40代の強みを活かした転職と成功のポイント【実体験】

システムエンジニアになりたい

SEを辞めたい40代の境遇と強みを活かした転職と成功のポイント【実体験】

2021年4月7日

長い労働時間がつらく、このままじゃうつになりそう。

仕事にもついていけず、将来的にも不安だし...

40代se辞めたい私は、この先どうしたらいい?

 

本記事の内容

  • 40代でSEを辞めたいと思う理由
  • 40代の実績・経験は活かせる|業界は変えない方が良い
  • 40代の今後の進路の選択肢
  • 転職を成功させるポイント

 

結論を言うと、あなたが本当に辞めたい理由があれば辞めてもいいです。

なぜなら本記事を書いている僕も、数社のIT企業やWEB会社を経てきました。

辞めたいと思う自分の気持ちを素直に実行に移してきた結果、現在WEB系フリーランスとして僕が働きたかった形で活動できています

 

とはいえ、局所(辞めようかと悩んだとき)でもっと早い決断をしていれば、フリーランスとして活躍できる時期も早かったなと実感しています。

ですから、辞めたいと悩んでいる時間は40代にとっては非常にもったいなく、せっかく挑戦できる機会をも最悪失いますよ

 

しかし、40代のあなたには、これまで20年という期間で得てきた実績や経験はあるはずです。

長年の経験・実績は必ず活かせることができるし、進める道はたくさんあります

事実、僕の仕事仲間である方も50代seですけど、転職も成功しているし他にも事業をしています。

 

この記事では、あなたと同じ40代である僕や仕事仲間である50代の方の事例を交え、悩めるあなたの進むべき道のアドバイスをしていきます。

 

有名企業(非公開)にも出会える!

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!
・未経験者でもサポートあり!

\まずはお気軽にご相談!/

 

1.40代でSEを辞めたいと思う理由

  • 長時間労働にもううんざり
  • スキルについていけない...
  • 下請けばかりいつまで続くの?...

 

順に解説していきます。

 

1.長時間労働にうんざり

若い頃はなんとかハードな残業にも耐えれたものの、いい加減40代にもなれば体力がついて行かなくなりますよね。

疲れが翌日まで残っていたり、仕事中も集中力が欠けることがあります。

 

「いつまでこんな辛い労働をしなきゃならないんだろう...」

と思っていても、seという仕事柄、長時間労働は避けられませんよ

 

なぜならこうした長時間となるのには理由があるんです。

  • プロジェクトの体質
  • 会社の体質
  • se個人のスキル不足など

>>システムエンジニアの残業理由と改善策|過酷な働き方とはおさらば!

 

se個人のスキルなら自分の努力次第でどうにかなるものの、プロジェクトや会社の体質は自分の努力では解決できませんよね。

無理のない働き方ができる会社や、炎上しないようなプロジェクトに参画する方法以外にないですよ

 

2.スキルについていけない

IT技術は日進月歩です。

今のスキルや知識が、あっという間に古くなり使えないようなものになってしまうことも事実です。

また、20代など入社間もない若手エンジニアの方が知識やスキルを持ち合わせていて、劣等感を感じることもあります。

 

とはいえ、あなたのこれまでの20年ほどの経験や実績は、簡単には身につけることはできません。

あなたのITスキルなどの他にマネジメントスキルや、クライアントとのコミュニケーションスキルは、今後も必ず活かせますよ

 

こうしたあなたの強みを活かせる会社や業種へ行くことが、今後活躍できるキッカケにもなります。

 

3.下請けばかり

クライアントから直接仕事を受けるのではなく、親会社の元で働く「下請け」という形態ですと以下のようなデメリットがあります。

  • スキルが身につきにくい
  • 単価が安い
  • 独立系SIerだと下流工程ばかりなど...

>>SEの客先常駐による「メリット・デメリット」|つらい時の対処法も!

 

やっている仕事が「テスト」や「資料整理」といったエンジニアぽい仕事をさせてもらえないと仕事がつまらないですよね。

またエンジニア個人の単価も上がりにくいです。

この先もずっと開発をさせてもらえないとなると、将来も不安です

 

なので「上流工程」の仕事をさせてもらえる会社や、社内SE・WEB系など、スキルを得ながらやりがいある仕事を目指すべきです

もちろん、持ち前のあなたのスキルは活かすことができますよ。

 

有名企業(非公開)にも出会える!

