会社を辞めたい30代がとるべき決断と仕事の探し方

会社を辞めたい

会社を辞めたい30代の悩みとその決断|転職を成功させるポイントも!

2020年10月15日

 

30代ですが現状が辛く会社辞めたいんです。

でも、辞めるという実行までに至らずズルズル続けている状況です。

どうしたらいいでしょうか?

 

本記事の内容

  • 30代で会社を辞めれずに、踏みとどまってしまう理由
  • 30代で会社を辞めても転職先なんてたくさんある|経験が武器
  • 今の状況で会社を「辞めるべき」か「止まるべき」か決断する
  • 30代の転職を成功させるポイントと仕事探しのコツ
  • 30代で仕事を辞めてから思うこと

 

本記事を書いている僕は、30代で3回転職を経験し、現在フリーランスとして活動中。

 

事実、僕自身もあなたと同じように、30代で会社を辞めることに対し悩みました。

30代で会社を辞めると思っても、なかなか実行には移せませんよね。

20代(独身)の状況とは違い、30代は結婚、生活・子育て・ローンなどがありますからそうカンタンにはできません

 

とはいえ、辞めたい事実がありますから、それをひたすら我慢していくのは辛すぎます。

残りあと30年、40年とまだまだ働いていかなければなりませんから、そろそろ決断しないといけません。

 

この記事では、僕が過去3回会社を辞めた経験から今のあなたの会社を辞めることに対する悩みを取り除き「辞めるべき」か「止まるべき」かの決断と、その後の失敗しない転職活動についてアドバイスしていきます。

 

1.会社を辞めれずに踏みとどまってしまう30代の理由

  1. 年齢という壁が立ちはだかる
  2. 家族・ローン・養育費など生活のためには辞めれない
  3. 既に複数回の転職経験があり、もう流石に転職は厳しいかと...
  4. やりたい仕事が見えてこない...
  5. 長らくいた会社を辞めるのはもったいない気もする

 

上記は僕も思っていた悩みです。

どのように解決していったのかを順に解説していきますね。

 

1.年齢という壁が立ちはだかる|30代は経験が武器

「年齢」はどうしても若い方に軍配が挙がり、30代には不利になることはゆるがない事実です。

しかし、30代であれば「経験」という武器を持っていて、「経験」を活かし転職を成功させることができます

 

僕の最初の転職は、スタートアップという出来てまもない企業でした。

若い方が多く在籍している中で、中堅社員がいなかったんです。

若い方を引っ張り、会社に貢献していって欲しいとの期待を寄せられて採用に至りました

 

スキル・知識など不安に思う自分もいましたが、30代の転職はどちらかというと「経験」を重視されたのかなという印象ですね。

 

たとえスキルなどに不安があっても、入社して補えば良いだけです。

でも「経験」は1日やそこらでは身につきませんから、30代は貴重な存在になります。

 

マー坊

若い方の特権である「年齢」という戦場では戦わず、若い方が持っていない「経験」という戦場を見れば転職の幅も広がりますよ。

 

2.家族・ローン・養育費など生活のためには辞めれない

「もし辞めて、転職できなかったらどうしよう...」

そうなると、家族を養えなくなるかも...という不安もありますよね。

 

でも、家族もきっとあなたの辛さは感じていて、心配しているはずです。

仕事が辛いのを我慢していると、それこそ精神的にもよくないですし、最悪入院などしなきゃなりません。

こうなると、生活がもっと大変なことになることはわかっています。

 

辛いのを我慢して、倒れるまで働け!...なんていう家族はいませんよ。

 

まずは、家族に今の辛い状況をお話しされてはどうでしょうか?

 

3.既に複数回の転職経験があり、もう流石に転職は厳しいか...

