SEの客先常駐による「メリット・デメリット」|つらい時の対処法も!

システムエンジニアになりたい

SEの客先常駐による「メリット・デメリット」|つらい時の対処法も!

 

システムエンジニアの「客先常駐」とは何? どういった働き方なの?

メリット・デメリットを知りたい。

また「客先常駐」として働くための心構えなども教えて欲しいな。

 

本記事の内容

  • システムエンジニアで客先常駐の実話|実体験
  • 客先常駐のメリット・デメリット
  • 客先常駐で働くための「心構え」
  • 客先常駐が「つらい」と思った時の対処法

 

本記事を書いている僕は、過去数社のIT(SIer)企業とWEB会社を経て、現在WEB系のフリーランスとして活動中。

 

今回は、システムエンジニアとして働いた経験のある僕が「客先常駐」について実体験を交えご紹介していきます。

 

結論を言うと「客先常駐」として働くことも悪くはないですが、あまりにも長く「客先常駐」として働くことはオススメできません

なぜなら、長く「客先常駐」することで、あなた自身の将来がつまらないものになってしまうからです。

 

この記事を読むことで、新卒者が「客先常駐」で働く際の心構えや、現在「客先常駐」がつらいと悩むシステムエンジニアの方のとるべき行動がわかりますよ。

 

1.システムエンジニアで客先常駐した実体験

1.システムエンジニアで客先常駐した実体験

 

システムエンジニアの「客先常駐」とは、クライアントの企業に出向いて作業をする働き方のことです。

プロジェクトが終了するまで、毎日クライアントの企業に出向いて働きます

 

客先常駐の働き方

僕はこれまで数社のIT(SIer)企業で、多くの「客先常駐」を経験し作業に当たってきました。

  • 設計作業(上流工程)の経験
  • 製造作業(下流工程)の経験
  • 保守(下流工程)の経験

 

在籍していた企業が独立系の(下請け)IT企業でして、これといって決まった工程の仕事ではありません。

つまり「なんでも屋」なんです。

なので、自分がやりたい言語や業態・工程は選べず、自社から指示されたクライアントのプロジェクトに参入する形ですね

 

マー坊

同じ同期でも、やりたかった言語などのプロジェクトに参入できる人もいれば、渋々やりたくないプロジェクトに参入する人もいました。

 

とはいえ、「客先常駐」は新卒未経験でも参入することができる働き方です。

ですから、多くのIT企業の研修(OJT)でも利用され、先輩エンジニアについて技術を学べます。

マー坊

プロジェクトに参入する他のIT企業のエンジニアにも出会えますので、交流が広がったことは現在の僕の働き方にもつながっています。

 

派遣と間違えられる|雇用形態が違うだけ

友人に、クライアント企業に出向いて働いているのであれば「派遣」ではないのか?とよく言われました。

確かに、大きなプロジェクトにもなると派遣社員の方も「客先常駐」としてクライアント企業に出向き働いていました。

 

働き方は同じですが、「雇用形態」が異なるだけなんです

 

つまり、僕の場合は所属するIT企業があり、自社からの指示でクライアント企業に出向いています。

しかし、派遣社員の場合は、派遣会社の指示があってクライアント企業に出向いているのです。

 

派遣会社所属のエンジニアだと、プロジェクトが終われば次の仕事が見つかるまで給与はもらえません。

ですが、IT企業に所属していると、たとえ次にの仕事が見つからなくても給与はもらえます

 

2.客先常駐のメリット・デメリット

2.客先常駐のメリット・デメリット

 

まずはメリットからご紹介していきますね。

 

客先常駐のメリット

  1. 交流が広がる
  2. スキルが低くても働ける
  3. 人間関係の悩みがあまりない
  4. 上位会社に転職できる可能性もある

 

順に解説していきます。

 

1.交流が広がる

クライアント企業へ出向くと、様々なIT企業のエンジニアと一緒に仕事をしていきます。

仕事を通じて仲良くもなれますから、週末には飲みに行ったりプライベートも楽しめるんです

 