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!
・未経験者でもサポートあり!

\まずはお気軽にご相談!/

 

4.悩んで行動できないと損をする

40代の転職は、時間が経過するにつれチャンスを逃すことになる

 

40代は、20代30代に比べて転職は厳しいことは言われますが、これは事実です。

ですから、一刻も早い「続ける」か「辞める」かの決断が必要です。

 

過去に、僕もIT企業からWEB企業への転職には悩みました。

「新しいことへの挑戦に対する不安、後悔、収入...」

上記を考えるあまり、35歳を超えてしまったんです。

すると、一気に求人募集案件が少なくなり、行きたかった企業への応募もできなくなりました

 

結局ハロワや求人サイトではなく、手当たり次第HPを漁りながら、募集している企業を探すことになったんです。

年齢が増すにつれて、応募できる企業がグッと少なくなりますから、転職活動も一苦労しました

 

とはいえ、早急に決断をしなきゃいけないこともありません。

大事なことは、これまでのあなたの経験・実績を活かすことをことができる仕事を見つけることです。

業界を超えての転職活動は幅も広くなりますし、下調べも必要で決めるのに時間が掛かってしまいます。

 

また、新しい業界ではあらたなスキル・知識も0から学び直さないといけませんから、それではせっかく積み上げてきた経験・実績がもったいないです。

40代ともなれば経験・実績を活かし、収入ややりがいをアップさせたいですよね!

 

2.40代の実績・経験は活かせる|業種は変えない方が良い

結論を言うと、今の業種を変えるべきではありません。

その理由は2つ

  1. 40代はマネジメント・コミュニケーションスキルなど評価対象
  2. IT業界はこれからも盛り上がる|将来性がある!

 

順に解説します。

 

1.40代はマネジメント・コミュニケーションスキルなど評価対象

これまでのseとして身につけたスキルを活かせる業種であれば、苦労はそれほどなく転職先でもスムーズに業務に当たれます。

 

採用側としても、40代の経験・実績に期待していますから、その点で評価の対象となります。

 

つまり、採用される可能性も上がるということですね

 

僕がIT企業からWEB企業へ転職する際に、職務経歴書などを見ていただきました。

チームでの活動や、ソースレビューなどの経験が面談で評価を得て採用されました。

 

開発等のスキル以外(マネジメントスキル)を評価されたことは意外でしたね。

 

seは、プログラミングよりもむしろクライアントと打ち合わせし設計をしたり、プログラマーの管理などを行います。

プロジェクトや、携わるクライアントにより適宜対処しなければいけません。

 

こうしたスキルは習ってすぐできるようなものではなく、長年の経験が必要で人材も限られます。

ですから、これまでの経験・実績を捨てずに、活かすことを考えていきましょう

 

2.IT業界はこれからも盛り上がる|将来性がある!

  • IT人材不足の問題
  • 小学校の義務教育に「プログラミング」が必須|エンジニア育成
  • DXの推進|システムエンジニアへ期待

 

今後もIT業界は盛り上がるというのが僕の予測です。

理由は上記の通りでして、エンジニアの「人材不足」が言われるように、エンジニアの需要は多いです。

また「後継者育成」には、ベテランseの力が必要です。

 

さらにDX、D2Cなど「あらたな企業戦略」としてIT技術が使われているという実態もあります。

 

こうした背景から、あなたのスキルを活かせる職種に就くことは「やりがい」や「収入」にとって良いことですよ

>>システムエンジニアの将来性

 

3.40代の今後の進路の選択肢

では、40代のあなたの悩みを解決できる選択肢をいくつかご紹介していきますね。

  1. 同職種IT企業への転職
  2. 社内SEへ転職|やりがいアップ
  3. WEBなど異業種へ転職|
  4. フリーランス|時間的余裕とストレスフリー
  5. 職務経歴書|マネジメントスキルは深堀りする

 

順に解説していきます。

 

1.同職種IT企業への転職|さらに上位の仕事を目指す

  • 「上流工程」ができるIT企業|年収・やりがいアップ
  • 「スタートアップ企業」|やりがいを得る

 