複数の転職経験があると、「転職も厳しいのでは?」と思ってしまいますよね。

 

しかし、これは間違った理解ですよ

 

なぜなら、僕自身も複数回転職していて、ある面接の時に面接官に尋ねてみたんです。

「やはり何度も転職をしていると、採用は厳しいでしょうか」...と

 

面接官の答えは「No」でして、以下の理由を述べられていました。

活躍の場を求めて会社を転々とすることは、消して悪くはないとのこと。

(転職先)会社に貢献してくれそうな人なら、過去はどうあれその人を採用する。

 

複数回転職していることは、またすぐに辞めそうだと思われて転職に不利だと思われがちです。

しかし、意外にも会社としては複数回の転職経験がある人に対しネガティブな考えは持ってなく、逆に積極性がある人だと一定の評価を与えています

 

マー坊

とはいえ、辞めた理由は前職の悪口だったり、弱音と捉えられるようなことは言わないことですね。

これだと社会人(仕事人)以前に人間性を疑われますから、採用は相当厳しいものとなりますよ。

 

4.やりたい仕事が見えてこない...

やりたいことがあるはずなのに、自信を失ったせいで、本当のやりたいことを隠してしまっているだけなんです。

 

  • やってきたことに対し批判された
  • 失敗するとひどく叱られた
  • 周りが仕事ができる人がいると、その人と比べてしまう

 

上記の経験があると、心や気持ちが積極的になれませんよね。

 

しかし、あなたは本当はやりたいことはあるはず。

 

あなたの特性をもう一度考えましょう

これまでの人生であなたは「成功」や「失敗」の経験はありますよね。

その時の行動や気持ちをよく思い出してみてください。

 

失敗した時の乗り越え方や、成功した時の感動が頭に浮かんでこないですか?

 

すると、あなたの特性が見えてきて、向いている仕事ややりたい仕事が再び自信とともに持てるようになりますよ

>>転職したいけど何がしたいか分からない|足踏み状態から脱却する方法

 

5.長らくいた会社を辞めるのはもったいない気もする

「地位」や「仕事」「実績」「仲間」「待遇」など、これまで必死になって積み重ねてきたものを全て捨ててしまってもいいのかという悩みもあります。

会社に思い入れもあるでしょうから、簡単には辞める決断はできませんよね。

 

とはいえ、これまでのあなたの得てきたものを決して捨てるわけではないんです。

それを「活用」し、転職先でさらにもっと高みを目指すということなんです

 

仕事で得た地位や実績は、今後あなたがさらに活躍するための土台になります。

これまでの経験を活かし、辞めたあとの転職先企業でその力を発揮することが可能です。

そうなれば待遇だって良くなりますよね。

 

また、本当に仲の良かった仲間はあなたが辞めたあとでも、関係は続きますよ。

マー坊

むしろさらに人脈は多くなっていき、あなたの助けになってくれる人も増えていきます。

 

以上、30代で会社を辞めようにも踏みとどまってしまう理由について解説しました。

 

2.今の状況で「辞めるべき」か「留まるべき」か決断する

2.今の状況で「辞めるべき」か「止まるべき」か決断する

 

いつまでも悩んでいて、つまらない人生を送るわけにはいきませんよね。

ここでは、会社を「辞める」か「留まる」かの決断をし、モヤモヤした今の気持ちに終止符を打ちましょう。

 

辞めるべき

辞めるべき

 

30代の方が、会社を辞めるのには以下のような理由があります。

  1. 残業など労働条件が悪い
  2. 給与・賞与が悪い
  3. 会社の将来性に不安
  4. 今の仕事に興味がなくなった
  5. 職場環境が悪い...

 

上記は、厚生労働省の「令和元年雇用動向調査結果の概況」にもある30代の退職理由です。

参考:厚生労働省の「令和元年雇用動向調査結果の概況」

 

特に太字の上位3つ(「残業など労働条件が悪い」「給与・賞与が悪い」「会社の将来性に不安」)の割合が多いです。

割合としては、30代の全退職理由のおよそ35%も占めています。

 

マー坊

実際僕の辞めた理由も、「仕事に興味がなくなった」「会社の将来性に不安」「給与・賞与が悪い」でした。

 

30代までがむしゃらに突っ走り続けると、会社や仕事のことがある程度わかってきますよね。

そうなると、

  • 「もっと待遇の良いところにいきたい」
  • 「違う仕事にも興味が出てきた」
  • 「なんだか今の会社では好きな(やりたい)仕事ができない」
  • 「スキルアップがしたい!」

 

今の会社や仕事に対し違和感を感じ、状況を変えたいと思うことなんて当然です

 

マー坊

むしろ、向上心があって、これまで以上の待遇や仕事に対するやりがいを求めている証拠なんだと思いました。

 

とはいえ、しばらくすると今の辛さや悩みが解決するかも...

