プログラミングの独学が難しい3つの理由と無理なく学ぶ2つの方法

プログラミングの独学

プログラミングの独学が難しい3つの理由と無理なく学ぶ2つの方法

2020年5月12日

 

プログラミングをゼロから独学で学ぶには難しいですか?

将来プログラマーなどのITエンジニアになりたいです!

 

プログラミングを独学で学ぶことは可能です。

ですが、誤ったやり方では学習が難しいものとなります。

 

なので、初心者のあなたにとってプログラミングを学ぶことは「無理」となり、途中で挫折する可能性もあります

 

マー坊

僕もプログラミング学びたて当初は、すごく難しいものだと実感し、ついていけず挫折しそうにもなりましたよ。

 

しかし、この記事(後半)に書いてあることを実践することで、プログラミングができるようになり、おもしろいものだと思えるようになります。

 

本記事の内容は、以下目次をご覧ください。

 

1.プログラミングの独学が難しい理由

プログラミングの独学が難しい理由

 

プログラミングの独学はすんなり出来てしまう人は少ないです。

(というよりは僕の周りにはいなかった)

 

ですから、あなただけではなく誰しも難しいと感じているのです。

その難しいという理由は以下の通り。

  1. 本を読んで一から理解しようとする
  2. 最初のとっつきが面倒
  3. 困った時の解決策が見つからない

 

1.本を読んで一から理解しようとする

1.本を読んで一から理解しようとする

 

本を読んで理解しようとしても、初心者にとっては難しく感じてしまいます。

 

本のページを開くと「実行環境」「文字・変数」「型」など、初心者にとって非常に理解しがたいものばかりが書かれているのです。

加えて、これまで聞いたことのない用語や英単語のようなものが並んでいて解説されています。

 

ですから、本の解説がなぜプログラミングに必要なのか、これを知っておくことで何ができるのかという目的や用途が理解できないのです。

 

また、本を読んでいてもすごく飽きてしまいますよね。

プログラミングをしたいのに、理解に苦しむ本ばかり読んでいると嫌にもなってしまいます。

 

 

2.最初のとっつきが面倒

2.最初のとっつきが面倒

 

プログラミングすることが目的なのに、その環境設定でつまづいてしまうこともよくあります

 

例えば、開発するための

  • 統合環境のインストール
  • 必要なライブラリのインストール
  • コマンドプロンプト(真っ黒な画面)での実行など

やっていてもよくわからないことばかり...

 

必要な設定を一通り時間を掛けてやってみたものの、なぜかエラーが出てしまっている...

よくわからないことをやっているので、エラーの原因も対処の仕方もわからず途方にくれることもあるのです

 

最初の設定はどんなものを作るにも必要ですが、極力簡単でスムーズに設定できるものがいいですよ。

そうすることで、目的のプログラミングに早く辿り着けますからね。

 

3.困った時の解決策が見つからない

3.困った時の解決策が見つからない

 

せっかく苦労して作った、動くはずのアプリでも予期せぬ原因により、動かなくなってしまうこともあります。

でもなぜ動かないのかもわからないし、調査の仕方もわからない...

 

悩んでいるうちに時間が経ってしまい、疲れてくるのです。

聞いて解決したいけれども、周りには聞ける相手もいないとなると、プログラミング学習が進まなくなります

 

困った時にでも、すぐに聞いて解決できればスムーズにプログラミング学習も進みますよ。

 

以上、プログラミングを独学する難しさについて解説しました。

一時の難しさであればなんとか耐えることは出来ます。

 

ですが、このような状況が長く続くとなると、辛くなってプログラミング学習を途中で挫折してしまいますよ。

関連プログラミング学習で挫折する理由とその回避方法。経験者の僕が解説します。

 

次節、プログラミングを無理なく学ぶ方法について解説します。

 

2.プログラミングを無理なく学ぶ方法

2.プログラミングを無理なく学ぶ方法

 

プログラミングを独学で学ぶことは可能です。

関連プログラミングの独学は無理ではない!でも最初は目的の難易度を下げることをおすすめ!!

