プログラマーキツイこと

初心者からプログラマーを目指す

プログラマーの仕事がキツイと感じることとその理由を17年の経験から本音で語ります。

2020年4月12日

 

プログラマーキツイ職業なの?

「残業が多い、休みもない、精神的にもつらいし給料も安い...」

ネットで見るとこんな暗いことばかりで、プログラマーになりたい気持ちが薄れます。

でもプログラマーになることは諦めたくないので、実際のところどうなのか経験者に聞いてみたいです。

 

あなたが見た「プログラマーはキツイ」という情報は大体合っています。

ですが、キツイことはいくらでも軽減できますよ

 

この記事を読むことで、プログラマーのキツイところを理解しながら、プログラマーになりたいと思う気持ちを持ち続けるはずです。

 

この記事は、IT企業によくありがちなSES契約や請負契約でのキツイところと、その理由などについて解説します。

 

記事の内容は「目次」⬇︎をご覧ください。

 

プログラマーのキツイところ3つとその理由

プログラマーのキツイところ3つとその理由

僕が感じたプログラマーのキツイところです。

  1. 残業が多い(長時間労働)
  2. 休みがない(こともある)
  3. 給与が上がらない

 

では なぜキツイと感じるのか、理由を順番に解説します。

 

1.残業が多い(長時間労働)

1.残業が多い(長時間労働)

特に多いと感じる理由は以下の時です。

  • 新卒入社の時など明らかなスキル不足
  • タイトなスケジュール
  • クライアントによる無謀な仕様変更

 

関連プログラマーの残業時間はどれ程?残業が少ない会社の見分け方など【実体験をもとにぶっちゃけます】

 

新入社員の時など明らかなスキル不足

新入社員の時など明らかなスキル不足

まず、新卒入社の時の残業は仕方ありません。

なぜなら、プログラマーはスキルを売りにする職業です。

 

ですから、明らかなスキル不足による残業です

 

新入社員は、スキルや知識がありませんから、迷ったり悩んだり手が止まることも多いです。

また、上司によるわざと難題を押し付けて考えさせようとする教育だと、なかなか帰れません。

 

ですが、学生時代にプログラミングをかじっていたり、のめり込んでいた人は割と早めに帰っていたのも事実です。

 

やはり、ある程度プログラミングを学習しておく方が入社してから困ることも少ないです。

関連【初心者がプログラミングを独学するための勉強法まとめ】学習に自信がない人に教えます!

 

タイトなスケジュールの時

タイトなスケジュールの時

そして、スケジュールがタイトな時。

例えば、クライアントの方で仕様がなかなか決まらず、開発着手時期が遅れるとその分のしわ寄せがあとでやってくるというもの。

 

クライアントの仕様が決まらないことを理由に、スケジュールを遅らせることもありません。

システムのサービス開始時期は決まっていますからね。

 

また、そもそもクライアントの予算不足により、開発にかけるお金があまりない場合もスケジュールがタイトになりやすいです。

 

マー坊

開発を受注するIT企業のプロジェクトマネージャーが、予算内でできるところまでの開発を受注すれば、無理のないスケジュールもできますよね。

ある意味、プロジェクトマネージャーの能力も問われます。

 

クライアントによる無謀な仕様変更

クライアントによる無謀な仕様変更

クライアントによる行き当たりばったりな仕様で、何度も仕様変更させられることもありました。

ですから、「仕様変更➡︎プログラミング」という工程を何度も繰り返すことで、スケジュールが遅れてしまいます。

この場合は、クライアントの方で具体的な目標(やりたいこと)が見えていないのです。

 

しかし、全てのクライアントがそうかと言えば違います。

資金が潤沢なクライアントや、良心的なクライアントはスケジュールを伸ばしてくれたりしてくれました。

 

マー坊

また、開発チームのマネージャー(プロジェクトマネージャー)の素質にも関わります。

様々なクライアントの要望を聞いているマネージャーだと、下についているエンジニアは残業により苦労します。

 

プログラマーという職業に限ったことではありませんが、仕事にはスケジュールがあってそれに基づいて進めていきます。

ですから、その進捗が遅れるようなことがあると、残業をしなければならない状況となるのです。

 

マー坊

帰る時間も遅くなったり、時には会社で寝泊りすることも...