 

今後、良い方向に変わる可能性はない

良い方向に変えるためには、あなた自身で変えていくしかありません

勝手(自然)に良い方向になると考えない方が良いです。

 

なぜなら、人間関係悪化、待遇など相手ありきのことなので、自分がいくら変わっても相手も変わらなければ状況は悪いままだからです

 

勝手(自然)に良い方向になるとを思っていると心身とも疲弊し続けるし、出来たはずの転職もできなくなるなど、悪影響しかありません。

つまり、時間経過するに従い、あなたにとって良くない状況となってしまうんです。

 

マー坊

今、辞めたいと思っているのであれば、あなた自身の行動が必要ですよ。

 

留まるべき

止まるべき

 

ただし「辞めるべきではない」理由もあります。

上司(会社)などに駆け寄れば解決できること

 

例えば、仕事が多すぎて自分のキャパではどうにもならなくなった場合や、人間関係で拗れかけた時とかです。

 

仕事が多ければ断ったり、上司に駆け寄り仕事を減らしてもらうことを打診してみてはいかがでしょうか?

また、人間関係が悪化する前に、相手と話し合うことで関係修復も容易です。

 

マー坊

相談して解決できそうなことは、まずは人と相談し解決する努力をしてみてください。

相談しても改善(解決)されないのであれば、もう辞める方向で良いですよ。

 

...もし辞める決断をしたのであれば、次節以降読み進めていきましょう。

30代の転職の武器や成功方法など解説していきます、

 

3.30代で会社を辞めても転職先なんてたくさんある|経験が武器

1.30代で会社を辞めても転職先なんてたくさんある【実体験】

 

はじめに結論をいうと、30代でも転職先はいくらでもあるということ

 

前述もしましたが、30代は「経験」が武器になります。

20代と同じ「年齢」という土俵で戦うのではありませんよ。

 

30代には期待されることがある|経験で得てきたことをアウトプットする能力

30代には期待されることがある

 

30代は、20代に比べれば経験や実績も豊富で、教えられる立場から教える立場へと役割が変わります

その理由は、「後輩を育てる能力」、すなわち経験から得てきたことをアウトプットしていく力が備わっているからなんです。

 

仕事もマネジメントする側の立場となり、若手を引っ張って行ったり、顧客(クライアント)との交渉といった最前線での活躍が期待されます。

 

つまり、30代は木の幹となって、たくさんの葉(社員)を咲かせ大きな木(会社)になっていくよう期待されているんです

 

20代には20代として期待されるものがあり、30代には30代として企業に期待されるものは必ずあるものです。

 

マー坊

30代のあなたには、その期待されている能力がすでに備わっているということを理解してくださいね。

 

4.30代の転職を成功させるポイント

4.30代の転職を成功させるポイント

 

では、30代の転職を成功させるポイントをお伝えしますね。

  • あなたのスキルを棚卸する
  • 転職先であなたは何をしたいのか
  • どんな利益をもたらすことができるのか

 

まずは、あなたがこれまでやってきた仕事から得たスキルを洗い出し整理しておきましょう。

そして、そのスキルが転職先でどのように活用でき利益をもたらすのか、面接時のアピールポイントになります。

 

マー坊

実際に、僕がこれまでの転職時の面接の中で聞かれたこと(「企業側が求めること」)をお伝えしていきますね。

 

企業が求めるもの

特に30代の転職で求められるのは以下の3つ。

  1. 即戦力
  2. マネジメント力
  3. 提案力

 

即戦力があれば、企業にとって育成にかかるコストが抑えられ、利益獲得のために企業に貢献できます。

さらに、後輩(若い世代)を育成する能力やまとめる能力もあれば、企業の助けにもなりますよね。

 