また、若いエンジニアから、ベテランエンジニアまでいますので、技術のアウトプットや新しい知識などのインプットもできます。

得意とする言語・業態が同じだと、再び同じプロジェクトで出会うこともよくありました。

 

マー坊

交流が広いと、後々フリーランスとして独立した際の仕事の相談もしやすかったですね。

 

2.スキルが低くても働ける

新入社員の方は未経験でも参入しやすいです

 

とはいえ、いきなり設計やプログラミングはさせてはもらえることは経験者でないと難しいです。

未経験者であれば、先輩・上司についてもらいながら研修(OJT)として、スキルを身に付けていくことになります。

 

マー坊

身近に先輩・上司がついていると、わからないところがあってもすぐに聞けるところが心強いです。

 

3.人間関係の悩みがあまりない

プロジェクトは1ヶ月という短いものから、2、3年といった長いものまであります。

ですから、たとえ嫌なクライアントや上長、エンジニアがいたとしても付き合いは高々数年です。

 

一般企業みたいに同じ社員と何十年と付き合わなくてすみますから、人間関係で悩んでも我慢できます

 

また、自社に嫌な上司などの社員がいる場合でも、プロジェクトが違えば常駐先も違います。

 

マー坊

ですから「客先常駐」を主とするIT企業は、人間関係が苦手な方にとって働きやすい職場とも言えます。

 

4.上位会社に転職できる可能性もある

客先常駐で、様々な会社のエンジニアや管理者と親しくなると「引き抜き」のオファーをもらえることもあるんです

 

もちろんそれには先方に「引き抜きたい」と思ってもらえるようなスキルが必要です。

 

しかし、こちらの欲しい収入や待遇面をある程度聞いてもらえます。

ですので、「引き抜き」は通常の就活における採用条件とはかけ離れて「良い」のです

 

マー坊

お世話になった会社を「辞める理由」を探すのが難しかったですが、先方に自分のスキルを認めてもらった事実は素直にうれしかったですね。

 

以上、客先常駐のメリットについてご紹介しました。

次に、客先常駐のデメリットについて解説していきます。

 

客先常駐のデメリット

  1. 休日など就業規則は客先の決まりに従う
  2. 自社の帰属意識が薄れる|孤独感
  3. スキルが身につきにくい
  4. 単価が安いままのことも...|給与も期待できない
  5. 大きなプロジェクトだと「やりがい」がない
  6. 遠方の仕事だと長期出張感覚
  7. 独立系SIerだと下流工程ばかり|ブラックの恐れ

 

順に解説していきます。

 

1.休日など就業規則は客先の決まりに従う

客先常駐で働いていると、自社の規則よりもクライアント企業の就業規則に従い仕事をしていきます

 

たとえば、夏季休暇などは企業によってある程度バラツキがあります。

自社は休業日だけど、クライアントは営業日であるならば、客先の規則に従い仕事をします。

 

また、自社は「私服OK」でもクライアント先では「スーツ着用」ならばそれに従う必要があるんです。

 

マー坊

プロジェクトの業態によっては、カメラ付きスマホを開発室に持ち込み禁止などルールもあるくらいです(特に金融系)。

 

2.自社の帰属意識が薄れる|孤独感

自社ではなくクライアントでの仕事となるからです。

 

特に、一人でクライアント企業に行く際には、いったい自分はどの会社にいるんだろう...と孤独感に浸ります

仕事に失敗・ミスした時の相談も、最初はなかなか勇気がいるものです。

 

また、定期的に自社へ作業報告はするものの、あまり自社に行っていないせいか緊張したり落ち着かなかったりすることもあるんです。

マー坊

僕が客先に常駐している間に、新入社員や中途採用で入社した社員から「誰だろ?」といった顔をされることもありました。

自社の飲み会に参加するものの、知らない人ばかりいたり、社員が辞めていなくなっていたということもありますよ。

 

3.スキルが身につきにくい

特に、下請けのSIer企業ではスキルが身につきにくいです。

 

