仕事ができない部下への指導法と対処法|部下のやる気を見て指導方法を変えてみよう!

仕事ができない

仕事ができない部下への指導法と対処法|部下のやる気を見て指導方法を変えてみよう!

2020年6月17日

 

仕事できない部下で悩んでいます。

教えてもまともに仕事ができません。

私の指導方法が間違っているの?

もうイライラするしどうすればいい?

 

仕事ができない部下への指導は、まず部下の「やる気」を判断して指導しましょう

 

なぜなら、やる気のない部下にあまりにも難しい仕事を与えると、その部下は心が折れて余計に仕事ができません。

管理者であるあなたの管理能力も疑われます。

 

マー坊

僕も過去に様々な部下を見てきましたが、まずは部下の「やる気」によって指導を変えるべきだと感じました。

 

ということで、この記事では「仕事ができない部下で悩んだ時のパターン別対処法」と、「イライラの原因や抱えてしまうストレス対策」などについて、僕の経験談を交えて解説していきます。

 

1.仕事ができない部下への指導法|パターン別に解説

1.仕事ができない部下への指導法|パターン別に解説

 

仕事ができない部下への指導方法は以下の2パターンです

  1. 【やる気がない部下】|子供を教育するように指導する
  2. 【やる気がある部下】|仕事ができない原因を探る

 

1.【やる気がない部下】|子供を教育するように指導する

1.【やる気がない部下】|子供を教育するように指導する

 

そもそも仕事にやる気のない部下は、以下の原因を抱えています。

  • 仕事に対する功績がない
  • 合わない仕事
  • 疲れている(思考停止)

 

進んでスキルを身につけようとか、学習して知識を得ようとしません

なので、仕事に対して前向きに考えることができないのです。

 

まずは少しづつ「仕事ができた!」という達成感を感じてもらいましょう

 

子供に教育するような感じで指導する

やる気がない部下は、進んで物事を考えるようなことはしません

いわゆる思考停止状態です。

 

なので、子供みたいに一から丁寧に説明する必要があります。

  • 各作業の手順書(図解あり)
  • 各作業の時間配分
  • 困った時の対処方法など...

 

上記のように、資料さえ見れば考えなくてもできるようにしてあげましょう

 

資料を作ることで、作業上行き詰まったところも明確になります。

ですから、部下も質問をしやすくなります。

 

マー坊

最初の資料を作る準備は大変です。

ですが、その資料は今後の指導にも使えてマニュアル化にもできますよ。

 

簡単な仕事を割り振る

あまり難しい仕事を振ることは控えましょう。

 

ただでさえやる気がないのに難しい仕事を与えると、さらにやる気をなくします

そうなると、作業は進みませんし、あなたがフォローしないといけなくなります。

 

逆に、簡単な仕事をこなすことで達成感を持ってもらえます

なので、仕事に対する意欲も湧いてきます。

 

2.【やる気がある部下】|仕事ができない原因を探る

2.【やる気がある部下】|仕事ができない原因を探る

 

やる気はあるけど、仕事ができない部下もいます。

 

それは、部下が仕事のやり方がわかっていないだけなのです

  • ミスが多い(確認不足が原因)
  • 見当違いに理解している(説明がわかりにくい?)
  • 仕事が遅い(一つの問題に粘っていることが原因)など...

 

やる気のある部下は、向上心はある

やる気がある部下は、自分で調べたり考えることができます。

なので、学習意欲やスキルアップしようという思いがあります

 

ですから、仕事ができない原因を探ってあげましょう。

 

仕事のやり方を教える

仕事のやり方がわかっていないこともあります。

 

仕事はやったらやりっぱなしだといけません。

確認が必要です。

 

しかし、早く片付けようと確認不足になることも...

 

また、自力で粘って解決しようと、悩み続けているのかもしれません。

 

なので、

「わからないことがあって悩む時間は1分まで!」

というように、まずは仕事のやり方(方針)を教えてあげましょう

 

感情的になってはダメ|感情的になっていては決して良いことはない

感情的になっていてはいけません。

なぜなら、あなたの顔色を伺って、部下が質問すること自体も嫌になるからです

 

マー坊

チームで行う仕事は致命的でした。

コミュニケーションがとれませんから、仕事を進めることも難しくなりますよ。

 

ですから、質問できないままでいますから仕事が遅れることも...

