマーの後の将来像を持つこと

3.プログラマーの後の将来像を持つこと

 

「将来はSEになりたい!」

「フリーランスなど独立したい!...」

 

こうした目標を持っておくことで、今の辛い時期を乗り越えることも出来ます

 

なぜなら、SEやプロジェクトマネージャーともなると、仕事内容が変わり給与も大幅アップするからです

>>【システムエンジニアの平均年収】一般サラリーマンと比べて高い!

>>プログラマーとSEの違い(仕事・年収・スキルなど)|生き残るキャリアプランも解説

 

...ゆくゆくは、もっと高給をもらえるような会社に転職したり、フリーランスなど独立したりすることも可能です

こうなると、仕事に対する「やりがい」も上がり、プライベートだって充実させることができるんです。

 

また、SEやプロジェクトマネージャーにはプログラミング以外にも必要なスキルがあります。

あなたにそのスキルがある場合だと、今辞めてしまうことは非常にもったいないんです

>>【SEに向いている人の特徴3つ】向いていない人でも自然と身につく話

 

プログラマーは短命です。

>>プログラマーはどのくらいの年齢まで活躍できるのか

マー坊

最初の数年間だけ頑張り、そのあとはSEなどにキャリアアップしていきましょうね。

 

以上「プログラマーを続けるために必要なこと」を解説してきました。

  1. 他人と比較しないこと
  2. プログラマーはスキルを売る職業だということを理解する
  3. プログラマーの後の将来像を持つこと

 

とはいえ、未経験からのプログラミングはキツイです。

なので、どうしても辞めたいと思うならば、次節「辞めたい時の対処法」をお話していきます。

 

3.プログラマーをどうしても辞めたい時の対処法|転職

3.プログラマーをどうしても辞めたい時の対処法|転職

 

結論をいいますと、一旦別の職種へ転職しましょうというもの

 

転職と言っても「プログラマーを辞めようかどうしよう...」と悩んでいる方も多いはず

実際に僕もこのように悩んでいて、そもそもプログラミングセンスがないんだと思っていました。

 

しかし、決してあなたのプログラミング「センスがない」とか「向いていない」なんてありませんよ

今はプログラミングに少しだけ自信をなくしているだけです

 

ですから、あなたの持ち前のプログラミングスキルを活かせることができる(異業種)会社へ一旦転職し、そこで活躍して自信を持とう!というものです

 

(異業種)転職先では、あなたのプログラミングに対する思いは再び燃焼してくるはずですからね

 

僕もプログラマーを一旦辞めました|再燃のキッカケ

僕もプログラマーを一旦辞めました|再燃のキッカケ

 

僕は(異業種へ)転職し「プログラミングが辛い理由とは何なのか...」をじっくりと考えることができました。

 

転職前は、日々猛烈に働き、猛烈に疲れている状態ですから、冷静に物事を考えること自体が出来なくなっているんです。

 

しかし、転職し冷静に物事を考えることで、辛かった理由がわかるしその改善策も見えてきます。

 

また、転職先での仕事の中で僕のプログラミングスキルを活かせることができ、自信が持てたのです

...結果的には再びプログラマーに戻り、IT会社やWEB会社でスキルを得て、現在のフリーランスという働き方が出来ています。

 

マー坊

長い人生で少しくらい寄り道したっていいんですよ。

結果的にプログラマーに戻りさえすれば、多少の辛いことだって乗り越えることができますし、さらにスキルアップすることも可能ですからね。

良い勉強でした。

 

もっと詳しく【プログラミングができなくて辛い新人へ】センスがなく辞めたいと思ったなら一旦転職すべき理由【体験談あり】

 

4.QA|辞めたいと思う方の質問に答えます!

QA

 

  1. プログラミングに向いている人はいるのか
  2. プログラミングは文系では無理があるのか
  3. プログラミングを得意になるコツ
  4. IT系って実力があれば転職しやすいの?
  5. フリーランスになるには?

 

順に解説していきますね。

 

1.プログラミングに向いている人はいるのか?