なぜなら、下請けSIer企業は、開発の「下流工程」を任されることが多いからです。

プログラミングができる新規案件ならまだしも、改造だけの案件ともなるとスキルは身につきません。

さらに、「テスター」といってテストだけする要員としてプロジェクトに参入することもあるんです。

 

また、ネットワークやデータベース、サーバー構築のエンジニアは別にいますから、携わる仕事が局所化されてしまいます。

 

マー坊

せめて設計などに携わる「上流工程」や、しっかりと製造(プログラミング)ができるプロジェクトに関わりスキルアップしたいものです。

 

4.単価が安いままのことも...|給与も期待できない

スキルが身につきませんから、クライアントからの評価(単価)も安いままです。

 

いつまでも「下流工程」でいては一向にスキルも身につきませんから、クライアントからの評価(単価)も期待できません。

クライアントからの評価(単価)が上がらない限り、所属会社の利益も上がらないことになります。

 

ですから、所属会社の社員(エンジニア)に対する評価も変わりませんから、社員(エンジニア)の給与だって期待できないんです。

 

「下流工程」から「上流工程」ともなれば高いスキルも得られて単価も上がりますよ。

マー坊

いつまでも「下流工程」ばかりしかさせてもらえないのは、非常に損なことです。

 

5.大きなプロジェクトだと「やりがい」がない

「客先常駐」ともなると、大きなプロジェクトに携わることも多いです。

つまり、大きなシステムのほんの一部分のみにしか関われず「達成感」に薄れます

 

自分の仕事が、巨大なシステム(機械)の中の「小さな歯車」にしかなってないと自覚するため、仕事中は(良い)緊張感もありません。

多少作業が遅れても誰にも迷惑が掛からないだろうと、気持ちが落ちることもよくありました。

 

また、システム全体が動いて上層部は喜ぶのですが、いちいち細かい機能ができたからと言って感動なんてしてくれません。

むしろ「はやく作れ!」と言わんばかりですよ。

 

6.遠方の仕事だと長期出張感覚

クライアントが遠方にもなると、長期出張をしないといけません

ですから、しばらく家を留守にしたりすることもあります。

 

さらに、プロジェクトが終わっても、次のクライアントも遠方だと続けて長期出張になる可能性だってあるんです。

特に地方の下請けIT企業ともなると、都市圏あたりの出張が多くなります。

 

家族・友人・恋人にも逢う機会も減りますから、遠方で一人寂しい思いもしてしまいます。

出張ばかり続き、結婚しようにもなかなかできないエンジニアもいましたよ。

 

7.独立系SIerだと下流工程ばかり|ブラックの恐れ

「客先常駐」は新卒の未経験者でも参入しやすいというメリットがあります。

ですから、下流工程ばかりのSIer企業ですと、新入社員をマルッとクライアント企業へ「客先常駐」として出向かせ利益を得ています

 

しかし、新入社員はスキルがありませんから、残業してまでも仕事を終わらせなければなりません

とはいえ、自社から新入社員へ残業代は支給されたのかというと、支給しない企業もあったのも事実です(過去の体験)。

 

未経験者にとっては、スキルなしでも開発に参入できるところは良いです。

ですが、もしかするとブラックの可能性もあるので、ある程度スキルを得たと思ったら早急に退職することをオススメします。

 

以上「客先常駐」で働くメリット・デメリットをご紹介してきました。

特にこれから、IT企業で働きたい新卒未経験者に「客先常駐で働くための心構え」をお伝えしていきます。

 

3.客先常駐で働くための「心構え」

3.客先常駐で働くための「心構え」

 

  1. 新卒ならば「経験」を積めるから積極的になろう!
  2. 顔を売ろう!
  3. プログラミングはあらかじめ学んでおこう!

 

順に解説します。

 

1.新卒ならば経験を積めるから積極的になろう!