 

でもそれには、無理のない学習をするべきです。

無理なく学べると、簡単に、そしていざつまづいた時でも解決が早いですから学習が進みますからね!

  1. 実際に作る!
  2. 理解しやすいプログラミング言語を選ぶ!

 

1.実際に作る!

1.実際に作る!

 

プログラミングを独学で学んでいくには、まずは実際に作ってみて学ぶことが良いです。

なぜなら、スキルアップが効率よくできるから。

 

「でも、コーディング方法も知らないのにできる?」

 

こんな疑問もありますが、僕のオススメ学習方法なのでご紹介します。

 

サンプルアプリを作ってみる!

実際に僕がやった学習ですが、本に出ているサンプルアプリを実際のコーディングを真似て作ってみるのです

 

まずは「動いた!」という実感を得て、プログラミング学習のモチベーションをあげようというものです。

「サンプルを真似たんだから動いて当然だ!」と思われるかもしれません。

 

ですが、そこから自分流に改造していくのです

真似て作ったサンプルを自分流に改造していくことで、プログラミング知識がインプットされていきます

 

例えば、商品登録をするサンプルアプリがあったとして、、、

その商品情報にもう一つフォームを追加してみるのです。

商品の在庫数、出品者のコメントなどなんでもいいです。

 

フォームを追加するコーディング方法がわからなければ、そこで初めて本を開いてやり方を学ぶのです

 

このように、サンプルアプリを用いたプログラミング学習方法は、自分のやりたいことは何か(今の場合はフォームの追加)を自覚することができます。

学習に無理もないし、目的もはっきりしますからスキルアップには効率の良い学習となるのです。

 

 

2.理解しやすいプログラミング言語を選ぶ!

2.理解しやすいプログラミング言語を選ぶ!

 

あまり難しいプログラミング言語を選んでしまうと、その理解に苦しみます。

 

例えば「C言語」は初心者にはオススメしません

メモリを意識したり、他の言語にはないポインタという考え方があったりと初心者が使うには難しいです。

 

マー坊

事実、僕もはじめて「C言語」に携わった時は苦しみましたよ。。。

 

 

また、学習中には様々な疑問がでてきます。

そんな時、ネットで調べればサクッと解決できるプログラミング言語なら、つまづいたときにも解決は早いです!

 

僕がオススメするプログラミング言語や、取り組む分野などを以下で解説しています!

絶対楽しく作れるし、知識・スキルも得やすいですよ(20代の僕に伝えたい...)。

関連超初心者向けプログラミング言語おすすめ4つ!挫折しないで趣味や副業などでWEBサービスが作れます!!

関連プログラミング学習は何から始めればいいのか。初心者におすすめな言語と取り組む分野はコレ!

 

まとめ:学ぶより慣れましょう!

プログラミングの独学が難しい理由3つ

  1. 本を一から理解しようとする
  2. 最初のとっつきが面倒
  3. 困った時の解決策が見つからない

 

無理なく学んでスキル・知識を得る方法2つ

  1. 実際にプログラミングをして作る!
  2. 理解しやすいプログラミング言語を選ぶ!

 

プログラミングの独学は、学校で学ぶような勉強とは違います。

実際にコーディングなどプログラミングをしていくことで、スキルや知識がついてくるものです

 

料理をはじめて作るように、まずはレシピ通りに作りましょう!

そこからスパイスを加えあなただけのオリジナルアプリにしていきましょうね!

 

楽しく学べれば、スキル・知識は自然と付いてきますよ!

 

 

おすすめ!超初心者におすすめするプログラミングスクール4つ!学ぶだけじゃなくその後の就職(転職)サポートもあり!!

 

この記事はいかがでしたでしょうか✨?

-プログラミングの独学

© 2020 お仕事講座-マー坊ブログ