新入社員が入社後に辞めた事例|「第二新卒」特権でやり直すチャンスあり!

新入社員のお悩み

新入社員が入社後に辞めた事例|「第二新卒」特権でやり直すチャンスあり!

2020年7月3日

 

新入社員ですが、入社して間もないですけど辞めたいです。

すぐに辞めることはおかしいですか?

 

結論をいうと、入社後すぐに辞めることはおかしくはありません。

 

僕が新入社員の時にも入社1週間で辞めた人もいます。

その理由が今でいうパワハラとセクハラがあったんです。

 

本人も泣いて辛そうだったので、このケースは仕方がないかなと思います。

 

しかし、通常であれば、辞めてしまうことによるデメリットもあるのも事実

次の仕事を探すための転職活動が苦しくなるということなんです。

 

でも新入社員のあなたなら、新卒で辞めても「第二新卒」という特権が使えます。

ですから、もういちどやり直すチャンスがあるんです!

 

ということで、この記事では以下のことについて解説します。

  • 新入社員が入社後すぐに辞めた事例や理由を紹介
  • 転職活動で苦しくなる辞め方と困らない辞め方
  • 新入社員が辞めたとしても「第二新卒」特権でもう一度やり直せるチャンスがある

 

関連もう耐えれない!新入社員が1ヶ月も経たずになる早で退職をする方法

 

1.新入社員が入社後すぐに辞めた事例|口コミ

1.新入社員が入社後すぐに辞めた事例|口コミ

 

twitterから新入社員が辞めた事例を集めてきました。

まずはその一部を載せます。

 

 

3日以内で辞めてしまった新入社員を対象としたアンケート(2018年実施)もあって、出勤すらしていない人もいますので驚きです。

 

厚生労働省の調査した「新入社員が3年以内に会社を辞める割合」を見ても以下の結果です。

平成28年3月卒 3年目までの離職率 1年目で離職 2年目で離職 3年目で離職
中卒 62.4% 41.1% 13.6% 7.7%
高卒 39.2% 17.4% 11.7% 10.1%
大卒 32% 11.4% 10.6% 10%

参考:「厚生労働省-新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移

 

大卒では、3年以内に辞める割合は32%。

ですから、入社時には100人いた新入社員も、3年目ともなればその数70名ほどしか残っていないことになります

 

こう考えると新入社員で辞める人は多いです。

大きい会社であれば、一つの部署の社員数くらいになりますよね。

 

高卒や中卒にもなると、辞める割合は40%や60%とさらに高いです。

 

2.新入社員が入社後すぐに辞めた理由

2.新入社員が入社後すぐに辞めた理由

 

こちらもtwitterから新入社員が辞めた理由を集めてきました。

まずはその一部をどうぞ。

 

 

退職理由についてのアンケート結果もあったので載せておきます。

 

退職理由も様々で、「おかしいだろ!ふざけてんだろ!!」と思うことはもあります。

ですが、新入社員にとってはそれが辛い事実だったんです。

 

転職するのなら通常「新卒」特権はもう使えない!

転職するのなら通常「新卒」特権はもう使えない!

 

新入社員は、「新卒」という特権があったからこそ、経験なし、スキルなしでも入社できるのです

なので、現状が辛いからという理由だけで会社を辞めることは大変なリスクです。

 

要するに次の会社の面接ではどう言い訳するの?ということ。

 

もしあなたが

(あなた)「辛いから辞めました...」

 

と言っても、これでは面接官に

(面接官)

「なぜ辛かったの?この会社も辛いよ...」

と怒涛のツッコミをされることは明らかです。

 

決して意地悪でもありません。

 

あなたに転職先でもすぐに辞められたら、その(転職先の)会社にとっても迷惑です

なので、辛いことがあってもやっていけるかということを面接官は確認しているのです。

 

面接官に、

「辞めても仕方なかったな」

と思ってもらえるような言い訳ができるように、「本当に辞めて良い時とダメな時」を考えていきましょう。

 

3.通常辞めてダメな時と良い時|転職活動で困らない辞め方とは?

2.通常辞めてダメな時と良い時|転職活動で困らない辞め方とは?

 

以下、転職活動が「苦くなる辞め方」と「困らない辞め方」を解説します。

  1. 転職活動が苦しくなる辞め方|辞めてダメな時
  2. 転職活動に困らない辞め方|辞めて良い時

 

1.転職活動が苦しくなる辞め方|辞めてダメな時

1.転職活動が苦しくなる辞め方|辞めてダメな時

 

  • 残業(仕事)が辛い
  • 社風・仕事内容などが合わなかった
  • 上司や先輩など人間関係

 

通常、上記理由などで会社を辞めてしまうと、あなたが転職時の面接で困ります。

 

なぜなら、誰にでも起こりうるような辛いことを我慢できない人と見られるからです。

それを納得してもらうのは普通に考えても難しいですよね。

 

例えば急なトラブル対応や、お客さん対応も可能性としてあるわけです。

あらかじめ予定していた、プライベートを削って仕事をしないといけないこともあるんです。

 

人間関係や社風、仕事内容が合わないから辞めたとなると、

(面接官)

「ウチ(転職先)でも合わなかったらまたすぐに辞めるのかな?」

と疑われます。

 

会社も一度入社した社員を手放すことは、投資した費用が無駄になってしまいますからね。

採用に神経質になるのも理解できます...