「客先常駐」は未経験者でも参入しやすいというメリットがあることをお伝えしました。

ですから、スキルのない未経験者にとっては、「客先常駐」は「経験とスキルアップ」には最適な環境なんです

しかも、お給料が出るわけですから生活にも困りません。

 

一定の経験を積めば次のスキルアップを考えよう

ただしいつまでも長居は禁物です。

 

なぜなら、それ以上スキルアップができなくなる時期がやって来る可能性もあります

特に下請けSIerですと、これからもずっと「下流工程」となってしまうからです。

もちろん、給与アップも期待することはできません。

 

また、一つの言語や特定の業態について得意になってしまうと、なかなか他の言語など学べなく恐れもあるんです

例えば、「COBOL言語」で「金融系」が得意になってしまうと、ズルズルと同じようなプロジェクトばかりで、それ以上のスキルアップが見込めません。

 

マー坊

これ以上スキルアップができないなぁと感じたら、上流工程をさせてもらえる会社に転職したり、フリーランスとして独立することをオススメします。

 

2.顔を売ろう!

「客先常駐」は、様々なエンジニアやプロジェクト管理者との交流が生まれます。

交流を持っておくことで、今後仕事に困った時などの助けにもなってくれますよ

 

たとえば、自社での仕事がなかった場合、個別に連絡をとることでもしかすると仕事をもらえたりもします。

さらに、今後フリーランスとして活動する時の助けにもなってくれます。

 

実際に僕も、自社の案件がなかったときには、個別に仲良くなったエンジニアに相談すると仕事をもらえました。

エンジニアでもあるけれど、営業マンとしても活躍することができますよ。

 

3.プログラミングは学んでおこう!

いくら未経験からIT企業に就職できるとはいえ、正直プログラミング未経験だと辛いです。

  • 仕事についていけない|スケジュール遅れ
  • 何がわからないのかわからない|質問すらできない
  • 問題が解決できない|毎日残業の日々...

 

結果的に、会社を辞めたくなってしまいます

事実、僕がそうでして、毎日会社にいくことが嫌でしたし「やりがい」なんてありません。

プログラミング経験済みの同僚は、早々と仕事を任されコーディングしている姿を見ると、自分が情けなくなりました。

 

未経験では「辛い」と感じることは必至でして、辞めてしまうことが一番もったいないですよね

 

ですから、未経験者であれば、プログラミングは絶対に学んでおくことをオススメします

 

長く活躍していけることを考えると、受講料なんてお安いものですよ。

就職して、わずか2、3ヶ月もあれば回収できてしまいますからね。

>>初心者におすすめするプログラミングスクール4つ!学ぶだけじゃなくその後の就職(転職)サポートもあり!!

超初心者におすすめするプログラミングスクール4つ
初心者におすすめするプログラミングスクール4つ!学ぶだけじゃなくその後の就職(転職)サポートもあり!!

続きを見る

 

>>IT系転職エージェント-未経験新卒でも使える!-

IT系転職エージェント-1-1-1
使うべきIT系転職エージェント6選|今がチャンス時!

続きを見る

 

マー坊

現在「客先常駐」で働いている方で「つらい」と感じている方は、次節を読み進めてくださいね。

 

4.客先常駐が「つらい」と思った時の対処法

4.客先常駐が「つらい」と思った時の対処法

 

結論をいうと、働く環境を変えるべきと言うことです。

  1. WEB系・社内SEへの転職を考えるべき
  2. 上流工程に携われるIT企業へ転職しよう
  3. フリーランスとして活動しよう

 

順に解説しますね。

 

1.WEB系・社内SEへの転職を考えるべき

WEB会社や社内SEは以下のような特徴があります。

  • 自社製品を持っている
  • さらにスキルアップが可能|個人のスキルアップは会社利益に繋がるから
  • 仕事のスタイルは自社規則に準ずる

 

WEB系や社内SEであれば、自社製品を持っていることが多いです

ですから開発の「上流工程」から「下流工程」までを経験することができます。

 

また自社開発を主としていますから、一人一人のエンジニアのスキルは不可欠なんです。

エンジニアのスキルがあってこそ、自社開発ができますからね。

 

なので、各エンジニアの得意・不得意を把握してくれますから、さらなるスキルアップだって可能です

 

僕はIT(SIer)企業から、社内SEやWEB会社へと転職した経験があります。

IT企業で身につけたスキルも活かすことができましたし、あらたなスキルも大幅に習得できましたよ。

 

>>スキルアップ可能!使うべきIT系転職エージェント

IT系転職エージェント-1-1-1
使うべきIT系転職エージェント6選|今がチャンス時!

