連休明けの仕事が憂鬱になる理由と回避法|実体験から根本的に解決!

連休明けの仕事の悩み

連休明けの仕事が憂鬱になる理由と回避法|実体験から根本的に解決!

2020年9月3日

 

連休明け仕事を考えると憂鬱です...

何か回避する方法がないだろうか...

 

本記事の内容

  • 連休明けの仕事の考えると「憂鬱」になる原因
  • 「憂鬱」になるのを回避する方法
  • 「憂鬱」を強める根本的な解決策|経験談

 

僕は元会社員で現在フリーランスとして活動中。

会社に縛られず、好きな仕事で毎日ストレスフリーな生活を送っています。

 

ですが、会社員の頃は僕もあなたと同じように、連休明けの仕事のことを考えると憂鬱でした。。。

ひどい時には、連休初日を迎えた途端に仕事のことを考えるようにまで悪化していたんです。

 

本記事では、僕の経験からあなたが「連休明けの仕事のことを考えると憂鬱になる原因」とその「回避方法」を解説します。

 

マー坊

記事後半では、もっと根本的な解決策についても解説していきますから、「憂鬱」感なしで連休を十分に楽しめるようになりますよ。

 

1.連休明けの仕事のことを考えると憂鬱になる原因

1.連休明けの仕事のことを考えると憂鬱になる原因

 

連休明けの仕事のことを考えると、憂鬱になってしまう原因は次のとおりです。

  1. 休みと仕事の気持ちにギャップが生まれる
  2. 会社や仕事に不満がある

 

順番に解説していきます。

 

1.休みと仕事の気持ちにギャップが生まれる|天国と地獄

1.休みと仕事の気持ちにギャップが生まれる|天国と地獄

 

連休は自分の好きなことに打ち込める自由なときです。

つまり天国にいるような気持ちです。

 

一方、仕事ともなると「やること」が決まっていますから、自由が制限されます。

仕事は時間的な制約や、周りの社員とうまく調和させたりしないといけないので大変窮屈です。

地獄にいるような感じです。

 

こうした、天国と地獄の気持ちにはギャップが生まれてしまいます

なので、連休最終日には天国と地獄の間にいて、その気持ちのギャップの埋め合わせができずに「憂鬱」となるのです。

 

憂鬱になるのは普通のこと

しかし、連休最終日に憂鬱になることは誰にでもあります。

例えば、僕はフリーランスとして活動していますが、仕事にはあまり制約を設けていません。

 

割と自由な働き方をしていますが、それでも連休明けとなると多少憂鬱です。

(とはいえ制約がある会社員の頃に比べるとたいぶマシです)

 

ですから、休みと仕事の気持ちのギャップをいかになくしていけるかが「憂鬱」を軽減させるポイントです。

 

マー坊

その方法については、「2.連休最終日に「憂鬱」になることを回避する方法」で解説していきますね。

 

2.会社や仕事に不満があるとより「憂鬱」感を強めてしまう

2.会社や仕事に不満があるとより「憂鬱」感を強めてしまう

 

先ほど「休みと仕事の気持ちにはギャップが生まれる」とお話ししました。

もしあなたに会社や仕事に不満がある場合、この休みと仕事の気持ちのギャップをさらに大きくしてしまいます

 

  • 人間関係
  • つまらない仕事(給与が目的となっている)
  • 仕事ができない(分からない・失敗・ミス)
  • 辛い通勤(無駄を感じる)

 

上記は会社や仕事に対する不満の一例です。

一つでも多く当てはまると、仕事がより「地獄」だと思ってしまいます。

 

なので、休みと仕事の気持ちのギャップが大きくなって「憂鬱」感をさらに強く感じてしまうようになるんです

 

会社や仕事に「不満」があるかないかで「憂鬱」はコントールできる

会社や仕事に不満があると、連休最終日の「憂鬱」感は強いです。

ですが、不満があまりない場合だと「憂鬱」感は弱くなります

 

僕は、会社員時代に4回の転職を経験していますが、在籍する会社や仕事によっては「不満」の度合いが異なりました。

会社も仕事も嫌だなぁと思っていると、連休最終日の「憂鬱」感はMAXです。

もう死にたいくらい仕事には行きたくありませんでした。

 

しかし、会社は良いけど仕事が嫌な場合だと、割と「憂鬱」感は軽減されます。

 

会社と仕事の両方を、満足行くようにするのは会社員として難しいです。

ですが、どちらか一方の「不満」を解決することは会社員でも可能だと知ったのです

 

会社や仕事に不満がある場合だと、もっと根本的な解決策が必要です。

その解決方法は、「3.憂鬱を強める根本的な解決策|体験談」で解説しますね。

 

マー坊

会社や仕事の「不満」を解決することで、仕事と休みのギャップの差もより縮まりますから「憂鬱」感は軽減されましたよ。

 

2.連休最終日に「憂鬱」になることを回避する方法

2.連休最終日に「憂鬱」になることを回避する方法

 

僕が会社員のころに実践し、連休最終日の「憂鬱」を軽減できた方法について解説しますね。

 

マー坊

前述した、休みと仕事の気持ちのギャップを埋めて「憂鬱」になることが軽減されますよ。

 

  1. 連休前にやるべき仕事は全て終わらせる
  2. 連休明けの仕事内容を把握しておく(準備)

 

順番に解説します。

 

1.連休前にやるべき仕事は全て終わらせる

1.連休前にやるべき仕事は全て終わらせる

 

一つ目の方法は、楽しい連休に入る前に全ての仕事を終わらせておくことです

つまり、連休明けの仕事として持ち越さず、あらたなスタートを切る気持ちを持つことです。

 

