プログラマーの種類4つをご紹介

初心者からプログラマーを目指す

プログラマーの種類4つと初心者におすすめなもの|後悔なし

2020年4月1日

 

プログラマーになりたいんだけど、種類が多すぎてよく分かりません。

失敗したくないので、おすすめがあったら教えて欲しい。

また、今後の需要や難易度、年収なども知りたいな。

 

本記事の内容

  • プログラマーの種類(仕事内容・使用言語・難易度など)
  • オススメするプログラマー
  • 年収
  • 需要と将来性

 

本記事を書いている僕は、過去IT企業・WEB会社に勤務し、現在はWEBフリーランスとして活動中。

 

プログラマーの選び方は重要です。

働き方も違えば、使用する言語や難易度も違いますし、準備するものも違うからです。

ですから、ただ「かっこいいから」とか「年収が良さそう」などと適当に選んでしまうと途中で挫折する危険もあります。

 

マー坊
どの分野のプログラマーになりたいか、そして後悔しないためにも、この記事を最後まで読みしっかり考えていきましょう。

 

この記事では、はじめに僕が経験したプログラマーの種類4つを使用言語・難易度の観点からお伝えし、その中からオススメなプログラマーを解説していきます。

 

1.プログラマーの種類(仕事内容・使用言語・難易度など)

プログラマーの種類4つ

 

プログラマーの種類は多岐に渡ります。

そんな中、僕が経験したプログラマーの種類4つをご紹介します。

  1. WEBプログラマー
  2. 汎用系プログラマー
  3. オープン系プログラマー
  4. アプリ系プログラマー
  5. ゲーム系プログラマー
  6. 組み込み・制御系プログラマー

 

順番に解説していきますね。

 

1.WEBプログラマー

1.WEBプログラマー

 

「WEBプログラマー」はインターネット上にあるサービスの構築を行います。

例えば、予約システムやショッピングサイトやSNS、ホームページなどのWEBサービスなどです。

 

マー坊

「WEBプログラマー」は、僕が最終的に行き着いた「プログラマー」ですね。

身近にあるサービスを作りますから、イメージしやすくとっつきやすいです。

 

主に使用する言語

主な使用言語は以下のとおり

  • PHP
  • Ruby
  • Java
  • Pythonなど

 

また、画面レイアウトを作るHTMLやCSS、画面上に動きをつけるJavascriptなども学習する必要があります。

 

その他、データ操作のためのSQLといった知識も必要です。

 

学習難易度

「WEBプログラマー」は学ぶことが多いと思われますが、学習難易度はそんなに高くありません。

ドットインストール」や「プロゲート」など無料で学習できるサービスがWEB上にたくさんありますから、基礎的なことは十分身につきます。

 

また、学習や開発する中で疑問が出てきたら、QAサイト(「テライル」)も充実していますから、割と早く解決できますよ。

マー坊
要するに、ネット上にたくさんの情報があるから、とっつきやすいんですよね。

 

2.汎用系プログラマー

2.汎用系プログラマー

 

「汎用系プログラマー」は、集中処理型のメインフレームと呼ばれる大型コンピュータシステムの開発を行います。

例えば、金融機関向けシステムや、通信、保険、自治体向けの大量のデータを扱うようなシステム開発です。

 

マー坊

IT企業で経験したプログラマーです。 とにかく開発規模が大きく、大人数での開発となります。

なので、携わる仕事が大きなシステムの一部となり「やりがい」に欠けますね。

 

主に使用する言語

主な使用言語は以下が有名(定番)ですね。

  • COBOL
  • PL/1など

 

昔からある言語で金額計算などの、事務処理が得意な言語が主に使われます。

オブジェクト指向型言語よりも、手続き型言語が多いですね。

 

学習難易度

簡単です。

COBOLやPL1は、(Javaなどのオブジェクト指向型言語に対し)手続き型言語と呼ばれます。

 

手続き型言語は、実行命令や手続きを上から順番に記述していくもの。

ですから、非常に理解しやすく、英語に近い記述で構文が使えるので習得も早いです。

 

マー坊
しかし、COBOLからJavaを学ぶ時は、「オブジェクト指向」の考え方が難しいと感じることもあります。

 

3.オープン系プログラマー

3.オープン系プログラマー

 