実際にいたプログラマーから洗い出した「プログラマーに向いている人」の特徴は以下4つ。

  1. モノづくりが好き
  2. 考えることに抵抗がない
  3. コミュニケーションに抵抗がない
  4. 素直であること

 

しかし「向いていない」と思っても、それはあなたの「弱点」を知っただけのこと。

今は「向いていない」と思っていてもプログラマーとして活動していく中で「向いている」に変えることも十分に可能です

 

以下では、プログラマーの適性を調べるサイトや、プログラマーとして持っておくべき知識などご紹介しています。

関連【プログラマーに向いている人の4つの特徴】実際にいた3人のプログラマーから考察!

 

2.プログラミングは文系では無理があるのか

無理はなく、プログラマーとして活躍するのに学歴など関係ありません。

  1. プログラマーは、スキルや技術で評価されるもの
  2. 数学・英語が苦手でも大丈夫!(AI分野なら必要)
  3. 給料や出世もプログラマーとしての実績によるから

 

むしろプログラマーは技術・スキルで評価されます。

ですから、後に入ってきた後輩が「努力」次第では、先輩を追い越す下克上だってあり得ます

関連「プログラマーに年齢や限界、学歴は関係あるの?」と気になっている方が読むべき記事【体験談あり】

 

3.プログラミングを得意になるコツ

「経験」を積むことで得意になれます

つまり、プログラミングを継続していくことですね。

 

現在フリーランスとして活動している僕が、これまで20年ほどプログラミングに携わってきたことからはっきりと言えることです。

 

僕もプログラミングを始めたころは、どうやったらプログラミングが得意になるのだろうと考えていました。

...しかし、結局得意になる「魔法」みたいなものはありませんでした。

 

また、プログラマーにも種類があります。

あまり難しいものなどを選ぶと、継続が困難です。

 

ですから、あなたが「出来そうな」ものを選ぶとプログラミングを長く継続でき「経験」を積むことが可能です。

関連【プログラマーの種類4つをご紹介】初心者におすすめはコレ!1つを極めれば他もできます!!

 

4.IT系って実力(スキル)があれば転職しやすいの?

実力(スキル)があれば転職しやすいです

また、他の会社からも「オファー」をもらえたりするので、より待遇の良い条件で働くこともできます。

 

さらに、現在もそうですが、今後はIT人材が不足するとも言われている背景があるんですよね。

こうした状況の中で、スキルさえあればプログラマーの「転職」なんてカンタンですよ。

関連プログラマーの良いところ|転職しやすいなど

 

マー坊

プログラミングスキルだけでなく、SEなどのスキルを持っておくと、より高収入を得られる会社への転職も可能です。

関連プログラマーとSEの違い(仕事・年収・スキルなど)|生き残るキャリアプランも解説

 

5.フリーランスになるには?

フリーランスもスキルさえあればなれます。

  • クライアントの要望を聞く
  • 設計する
  • プログラミングする

 

プログラミングスキルだけでなく、クライアントの要望を聞きつつ設計書を作る「SE」としてのスキルも必要です。

 

フリーランスになれば、これまで会社に依存した窮屈な働き方はしなくていいので、ストレスフリーです。

そのためには、ますはプログラマーとして活躍することが前提ですね。

 

まとめ

最後に要点をまとめます。

 

未経験から始めたプログラマーを辞めたいと思う理由と、プログラマーを続けるために必要なことは以下の通りです。

プログラマーを辞めたいと思う理由

  • プログラミングが難しくてついていけない|向いていない
  • 残業や休日出勤が多い|プライベートが奪われる
  • 給料が安い|モチベーションダウン

 

プログラマーを続けるために必要なこと

  • 他人と比較しないこと
  • プログラマーはスキルを売る職業だということを理解する
  • プログラマーの後の将来像を持つこと

 

しかし、プログラマーをどうしても辞めたい時は、一旦別の職種へ転職しましょう

 

別の職種へ転職することで、辞めたかった理由も冷静に考えられますし、再びプログラマーをやりたい!と思うこともあります。

せっかくなったプログラマーですから、完全に諦めてはもったいないですよ。

いったん休戦し、再び戻ってくるのもありです!

 

将来的にも需要があり、働き方も自由なITエンジニア(フリーランス)になるためにも、プログラマーという職業はすごく魅力的ですよ

 

関連【プログラミングができなくて辛い新入社員へ】センスがなく辞めたいと思ったなら一旦転職すべき理由【体験談あり】

 

 

関連記事

この記事はいかがでしたでしょうか✨?

-初心者からプログラマーを目指す

© 2020 お仕事講座-マー坊ブログ