もし今やっている仕事が下請けの仕事ばかりで、開発にあまり携われていないのであれば「上流工程」の仕事ができるIT企業に転職しましょう。

 

上流工程であれば、seとしてのスキルも活かせるしやりがいだって生まれます。

また、上流工程ともなると、割と大きな企業にもなるので収入アップも期待できますね。

>>ITエンジニアが活躍する大手IT企業の平均年収ランキング50!【2020年版】

 

他には、スタートアップのIT企業へ転職するのも良いでしょう。

僕の仕事仲間である50代seの方は、若手を引っ張っていく管理者として、スタートアップのIT企業へ転職できました。

 

スタートアップ企業ともなれば、若手は集まるけどベテランのエンジニアがいないことが多いです。

あなたの積み重ねた経験が活かせますから、やりがいある仕事ができますよ!

 

収入・やりがいをアップさせましょう!

 

有名企業(非公開)にも出会える!

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!
・未経験者でもサポートあり!

\まずはお気軽にご相談!/

 

2.社内SE・WEBなどの職種へ転職|あらたなスキルを得る

  • あらたなスキルを得て将来の不安を取り除く
  • 労働時間はIT企業よりも少なめ

 

社内SEやWEB会社ですと、さらにあなた自身のスキルを伸ばすことが可能です。

スキルを伸ばすことで、将来的な不安も払拭できますし、何より「やりがい」も生まれますよ。

 

僕は、IT企業を経て「社内SE」や「WEB会社」にも所属していました。

IT企業では大きなシステム開発が主体で、自身のスキルは埋もれがちで「やりがい」に欠けるんですよね。

 

しかし「社内SE」や「WEB会社」では、IT企業とは違い中小のサービスを扱うことが多く、一人一人のエンジニアの成果が明確にサービスにあらわれていました

 

IT企業のように親会社の指示でなく、全て自社開発でできるところは「やりがい」という点で非常に楽しみながら仕事ができていましたよ。

 

また、労働時間もIT企業に比べると少なく、プライベートも大切にできたという感じです

 

あらたなスキルを得て将来の不安を軽減しましょう!

 

有名企業(非公開)にも出会える!

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!
・未経験者でもサポートあり!

\まずはお気軽にご相談!/

 

今のスキルは活かせる

もちろん、今のあなたのスキルは活かすことが可能です。

 

社内SEですと、社内で売り込みするサービスなどを自社でワンストップで作っていきます。

サービスの構想に始まりクライアントとの打ち合わせ、設計やコーディング、保守・運営と全工程に渡ります。

 

またWEB系などでは、ECサイトなどインターネットに関わっていくことになります。

WEB系では「se」から「webディレクター」と呼称が変わるだけで、これまでの設計・マネジメントといったスキルも活かせますよ。

 

4.フリーランス|時間的余裕とストレスフリー

  • 時間的余裕でプライベートを充実
  • ストレス軽減

 

40代のあなたなら、フリーランスとして十分やっていけるはずです。

なぜなら、僕も40代間近でフリーランスに転向し、もう4年目で現在も活動できているからです。

4年も活動できたのには、やはりこれまでの経験・実績があったからだと実感しています。

 

フリーランスとして働くことは、通勤時間削減にもなったり、嫌な上司に会うことも減りますからストレス軽減ができるのがメリットです

 

ですから、転職(会社員)もいいですけどそれよりもフリーランスとなることを僕は強くオススメしたいですね。

 

とはいえ、やっていくことに自信が湧かない感覚も理解できます

 

ですが、フリーランス案件を扱うエージェントに相談することで、あなたのスキルに合ったお仕事を探してもらえますよ。

実際にするかしないかはあなた次第なので、どんな案件を紹介してもらえるのか、相談だけでもしてみましょう!!