「オープン系プログラマー」とは、クライアント・サーバーシステムという複数のコンピュータ(パソコン)を基軸に開発を行います。

ネットワーク上で決められた複数のパソコンを繋いで、業務管理や在庫管理、決済といった自社の独自業務システムです。

 

マー坊

こちらもIT企業で経験したプログラマーで、開発規模が大きく、大人数での開発が多かった印象です。

また、使用言語も多く、広く言語を学びたい方にはオススメです。

 

主に使用する言語

主な使用言語は以下のとおり多いです。

  • PHP
  • Ruby
  • Java
  • Python
  • C+
  • C#など

 

自社システムともなると、大規模・大人数での開発ともなりますから、Javaなどのオブジェクト指向言語が使われます。

またデータベース操作も行うため、SQLの知識も必要です。

 

学習難易度

プログラミング学習することよりも、特殊な業務内容を理解することが難しいです

それは、企業独自のオリジナルシステムを作りますから、まずは業務内容の理解からはじまります。

 

でも、一度案件に携われば、同じような開発案件があった場合に、開発要員として参入することも容易です。

例えば、在庫管理システムの開発に携わったことがあれば、似たような在庫管理システムを開発する案件があった場合に、開発要員として参入しやすくなります。

 

また、プログラマーなどのエンジニアに「情報処理技術者資格」の取得を推進する企業もあります

IT企業では「SES契約」や「請負契約」といった形態による働き方が主流です。

 

各エンジニアが資格を有することで、自社のIT技術力の証明ともなり、お客さんとの信頼関係も高まります。

そのため、ぜひ持っておきたい資格です。

基本情報技術者資格のメリット
【基本情報技術者】資格を取得するメリット6つ!キャリアアップや就職・転職にも有利!!

続きを見る

 

4.アプリ系プログラマー

4.アプリ系プログラマー

 

「アプリ系プログラマー」は、スマホやPCにインストールして使うアプリ開発を行います。

SNSやゲーム、ニュースアプリ、仕事効率化アプリなどその幅は広いです。

 

マー坊

WEBプログラミングをしていれば「ハイブリッドアプリ」という形でも作れます。

ですから、WEBプログラマーから発展しやすいですね。

 

主に使用する言語

主な使用言語は以下ですね。

  • Java
  • Swift
  • HTML、CSS、Javascript
  • C#、PHP、Pythonなど

 

スマホアプリの製作では、IPhoneアプリだと「Swift」、Androidアプリだと「Java」と使用言語が決まっています。

これら専用言語で作ったアプリのことを、「ネイティブアプリ」と言います。

 

学習難易度

「ネイティブアプリ」だと、JavaやSwiftといった言語を学習しなければなりません。

 

しかし、HTML、CSS、JavascriptなどWEB技術を使ったスマホアプリの製作も可能なのです。

それを「ハイブリッドアプリ」と言います。

 

「Swift」や「Java」は使ったことがないという方でも、WEB技術が使えればスマホアプリは作れますよ。

 

2.おすすめなプログラマーはコレ!

おすすめプログラマー

 

僕がオススメするプログラマーは「WEBプログラマー」です。

 

理由は以下の通り。

  • 普段使っているサービスだから、作る時イメージしやすい。
  • 悩みがあると、解決するのも早い
  • 様々なプログラミング言語が使える
  • 需要も多いし、将来性もある!

 

普段使っているサービスだから、作る時イメージしやすい。

1番のオススメポイントは、WEBに関するお仕事ですから、ネットショッピングやSNSなど、僕たちが普段使っているものを作ります

 

ですから、サービスの概要や流れ、画面イメージなどが既に頭の中にインプットされています。

マー坊
なので、非常にとっつきやすいのです。

 

汎用系やオープン系など企業の基幹業務システムだと、その業務内容や専門用語も出てきますからその理解にまず苦しみます。

プログラミング以前の作業が多いのです

マー坊
ですから、おもしろみがあまりなかったです。

 

悩みがあると、解決するのも早い

WEBプログラマーだと、「ドットインストール」や「プロゲート」など無料で学習できるサービスがWEB上に豊富にあります。

 

また、学習や開発する中で疑問・悩みが出てきたら、QAサイト(「テライル」)も充実していますから、割と早く解決できますよ。

 

様々なプログラミング言語が使える

さらに、WEBサービスを作るとなると、PHPやRuby、Python、Javaといった様々な言語での開発も可能です。

 

ですから、JavaでWEBサービスを作ったプログラマーは、オープン系などでもJava案件はありますから活躍ができます

また、Pythonを使ったなら、AI開発などの分野でも活躍が期待されます。

 

マー坊

僕自身も、業務系、汎用系と携わってきましたが、WEB系開発が一番自分のスキルアップが実感できました。

 

また、どれか一つ言語をマスターすれば、他の言語の習得も簡単です。

文法が違うだけで、クラスやインスタンスといった考え方は変わりませんからね。

 

需要も多いし、将来性もある!