続きを見る

 

2.上流工程に携われるIT企業へ転職しよう

「客先常駐」でも、「上流工程」に携われるIT企業に就職することです

 

SIerの開発構造は、元請け(大企業)をトップとするピラミッド構造です。

 

上位に位置する企業ほど、高単価ですし、仕事のやりがいも生まれます。

マー坊

いつまでも「下流工程」ですと、給与もアップしないですし、やりがいもないままですよ。

 

>>上流工程ができる!IT系転職エージェント

IT系転職エージェント-1-1-1
使うべきIT系転職エージェント6選|今がチャンス時!

続きを見る

 

3.フリーランスになろう

  • 給与アップできない
  • スキルが身につかない
  • 会社に所属しているという感覚がない

 

上記悩みを持っている方は、フリーランスとして活動しましょう

 

僕の場合、一人で「客先常駐」することが多かったですから、自社に対する帰属意識も薄れていました。

なので、特にフリーランスとして活動しても、そんなに違和感はなかったですね。

 

以下に、フリーランスとして活動する僕がオススメするフリーランス向けエージェント(無料)をご紹介しておきますね。

 

>>IT系フリーランスにおすすめエージェント4つ|まずは緩くからはじめよう【不安解消】

IT系フリーランスにおすすめエージェント4つ|まずは緩くからはじめよう【不安解消】
IT系フリーランスにおすすめエージェント4つ|まずは緩くからはじめよう【不安解消】

続きを見る

 

マー坊

カンタンな登録さえしておいて「職務経歴書」は後日でOKです。

魅力的な企業・待遇の紹介案件が舞い込んできますから、見ておくだけでもすごく参考になります。

 

まとめ|行動あるのみ

最後に要点をまとめます。

 

客先常駐のメリット

  • 交流が広がる
  • スキルが低くても働ける
  • 人間関係の悩みがあまりない
  • 上位会社に転職できる可能性もある

 

客先常駐のデメリット

  • 休日など就業規則は客先の決まりに従う
  • 自社の帰属意識が薄れる|孤独感
  • スキルが身につきにくい
  • 単価が安いままのことも...|給与も期待できない
  • 大きなプロジェクトだと「やりがい」がない
  • 遠方の仕事だと長期出張感覚
  • 独立系SIerだと下流工程ばかり|ブラックの恐れ

 

未経験者であれば、「客先常駐」であれば経験を積むことや、一定のスキルアップには最適な環境です

とはいえ、プログラミングは学んでおいた方が「挫折」しにくいことは確かです。

超初心者におすすめするプログラミングスクール4つ
初心者におすすめするプログラミングスクール4つ!学ぶだけじゃなくその後の就職(転職)サポートもあり!!

続きを見る

 

また、現在「客先常駐」として働き、「つらい」と感じている方は、転職やフリーランスを目指しましょう

スキルアップもできて、仕事に対する「やりがい」もさらに感じることができますよ!

IT系転職エージェント-1-1-1
使うべきIT系転職エージェント6選|今がチャンス時!

続きを見る

IT系フリーランスにおすすめエージェント4つ|まずは緩くからはじめよう【不安解消】
IT系フリーランスにおすすめエージェント4つ|まずは緩くからはじめよう【不安解消】

続きを見る

 

システムエンジニアについては、以下記事で網羅的にまとめています。

 

関連記事

この記事はいかがでしたでしょうか✨?

-システムエンジニアになりたい

© 2021 マー坊BLOG