 

以下に、僕が使ったことのあるエージェントをご紹介しておきますね。

マー坊

3つほど登録しておくと、紹介された案件管理もカンタンですよ。

\登録・相談など利用は無料!/

 

では最後に、転職を成功するためのポイントをご紹介しておきます。

 

4.40代のあなたが転職を成功させるためのポイント

  • 幅広く仕事を探すこと|早めの決断は精神的不安を軽減
  • 職務経歴書|会話のネタを作り興味を引く
  • 面談は堂々とした態度|あなたに任せたい!と思ってもらう

 

あなたと年齢が近い僕や、50代のse知人の成功体験からお話していきますね。

 

1.幅広く仕事を探すこと|早めの転職は精神的不安を軽減

  • 幅広く的確な情報を得る
  • 悩み・疑問を聞いてもらう
  • 早めの転職で精神的不安を軽減

 

上記を実現できればあなたの転職の失敗も避けられます

そのためにはやはり転職エージェントを利用することをオススメします。

 

40代にもなれば、年齢による影響で20代や30代に比べて狭いです。

しかも、時間が経てば経つほど年齢的に不利になるという不安も押し寄せます。

 

ですから、ありとあらゆる切り口であなたが後悔しない転職先を早めに見つけ出すことが大事

 

僕の知人である50代seの方は、ハローワークや転職サイトなどは使わず、転職エージェントだけで転職先を探しました。

理由は、ハロワや転職サイトでは企業の表面の情報しか見えず、悩むべきところが多く決断はできなかったとのこと。

 

50代での転職は失敗したくないという強い思いがあって、いろんなことを相談できる転職エージェントに頼ったそうです

その数5〜6個のエージェントだと言っていました(やりすぎかと思いますがそれほど必死だったんですね)。

 

しかし、その決断は見事的中し、今では管理者として若手を引っ張りながら日々の仕事をこなしています

転職エージェントでは、たくさんの仕事を紹介してもらい自身の悩み・希望なども伝えて、それに見合った企業を紹介してもらえたんです。

 

転職の失敗を避けるのであれば、あなたの悩みを解決できる企業を幅広く探し的確な情報を得ていく必要がありますよ。

また、転職が早ければ早いほど、精神的な不安も避けることができますからね。

 

2.職務経歴書|会話のネタを作り興味を引く

  • スキルセット|会話のネタづくり
  • マネジメント経験|転職先で貢献してくれる人材か
  • 失敗経験|失敗から学んだことは貴重なスキル

 

上記を意識し職務経歴書を書くことで転職成功に近づくことができます!

 

上記は、僕が転職やフリーランスになるにあたって企業との面談時によく聞かれたことなんです。

年齢が上がるにつれて、スキルセットよりもマネジメントスキルや失敗経験を深堀し聞かれたことが多かった感じです

 

スキルセット|会話のネタづくり

スキルセットはこれまでどんなプロジェクトで何を作ってきたか、そして使用したDBや言語、フレームワークなどを記述します

大事なことは、転職先の企業に合う(似た)ようなプロジェクトやスキルを経験している場合はしっかりと記述することです

 

なぜなら、面接官の気になるスキルや経験は逆質問されたりもします。

会話のネタになるので、あなたを売り込みできる絶好のチャンスです

 

聞かれそうなことをあらかじめ考えておき、ちゃんと答えられるようにしておきましょう

転職先企業のHPなど見ることで、聞かれそうな質問内容も見えてくることもあります。

 

40代ともなればいくつものプロジェクトを経験していて書くのが面倒です。

しかし、せっかくの採用のチャンスを逃さないためにも、消して手抜きだけは避けてくださいね。

 

記述のコツは直近1、2年は細かく記載し、あとは概要を書いていく感じです。

全てにおいて長々と書いても、転職先の仕事に関係ない部分は読み飛ばされるだけです。

マー坊

転職先企業の仕事に近いものは質問されてもいいように、しっかりと書いていきましょう。

 

マネジメント|転職先で貢献してくれる人材か

さらに何人のチームで開発してきたのかや、どういう立場(ポジション)だったのかも記入します

 

ここで面接官の聞きたいところは、40代のあなたがどのようにしてプロジェクト成功に貢献したのかです

  • 後輩の設計・ソースレビュー
  • プロジェクト炎上時の乗り越え方
  • クライアントとの打ち合わせ...など

 

40代で求められることは、ITスキル的なことよりもマネジメント(管理)に関することが求められます。

 

ITスキルであれば学習(習う)することである程度のことはできるようになります。

しかし、マネジメントは「人(後輩・クライアント)」やその時の「状況」により、適宜適切に対応しなければなりません。

マネジメントは経験でしか得れない貴重なスキルなんですよ

 

でもそんなマネジメントスキルは40代のあなたはきっと備えているはずです。

これまでの辛かったことやそれを乗り越えた経験、後輩の面倒をみてきた経験を思い出してみましょう。

 