残業の日々が続くと、仕事が嫌になりますよ。

 

2.休みがない(こともある)

2.休みがない(こともある)

他の職業の人が休日にも関わらず、プログラマーは仕事をしなければならない時もあります。

その一例を書きます。

  • 残業だけでは遅れたスケジュールを取り戻せない時
  • トラブル対応

 

平日の残業だけでは遅れたスケジュールを取り戻せない時

平日の残業だけでは遅れたスケジュールを取り戻せない時

平日勤務の中で、遅れたスケジュールを取り戻せればいいのですが、それができなかった場合には休日出勤をして対応しなければなりません。

 

例えば、週明け月曜から動作テストのスケジュールがあれば、その日(月曜)までにコーディングを済ませておかないとテストができません。

また、一人のスケジュールの遅れにより他のエンジニアのスケジュールにも悪影響が出たりもしますから、休日出勤を回避することもできない状況もあるのです。

 

トラブル対応(サービス開始後)

トラブル対応(サービス開始後)

システムが完成しサービスを開始(稼働)すると、様々なトラブルが発生します

開発中は、あらゆるデータを投入し動作確認をしているにも関わらず、トラブルは起こります。

 

トラブルが発生すれば、早急な対応をしなければなりませんが、それが休日ともなると休み返上で出勤しなければなりません。

 

ですから、プログラマーなどのエンジニアは、休日には外出制限が掛かったりなど窮屈な生活を強いられることもあるのです。

 

3.給与が上がらない

3.給与が上がらない

給与が上がらない理由は以下の通り

  • 下請けのプログラマー
  • 年齢的にSEなどにキャリアアップすべき年齢

 

下請けのプログラマー

下請けのプログラマー

プログラマーに限った話ではないですが、下請け会社のエンジニアの給与は基本的に安いです。

 

なぜなら、ユーザーから直接、開発案件をもらった会社(元請け)が下請け会社へ仕事を発注する場合の単価が安いのです。

IT業界には、いわゆる「多重下請けのピラミッド構造」が成り立っており、下層の下請けになればなるほど単価は安くなります。

 

ですから、同じプロジェクトに参入する下請け会社でも、元請けとのつながり方次第で受注単価が変わっってくるのです。

 

もちろん、ユーザーから直接、開発案件をもらえるような会社(元請け)であれば給与は高くなります。

 

年齢的にSEなどにキャリアアップすべき年齢

年齢的にSEなどにキャリアアップすべき年齢

結論をいうと、20代後半からはプログラマーの上位であるSEとして活躍しなければならない年齢です。

いつまでも、プログラマーのままでいても給与(単価)は頭打ちして上がりません。

 

ですから、SEとしての能力を持ち合わせていないと、給与(単価)はいつまで経ってもプログラマー単価なのです。

 

前節でも触れた下請け会社のプログラマーであれば、たとえ30歳を過ぎたとしても、下請けとしてプログラマーをやり続ける傾向があります。

自社開発をしていない会社だと、SEの上司・先輩がいないため、SEとしての能力も身につきにくいです。

 

関連【プログラマーとSEの違い】仕事・年収・求められるスキルを解説!【経験談】

 

以上、プログラマーのキツイところとその理由について解説しました。

しかし、そんなキツイ職種のプログラマーでも良いところはあるのです。

 

良かったところ

良かったところ

では、プログラマーの良いところを書いていきます。

  1. 給料が高い
  2. 自由な働き方ができる
  3. スキルが身につく➡︎転職も割と容易

 

1.給料が高い

1.給料が高い

「プログラマーのキツイところ」の解説で、プログラマーは残業が多いと書きました。

しかし、この残業が多いとその分「残業手当」がつきますから基本給と合わせて給料が高くなります

 

残業は体力的にキツイですが、でも残業はやっただけついてきますから非常に楽しみな面もあるのです。

 

マー坊

もらった給料のうち、基本給と残業代があまり変わらない時もありましたよ。

そんな月は、ちょっと贅沢に遊びや食事を楽しみました!

 

ですが、気をつけていただきたいのは、裁量労働制(みなし残業)を採用するIT企業にすることです。

残業代をとにかく多く支払わないように、残業支出を押さえています。

ですから、(一定を超える)残業をしてもその分残業代として支給されませんから、給料も安くやりがいもなくなります。

 

2.他のIT企業からオファーも!

2.他のIT企業からオファーも!

