仕事ができない人の口癖とは|早めの気づきが大切!今からでも間に合う対処法

仕事ができない

仕事ができない人の口癖とは|早めの気づきが大切!今からでも間に合う対処法

2020年6月21日

 

仕事ができない人の口癖が知りたいです。

もしかして、私も言っているのかどうか気になります。

 

仕事ができない人というのは「口癖」があります。

知らぬ間につい言ってしまうこともありますから、注意が必要です。

 

あまりにも言い過ぎると、嫌われたりすることもありますよ

 

ということで、この記事では「仕事ができない人が言いがちな口癖やその影響」「それを言わなくする方法」などを解説します。

 

マー坊

これまでの僕の経験や、見てきた人からその口癖とその影響を解説します。

 

早めの気づきで、今から対処すれば全く遅くはないですよ。

 

1.仕事ができない人の「口癖」

1.仕事ができない人の「口癖」

 

仕事ができない人の口癖は以下のとおり

  1. 高年齢だし...
  2. 今忙しいのでできません
  3. 自分には向いていない仕事だ
  4. やり方を習っていないからできません
  5. すみませんの連呼
  6. 「だって〜...でも〜...」

 

1.高年齢だし...

1.高年齢だし...

 

記憶力や能力の限界を「年齢」のせいにしているのです

 

こういった人は、仕事の説明をしている中で、

もう仕事が覚えられない年齢だからできません...

という言葉がよく出てきました。

 

特に、年齢を重ねている高齢の方に多いですよね。

記憶力や能力を年齢にしていると、医者や国会議員なども仕事はできないでしょう。

 

 

2.今忙しいのでできません

2.今忙しいのでできません

 

これは、仕事の進め方など要領が悪い人に多いです

要領が悪いと、普通であれば1時間で終わるような仕事でも2〜3時間は掛かります。

 

大体仕事を振る時は、リーダーがその人のスケジュールなどを見てから仕事を振ることが多いです。

 

なので、比較的余裕ある人に対して仕事を依頼しているので「忙しい」という言い訳は通用しません。

 

まずは、自分の仕事の効率化を見直した方がいいですね

 

 

3.自分には向いていない仕事

3.自分には向いていない仕事

 

ミスや失敗したりすると、

自分には向いていない仕事...

と言い訳をします。

 

ですが、それを言って何も解決しません。

 

ミスや失敗を改善しようともせず、単に仕事から逃げているだけです

 

4.やり方を習っていないからできません

4.やり方を習っていないからできません

 

仕事は全て人頼りになっています

仕事のやり方を、一から全部説明しないとできないのです。

 

わからないことは自分で調べたりして解決の糸口を探ろうともしません。

こういった人って受け身で仕事をする人なので、スキルアップや能力アップができません。

 

 

5.「すみません」の連呼

5.「すみません」の連呼

 

「すみません」と言えばなんでも解決すると思っている人です

例えば、ミスや失敗をしてもその原因を探ったり、改善する努力をしないので、同じミスを繰り返します。

 

仕事でミスや失敗をすると謝ることも必要ですが、それ以上に必要なことは

同じ過ちを犯さないこと

です。

 

「すみません」といいつつ、同じようなミス・失敗をしていると聞いている側としても呆れてしまいます。

 

関連仕事ができない部下への指導法と対処法|部下のやる気を見て指導方法を変えてみよう!

 

 

6.「だって〜...でも〜...」

6.「だって〜...でも〜...」

 

自分のミスや失敗を決して認めず、受け入れない人です

 

こういった人は、自分のやった仕事は完璧だと勘違いしています。

ミスは自分のせいではなく「誰かのせい」だと認識するのです。

 

ですから、ミスや失敗に対しその指摘をすると、見苦しい言い訳をしています。

 

しかし、指摘する側としても、相手のミスの経緯などは把握しています。

 

それを踏まえての指摘ですから、しっかりと聞き入れるべきなんです。

 

関連仕事ができないおばさんは子供を教育するような対応で!|ネタにしかならない実体験

関連仕事ができないおじさんは雑談に付き合う対応でOK!|ネタにしかならない実体験

 