3.失敗経験|失敗から学んだことは貴重なスキル

転職の際に面接官に「失敗経験」を聞かれることが多かったですね。

 

実際に転職してみると、結局は下記のようなことを聞きたかったんだなというのが読み取れました。

  • チャレンジ精神はあるか
  • 失敗から何を学んだか
  • 失敗に対しどのように向き合ったか

 

ある転職先では、具体的な仕様が決まっておらず、携わるエンジニアに開発の裁量権が与えられていたんです。

動くモノを実際に作ってクライアントに見せて、フィードバックをもらって改修したり、やり直ししたりしていました。

失敗の繰り返しで、怖がらずモノづくりをしていく精神が必要だったんです。。。

 

こうした状況にもめげずに、どんどん進めていく気力と体力が問われていたんだとわかりました。

 

また、特に40代ともなれば、20代や30代よりも経験は豊富で、それだけ失敗も経験しています。

むしろ、普通に学習することよりも失敗は強烈なインパクトを与えてくれますから、頭の中にしっかりと植え付けられているはずです。

 

ということはそれだけ、知識・経験が豊富ということも判明するため、「うち(転職先)の会社で活躍してくれるはずだ」という根拠にもなるんです。

 

ですから、失敗経験を思い出し、そこからどうやって成功に導いたのかをまとめておいた方がいいですね

 

3.面談は堂々とした態度|任せたいと思ってもらう

面談はどうしても緊張しがちになります。

これからの人生を掛けて、見知らぬ方と会話しますからその緊張も極度のものとなります。

 

ですが、その心配も無用です

前述した、転職エージェントを使ったり、職務経歴書をきちんと書くことで面接は攻略できます!

ありきたりですが、前準備をしっかりすればOKだということです。

 

あとは面接本番では、堂々とした姿勢と大きな声で対応すれば「この人に任せてもいい!」といった印象を与えられます。

 

僕が会社員の頃、採用面接にも携わっていました。

採用希望者がいくら仕事ができそうな人とはいえ、おかしな態度や声が小さいと採用したいとは思いません。

一方、仕事はイマイチそうだけど、仕事に対する素直な気持ちとしっかりした態度、声もハキハキ大きい方だと「一緒に仕事してみたいなぁ」と思いました。

 

以上、転職を成功させるポイントを解説してきました。

これら成功のポイントは転職エージェントを使うことで、エージェントが親身になって転職成功のために指導してくれますから安心ですよ。

有名企業(非公開)にも出会える!

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!
・未経験者でもサポートあり!

\まずはお気軽にご相談!/

 

\転職成功のためにはエージェントを使いましょう!/

>>IT系フリーランスにおすすめエージェント

>>IT系転職エージェント

 

まとめ|成功のためには行動は早めにしましょう!

最後に要点をまとめて終わりにします。

 

40代のSEが辛いと思う理由は以下の通り

  • 長時間労働にうんざり
  • スキルについていけない
  • 下請けばかり
  • 悩んで行動できないと損をする

 

40代の今後の進路の選択肢

  • 同職種IT企業への転職
  • 社内SE・WEBなど職種へ転職|やりがいアップ
  • フリーランス|時間的余裕とストレスフリー

 

40代のあなたが転職を成功させるためのポイント

  • 幅広く仕事を探すこと|早めの決断は精神的不安を軽減
  • 職務経歴書|会話のネタを作り興味を引く
  • 面談は堂々とした態度|あなたに任せたい!と思ってもらう

 

40代は、若手に比べると年齢的に転職が厳しいのは確かです。

しかし、40代には若手にはない長年の経験・実績を武器とすることができ、それを必要とする企業も大いにあるということです

ですから今のIT業界に留まり、あなたに合った仕事(会社)を見つけ今の悩みを解決していきましょう!

 

\本記事でオススメするエージェントを以下に記載しておきますね!/

 

有名企業(非公開)にも出会える!

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!
・未経験者でもサポートあり!

\まずはお気軽にご相談!/

 

システムエンジニアについては、以下記事で網羅的にまとめています。

 

この記事はいかがでしたでしょうか✨?

-システムエンジニアになりたい

© 2021 マー坊プロジェクト