客先常駐型で仕事をしていると、様々なIT企業の方達と出会います。

 

もし、あなたの仕事っぷりに興味をもつエンジニアや管理者クラスの方がいれば、もしかすると、

「うちの会社に来ないか?」

などとオファーを受けるかもしれません。

 

マー坊

事実、僕もオファーを受けましたが、新卒採用のみで中途採用をやっていないような大手企業でした。

めったにないチャンスで魅力はありましたが、迷った挙句、当時在籍していた会社が好きだったのでお断りしました。

 

3.スキルが身につく

3.スキルが身につく

プログラマーは何よりもスキルが身につくことがメリットです。

色んなプロジェクトを経験することで、業務経験や言語スキルなど身に付けられますから、経験値に比例し職域も広くなります。

 

ですから、スキルがあれば、割と転職も容易です

ある程度スキルが身に付けば、会社自体が嫌になった時に、迷いもなく転職することもできますからね。

 

現状、ITエンジニアの人材不足が叫ばれてもいますから、仕事には困りません。

関連【プログラマーの需要と将来性】エンジニアとして生き残るための将来設計とは

 

また、自由が魅力のフリーランスなど、独立して活躍することもできるのです。

 

プログラマーの「キツイこと」をなるべく避けるにはこうする!

プログラマーの「キツイこと」をなるべく避けるにはこうする!

では、プログラマーの「キツイこと」をなるべく避けるにはどうすべきか解説します。

  1. 自社製品を持っていないIT企業は避けるべき
  2. ある程度プログラミング能力を身に付ける

 

1.自社製品を持っていないIT企業は避けるべき

1.自社製品を持っていないIT企業は避けるべき

自社製品を持っていないIT企業への就職は避けるべきです

なぜなら、下請け案件ばかりのプログラマーの仕事がほとんど。

 

ですから、20代後半以降になってもプログラマー単価となりますから、給料も期待できません。

 

また、あなたがキャリアアップするための弊害にもなる可能性もあります。

下請けだと、元請けなどの作った仕様にしたがって開発を進めるわけですから、ユーザーの悩みや疑問を直接聞くことはできません。

 

しかし、ユーザーの悩み・疑問を直接聞くことで、それをどうやって解決すべきかを考えられるようになるので、必然的に問題解決能力が向上します。

なので、プログラマーの上位であるSEやプロジェクトマネージャー(以下PJ)の能力が身につくです。

 

自社製品を持っていない企業は、おのずとSEやPJの能力を持つエンジニアがいないことが多いのです。

 

自社製品を持つ企業をお探しの場合は、IT系エージェントでぜひご相談くださいね!

参考【使っておきたい!IT系転職エージェント2選】20代未経験からプログラマーへ!

 

2.ある程度プログラミング能力を身に付ける

2.ある程度プログラミング能力を身に付ける

やはり、プログラマーになるには、ある程度プログラミング能力は身に付けておきたいものです。

 

なぜなら、未経験の新卒であれば、入社後の研修ではじめてプログラミングを学ぶことになります。

またOJTといった教育で学んでいくこともあります。

 

ですが、会社は新卒個人の能力の差で教育の質は変えません。

プログラミング経験者であれ未経験者であれ、同じ教育を受けます。

 

ですから、ついていける者とついていけずに挫折する者に別れますが、プログラミング経験者だと「ついていける者」が圧倒的に多いです

 

せっかく入社したものの、挫折して会社を辞めてしまうのは非常にもったいないです。

 

ですから、以下プログラミングスクールを利用し、あなたに合ったプログラミング教育を受けることをおすすめします。

その後の転職(就職)サポートもありますから、はじめての就職も安心ですよ!

参考超初心者におすすめするプログラミングスクール4つ!学ぶだけじゃなくその後の就職(転職)サポートもあり!!

 

まとめ:プログラマーを目指しましょう!

プログラマーのキツイところとその理由について解説しました。

  • 残業が多い
  • 休日少ない
  • 給与が低い

 

プログラマーはスキルを売る職業です。

ですから、プログラマーとしてのスキルがあれば大概の「キツイ」ことは解決します

 

また、入社する会社の体質もあなたのプログラマーとしての人生を左右します

あなたのキャリアを伸ばせるような会社であれば、あなたはプログラマー➡︎SE➡︎プロジェクトマネージャーなどステップアップも可能です。

また、総合的なITエンジニアとしてのスキルがつけば、自由が魅力のフリーランスなど独立も可能です。

 

迷っていては何もはじまりません。はじめの一歩がエンジニアとしての大きな一歩となりますよ!

関連大学生が未経験でプログラマーになるには?その後のキャリアも見据えておこう!

 

 

この記事はいかがでしたでしょうか✨?

-初心者からプログラマーを目指す

© 2020 お仕事講座-マー坊ブログ