 

2.転職活動に困らない辞め方|辞めて良い時

2.転職活動に困らない辞め方|辞めて良い時

 

  • セクハラやパワハラなど法に触れるような事実があった。
  • 精神的に病んでしまった。
  • 他にやりたいことが見つかった。
  • 入社してみると待遇などが違っていた。

 

あなたに非がない辞め方であれば、面接官も納得してくれます。

なぜなら、法に触れることや入社前後で違うことを言っているとなると、あなたにとって不利益な扱いを受けているわけですから。

 

しかし、以下のようなことは場合によっては不採用になることもあります。

  • 「精神的に病んでしまった」
  • 「他にやりたいことが見つかった」

 

病的だと会社も休みがちになりますから、会社としても人員調整など手間が掛かりますよね。

 

また、転職してからも「また他にやりたいことがある」と言って、また辞められるんじゃないかと思われてしまいます。

でも捉え方によっては、好奇心旺盛な人だと評価されるかもしれませんね。

 

以上、辞めてダメな時と良い時とを解説しました。

とはいえ、まだまだ若いあなたなら「第二新卒」という特権が使える可能性もありますよ

 

4.「第二新卒」で採用ハードルが下がる|やり直しができる!

3.「第二新卒」で採用ハードルが下がる|やり直しができる!

 

「第二新卒」とは、はじめての就職で理想とのミスマッチで辞めた若手を救済するもの

参考:マイナビ転職-第二新卒とは-

 

ですから、以下のようなあなたに非がある理由で辞めても、就職は不利にはなりません。

  • 残業(仕事)が辛い
  • 社風・仕事内容などが合わなかった
  • 上司や先輩など人間関係

 

「第二新卒」の特徴は、通常の「既卒」とも違って、スキルや能力は採用条件として緩いところです

「新卒」採用のときと同じように、「やる気」や「人物面」を重視して採用してくれるのです

 

なので、新入社員ですぐに会社を辞めたからといって、転職が厳しいかと言われるとそうでもありません。

要するに、就職をもう一度やり直せるチャンスなんです!

 

こうした「第二新卒」向け求人を多く持つ、転職エージェントを以下に紹介しておきます!

 

「第二新卒」は大体入社3年未満(25歳、26歳)までの若手が使える特権です。

年齢定義も各企業で異なりますから、早めの行動が大事ですよ。

 

5.転職活動するタイミング|在職中に!

4.転職活動するタイミング

 

現在の会社を辞めるなると、転職活動をして次の会社を探すことになります。

そこで、転職活動のタイミングは在職中にしましょう

 

なぜなら、先に会社を辞めてしまうと、最悪次の会社が見つからないとずっと無職状態が続きます。

給与が入ってこないわけですから、生活にも困ります。

 

また、精神状態もよくないです。

あらかじめ転職先を見つけておくと、安心して辞めることができますからね。

 

 

もし会社を辞めさせてくれない場合|退職代行です

もし会社を辞めさせてくれない場合

 

新入社員が会社を辞める時、上司などから引き止められる場合もあります。

 

  • 「どれだけあなたに投資(教育)してきたことか...」
  • 「辞めてもまたどうせすぐに辞めるよ...」
  • 「この会社で頑張れないなら他に行っても同じこと...」

 

様々なプレッシャーをかけてあなたを引き留めようとします。

こうなると、次の就職先が決まっているのに、辞めれないとなると不安になりますよね。

 

また、会社の就業規則にしたがって、退職手続きしたのに受理しようとしない悪質な場合もあります。

時には、会社と連絡を取りたくないことも...

 

「辞めたいけど、言い出せない、辞めさせてもらえない」

 

こういった悩みで会社を辞めれない場合は、以下の退職代行サービスをオススメします。

スムーズに辞めれて、予期せぬトラブルにも対応してくれますからストレスなし!

 

次の就職が決まっていない方には、転職サポートもしてくれる業者もありますよ!

 

 

まとめ

最後にまとめます。

 

入社後すぐに辞めることはおかしくはありませんよ

あなたにとって辛い事実があるわけですから。

 

ただし、辞める理由によっては、通常であれば転職活動で困ることもあります。

  • 残業(仕事)が辛い
  • 社風・仕事内容などが合わなかった
  • 上司や先輩など人間関係

 

面接官に、上記理由で納得してもらうことは難しいです。

 

しかし、あなたに非がない辞め方であれば、面接官も納得してくれます。

それは、あなたが不利益な扱いを受けている場合です

また、積極性など前向きな理由であれば、それを評価してくれる場合もあります。

 

ですが、あなたが若手の新入社員であれば、「第二新卒」という特権が使えますからまだまだ転職は十分可能ですよ!

会社を辞める決心がつけばあとは行動あるのみです

関連転職で悩みはもう不要!失敗しないおすすめ転職エージェント・サイト5つをご紹介!!

関連【新入社員だけどもう会社を辞めたい!】辞める基準や上司への切り出し方を紹介します。

 

 

この記事はいかがでしたでしょうか✨?

-新入社員のお悩み

© 2020 お仕事講座-マー坊ブログ