なぜなら、やり残した仕事があると、それが気になって休日は楽しめません。

また、連休ともなれば日数も空いてしまいます。

ですから、連休最終日には「どこから手をつければいいのか」と考え込むことにもなります。

 

仕事をきちんと最後まで終わらせてしまうことで連休は楽しめるし、明けには新たな気持ちでスタートすることができますよ。

 

2.連休明けの仕事内容を把握しておく(準備)

2.連休明けの仕事内容を把握しておく(準備)

 

「憂鬱」を軽減できる二つ目の方法は、連休前に「連休明けの仕事内容を把握」しておくことです

マー坊

連休を既に迎えている方は、今からでも決して遅くはありませんよ。

 

つまり、連休に入る前に、連休明けの仕事の流れをイメージするのです。

どんな準備をしてどのような手順で仕事を終わらせるか

 

仕事の流れをあらかじめイメージしないと、連休最終日には

「どんな仕事が待っているんだろう...」

と不安になり、暗闇の中を歩くような気持ちになります。

 

しかし、イメージしておくことで連休明けには、あらかじめイメージしたとおりに仕事をこなせば仕事は終わります。

また、つまづきそうなところやトラブルも事前に予想できますから、準備することが可能です。

マー坊

仕事の段取りが分かり、終わりも見えているとなんとなく気分的に安心しませんか?

 

3.憂鬱を強める根本的な解決策|経験談

3.憂鬱を強める根本的な解決策|経験談

 

会社や仕事に不満がある場合だと、休みと仕事のギャップをより広くし「憂鬱」感を強めます

その根本的な解決策は以下の通りで、いずれも僕の経験談です。

  1. 転職する
  2. フリーランスとなる

 

ぶっちゃけると、会社や仕事の不満をなくしていくことで連休最終日の辛い「憂鬱」感は無くなります。

マー坊

フリーランスともなると、「憂鬱」感は若干あるにせよ気にならないのでほぼ無しですね。

 

1.転職する

1.転職する

 

転職することで、仕事もしくは会社、はたまた両方の「不満」は解決できます

僕は過去4回転職していますが、回数を重ねるごとにその「不満」は解消できていました。

 

不満を解消していくことで得られるメリットは以下のとおり

  • 連休明けの「憂鬱」は軽減される。
  • 仕事や会社との向き合い方も良好になる。

 

つまり、連休明けの「憂鬱」の辛さだけではなく、普段の仕事や会社の辛さからも解放されるのです。

でも転職することはすごく「勇気」がいることですよね。

 

「転職」はあなたにとってより良い働く場を求めること

しかし、転職は今のあなたの「不満」を解消するものなんですよ

もっというと、

  • やりたい仕事をする!
  • もっとスキルアップし活躍したい!

というあなたの向上心にも応える、そんな環境を提供してくれるのです。

 

それを実現してくれるのが「転職エージェント」と言われる転職に失敗しないサービスの存在です。

 

マー坊

ハローワークや転職情報誌などの紙に書いてあることを鵜呑みにして、転職する時代ではないんですよ。

 

有名な「転職エージェント」は以下で詳しく解説していますよ。もちろん利用は無料です。

>>転職で悩みはもう不要!失敗しないおすすめ転職エージェント・サイト5つをご紹介!!

 

2.フリーランスとなる|おすすめはプログラミング!

2.フリーランスとなる|おすすめはプログラミング!

 

現在の僕の職種ですね。

 

そもそも、フリーランスは会社に依存していないですから、自分で自由に休みをとることが可能です。

ですから、休みと仕事の気持ちのギャップをコントロールすることもできるのです

 

勝手に好きなように休みを組めばいいだけですから、そもそも「憂鬱」感なんて感じたことがありません。

また、会社からの制約もないので、仕事のプレッシャーもないです。

 

フリーランスを目指すのであれば、プログラミングの世界へ飛び込むのがベストです

スクールに通えば、最短3ヶ月でプログラミングを身に付けることができ、フリーランスになるのも早いですよ。

 

大手「プログラミングスクール」は以下で詳しく解説しています。

>>初心者におすすめするプログラミングスクール4つ!学ぶだけじゃなくその後の就職(転職)サポートもあり!!

 

独学でももちろん学べますよ!

>>初心者がプログラミングを独学するための勉強法まとめ

 

まとめ|根本的な解決は今の状況から抜けること!

最後に要点をまとめます。

 

連休明けの仕事のことを考えると「憂鬱」になる原因と解決策は以下のとおり。

  • 原因|休みと仕事の気持ちにギャップが生まれる
  • 解決策1|連休前にやるべき仕事は全て終わらせる
  • 解決策2|連休明けの仕事内容を把握しておく(準備)

 

また、会社や仕事に「不満」がある場合だと「憂鬱」感をより強めます

僕の経験からはっきり言える解決方法は、より良い環境を求めることがベストですね。

  • 転職する
  • フリーランスとなる

 

転職は勇気がいることですけども、連休のたびに「憂鬱」感を持ち、ずっと不満を抱える人生でいいのでしょうか?

また、フリーランスとしての僕から言わせると「転職」経験がなくてどう成長していくのか疑問です。

 

 

会社や仕事の不満解消とスキルアップのダブルの魅力を求め、あなたに合った会社や仕事を見つけましょう!

>>転職で悩みはもう不要!失敗しないおすすめ転職エージェント・サイト5つをご紹介!!

 

この記事はいかがでしたでしょうか✨?

-連休明けの仕事の悩み

© 2020 お仕事講座-マー坊ブログ