もういちど言いますが「WEBプログラマー」はWEB上にあるサービスを作ることがお仕事です。

ECサイトや、SNS、Wordpressを使った案件など、身近にあるサービスです。

 

なので、誰かに特化したサービスではなく、企業や官公庁、一般ユーザーなどの広い範囲で「便利」「効率的」「売上アップ」を目指します

スマホなどのデバイス機能の高機能化や、高速化も進んでいく中で、「WEBプログラマー」の需要や将来は非常に楽しみだと思っています。

 

初心者であれば、まずは「WEBプログラマー」から始めましょう!

そして、プログラミングに慣れてから、他の分野のプログラマーを目指すことをおすすめします。

プログラミングは何から始めればいいか
プログラミングの独学は何から始める?|初心者の始める前の準備と心得

続きを見る

 

3.年収

年収

 

ここでは前述したプログラミング言語中心に、その年収ランキングをご紹介します。

 

データは、2019年に「stack overflow」が発表した、全世界の開発者を対象にしたプログラミング言語です。

ご参考までに。

 

順位 プログラム言語 年収(108円/$として円換算)
1 Clojure 9,720,000円
2 F# 8,640,000円
2 Go 8,640,000円
6 Ruby 8,100,000円
12 Python 6,840,000円
15 C# 6,372,000円
15 Swift 6,372,000円
19 JavaScript 6,048,000円
25 Java 5,616,000円

参考:stack overflow

 

プログラマーとして活躍していく上で、年収も気になるところ。

ですが、僕自信の経験から、どの種類のプログラマーが一番良いのかは分かりません。

 

なぜなら、会社の規模にもよるし、開発プロジェクト自体の予算や規模にもよるからです。

もちろん、プログラマー個人の年齢や経験・能力も大いに関係しています。

 

年収が良さそうだからと飛び込み、実際にあなたのやりたかったことではなかったら、プログラマーとして長続きはしませんよ。

 

4.需要と将来性

需要と将来

 

プログラマーの需要は、今後もまだまだあると言っても良く、WEBプログラマーに限っては6割り超えの求人です。

 

しかし、ただプログラマーはプログラミングさえできていれば良いというわけではありません。

なぜなら、システム開発に掛ける企業のコストやAIの台頭などを考えると、これからのプログラマーに期待する仕事は多いのです。

 

逆に言えば、プログラミングプラスアルファの仕事量をこなさなければ、生き残れないことになるのです。

 

まとめ|プログラマーになろう!

僕がこれまで携わったプログラマー4つについて解説してきました。

  1. WEBプログラマー
  2. 汎用系プログラマー
  3. オープン系プログラマー
  4. アプリ系プログラマー

 

どのプログラマーも作るサービスや学ぶ言語の違い、需要の多い少ないはあります。

 

しかし、プログラマーをこれからの職業としていきたい初心者の方であれば、まずは「WEBプログラマー」から始めることをオススメします

 

身近にあるサービスでイメージできるものであれば、作るのもすごく楽しいですし、長くプログラマーとしても活躍できます。

長く活躍することで、年収アップも可能ですし、他の分野のプログラマーを目指すのも容易です。

 

プログラミングの独学は十分に可能ですから、まずは前進あるのみです。

プログラミングの独学勉強法
プログラミングを独学する勉強法まとめ【初心者向け】|挫折回避

続きを見る

 

独学は自信がない。。。手っ取り早く実践力をつけたいのであればスクールに通うこともおすすめですよ!

参考超初心者におすすめするプログラミングスクール4つ!学ぶだけじゃなくその後の就職(転職)サポートもあり!!

 

 

関連記事

この記事はいかがでしたでしょうか✨?

-初心者からプログラマーを目指す

© 2021 マー坊BLOG