 

2.影響

2.影響

 

仕事のできない人が、つい言ってしまう「口癖」による影響は以下のとおり

  1. 仕事をもらえなくなる
  2. 助けてもらえなくなる
  3. 人間関係悪化

 

1.仕事をもらえなくなる

1.仕事をもらえなくなる

 

仕事ができない人の口癖は、相手に

仕事をしたくないんじゃないか

と思われます。

 

こんな人に仕事を任せたいなんて思いませんよね。

 

なぜなら、仕事ができない理由を「自分自身の限界」のせいにしたり、「向上心がない」ものとして聞きとれるからです

 

仕事を与えられないばかりでなく、昇給やボーナスなど査定も悪い評価にもなります。

 

2.助けてもらえなくなる

2.助けてもらえなくなる

 

仕事で困った人を見ると、助けてあげたい気持ちになります

 

しかし、仕事ができない人が言うネガティブな口癖は「助けてあげたい」と思う気持ちはありません

 

なぜなら、せっかくミスを指摘してあげているのに、反論などしてこられると気分が悪いです

また、教えたことを「すみません」ばかりで一向に改善されないと、教え甲斐もありません

 

なので、助けてくれる人もいなくなります。

困ったことでも解決できず途方に暮れてしまいますから、仕事が嫌になってしまいますよ。

 

3.人間関係悪化

3.人間関係悪化

 

仕事ができない人の口癖は、どれもネガティブなものばかり。

 

それを聞いたところで、聞いている側にとっては何も解決できないので呆れ果ててしまいます。

 

また、良いと思って言っているにも関わらず、反論などしてこられたら気分が悪くなります。

 

なので「仕事ができない人」とは関わりを持たないよう、避けられてしまう可能性もありますよ

 

対処法|つい言ってしまわないために

対処法|つい言ってしまわないために

 

つい言ってしまわないためにも心得ておきたいことがあります。

  1. 自分の力量に限界を持ってはいけません
  2. 常に向上心をもつ

 

1.自分の力量に限界を持ってはいけません

1.自分の力量に限界を持ってはいけません

 

まず、現在のあなたの力量や能力に限界を持たないことです。

限界をもってしまうことで、なんのチャレンジもできません

 

たとえ、無理そうな仕事だなぁ...と思ってもとりあえず「頑張ります!」の一言があれば十分です。

それから、仕事をこなすための知識やスキルなど整理し、不足しているようであればまずは自分で調べましょう。

 

その頑張りは、他の人も見ていますから、困った時は助けてくれますよ。

 

2.常に向上心をもつ

2.常に向上心をもつ

 

どんな状況においても、向上心は持ちましょう。

 

向上心を持っておけば、以下のメリットがあります。

  • 問題があってもそれを解決する努力ができる
  • 誰かが助けにきてくれる

 

仕事は、問題があって行き詰まることが多いです。

向上心さえあれば、それを乗り越える努力もできます。

 

また、そんなあなたを見て助け舟を出してくれる人もいますよ。

 

まとめ

仕事ができない人の口癖は以下のとおり

  • 高年齢だし...
  • 今忙しいのでできません
  • 自分には向いていない仕事だ
  • やり方を習っていないからできません
  • すみませんの連呼
  • 「だって〜...でも〜...」

 

仕事ができない理由を述べているだけで、できるようになることは考えていません。

 

ですから、仕事のできない人がつい言ってしまう「口癖」による影響は以下のとおり

  • 仕事をもらえなくなる
  • 助けてもらえなくなる
  • 人間関係悪化

 

仕事を辞めてしまいたくなる状況になってしまいます。

 

なので、つい口癖で言ってしまわないためには以下のことを心得ておきましょう。

  • 自分の力量に限界を持ってはいけません
  • 常に向上心をもつ

 

何事にも頑張る姿勢を見せることで、困った時には誰かが手を差し伸べてくれます。

また、仕事に対するあなた自身のスキルも伸びていきますよ。

 

 

この記事はいかがでしたでしょうか✨?

-仕事ができない

© 2020 お仕事講座-マー坊ブログ