 

さらには、部下はできない自分を責めて、会社をやめてしまいたくなる気持ちにもなります

 

感情的になっていては決して良いことはありませんよ。

 

2.仕事ができない部下の特徴|イライラの原因

2.仕事ができない部下の特徴

 

仕事ができない部下の特徴は以下のとおり

  1. 同じようなミスばかりする
  2. 「すみません」ということが癖
  3. わからないことがわからない
  4. 仕事が遅い
  5. 応用力なし
  6. 依頼に対する回答がとんちんかん

 

1.同じようなミスばかりする

仕事ができない部下は、同じようなミスを何度も繰り返します。

これは、最初のミスの原因を理解しておらず、対策もきちんとされていないのです

 

学習意欲がないために、何度も同じミスをしてしまいます。

 

2.「すみません」ということが癖

とりあえず、誤っておけばの全てことは済むと勘違いしています。

ですから、ミスをしてもそのミスの原因や対策は人任せ。

 

自分でなんとかしようという気持ちがないんです。

仕事は「やらされている」という感覚持っています。

 

3.わからないことがわからない

よくあるケースです。

  • 何に悩んでいるのかよくわかっていない
  • どうやって質問したら良いかわからない

 

そもそも自分がどんな仕事(作業)をしているのか理解していません。

目的もないし、ただ言われたことをするだけの部下に多いです。

 

4.仕事が遅い

  • 余計な仕事をしています。
  • 10分20分と悩み続ける。
  • パソコン操作などの機器の使い方がわからない。

 

関係のない仕事をしていたり、無駄に悩んで時間を潰します。

そもそも仕事のやり方をわかっていません。

 

 

5.応用力なし

以前にもやったことのある、似たような仕事を依頼してもできません。

 

なぜなら、

前はこうしたから、今回もこうすればできるんじゃないかな...

という学習能力がないからです。

 

常に思考停止状態となっていますから、似たような仕事を与えても「できません」と言います。

 

6.依頼に対する回答がとんちんかん

質問に対する回答が意味不明です。

例えば、やった結果だけを聞いているにもかかわらず、その経緯(プロセス)を長々と話す人もいます。

 

要するに、結果が出ていないかその結果に自信がないのか不安なのです。

 

3.仕事ができない部下によるストレスを感じたら...|対処法

見切りをつける

 

仕事ができない部下がいると、

「自分の教え方が間違っているのか...」

と不安になります。

 

様々な対策をしても、一向にできるようにならないのであれば以下の対処法をとってくださいね。

このままでは、あなたがストレスを抱えてしまいますよ

 

  1. 見切りをつける
  2. 上司に相談
  3. 退職させる

 

1.見切りをつける|バトンタッチ

1.見切りをつける

 

できない部下に見切りをつけましょう。

決して、途中諦めることではありません。

 

いつまでもできない部下に付き合っていると、あなた本来の仕事にまで悪影響があります

 

会社は人が多く集まった組織です。

助け合いができる環境ですから、あなたの代わりに部下を見てくれる人を探しましょう

 

2.上司に相談

2.上司に相談

 

上司に相談することも必要です。

上司であれば、長年の経験から色んな社員を見てきました。

 

もちろん、たくさんの部下の教育もしてきたはずです

 

なので、上司に相談することで、もっとよい改善策がみつかります。

 

3.退職を勧める|部下のためにも...

3.退職させる|部下のためにも...

 

強制的に退職させてはいけません。

 

部下の悩みを後押ししてあげるつもりで遠回しに

  • この仕事に向いていないのでは?
  • あなたの仕事は、会社が求めている基準に達していない
  • あなたのスキルを発揮できる会社へ行ってみては?

 

などと、部下のために退職を勧めてください

 

できない部下も仕事ができないことで精神的に参っているのであれば、退職も考えてくれます。

 

まとめ

仕事ができない部下への指導方法は以下の2パターンです

  1. 【やる気がない部下】|子供を教育するように指導する
  2. 【やる気がある部下】|仕事ができない原因を探る

 

「やる気」次第で、指導方法を変えてみて下さい

合わない指導法は効果がありませんよ。

 

仕事ができない部下の特徴は以下のとおり

  • 2度3度と同じようなミスばかり
  • 「すみません」ということが癖
  • わからないことがわからない
  • 仕事が遅い
  • 応用力なし
  • 依頼に対する回答がとんちんかん

 

指導する側も「自分の教え方が間違っているのか...」と悩んでしまいます。

いつまでも「できない部下」に悩み続けると、本業にも支障が出てストレスを抱えますよ。

 

この記事が、あなたの「仕事ができない部下に対する悩み」が解決できるキッカケになれば幸いです!

 

 

関連記事

この記事はいかがでしたでしょうか✨?

-仕事ができない

© 2020 お仕事講座-マー坊ブログ