企業として、30代を獲得するメリットとしては、いかにコストを削減し企業利益に貢献できるかがポイントです

 

また、企業が持ち合わせていないスキルがあれば、あらたな企業戦略を与えるヒントにもなります。

 

僕の場合ですと、IT企業から印刷会社への転職をする際に、僕のWEBスキルを使って顧客を増やしていく提案をしました。

当時、印刷会社ではWEBの技術は未熟でしたから、そこに僕の入れる隙をあらかじめ見つけました。

 

じっくりと持ち前のスキルを洗い出すことで、より活躍できる環境(会社)を見つけることができました。

 

マー坊

さらに転職を失敗させないために効果的なのは「転職エージェント」を利用することです。

 

転職エージェントを使う|失敗なし

転職エージェントを使う

 

「転職エージェント」は、あなたの希望に合った会社(仕事)を見つけてくれる無料の転職支援サービスです。

 

「転職エージェント」の強みは何と言っても会社の内情に詳しいということ

  • 会社が採用する際に何を重視しているのか
  • 求人サイトや情報誌では知り得ない情報を知っている
  • あなたがその会社選んだらどんなキャリアを歩むのかなど

 

つまり、失敗しない転職を実現できるだけでなく、あなたが活躍できるような会社を紹介してくれるんです

マー坊

実際にエージェントから案件を紹介されると、まだまだ自分は出来る!と気づき、やる気も湧いてきます!

 

どのエージェントもご利用は無料です。

ですから、今のうちにどんな仕事があるのか(紹介してもらえるのか)、登録だけでも済ませておきましょう!

 

6.仕事を辞めてから僕が思ったこと

6.仕事を辞めてから僕が思ったこと

 

僕は30代で3回会社を辞め、転職を繰り返し経験してきました。

しかし、会社をやめたことに後悔はなく、むしろ今フリーランスでやれているのは転職を経験したからだと自負しています。

 

会社を辞めるのは、現状ではもう解決出来ない不満があるからです。

その不満を解消しようと、会社を転々としたことで僕についてきたものが一人でも活躍できる「スキル」だったんです。

さらに、スキルの他にも人脈や仕事のやり方といった働き方に対する考え方も変わりました。

 

現状に不満があるのを我慢することは、上記を逃してしまうすごくもったいないことですよ

 

行動すれば、結果良い方向に向くことは僕が実証しています。

あなたも行動することで、必ずや良い結果となって現れてきます。

 

マー坊

会社を辞めることは、決してネガティブなことではなくむしろポジティブに捉えるべきです。

 

まとめ|悩んでいるところで時間だけが経過する。まずは行動です。

最後に要点をまとめて終わりにします。

 

会社を辞めれずに踏みとどまってしまう30代の理由は以下の理由ですね。

  • 年齢という壁が立ちはだかる
  • 家族・ローン・養育費など生活のためには辞めれない
  • 既に複数回の転職経験があり、もう流石に転職は厳しいかと...
  • やりたい仕事が見えてこない...
  • 長らくいた会社を辞めるのはもったいない気もする

 

そして30代の方が、会社を辞めるのには以下のような理由があります。

  • 残業など労働条件が悪い
  • 給与・賞与が悪い
  • 会社の将来性に不安
  • 今の仕事に興味がなくなった
  • 職場環境が悪い...

 

修復(改善)が不可能であれば、もう辞めるべきです

しかし、上司(会社)などに相談し解決できることであれば、まずは上司(人)に相談してみることです。

 

辞めると決めたなら、転職先を探すことになります。

「年齢」的に不利かと思いがちですが、30代で会社を辞めても転職先なんてたくさんありますよ。

なぜなら30代はこれまでの「経験」が武器となりますから、20代とは違う土俵で戦うということだからです

 

そこであなたの「経験」が活かせそうな仕事を探すには「転職エージェント」を使えばOKです。

 

 

関連記事

この記事はいかがでしたでしょうか✨?

-会社を辞めたい

© 2021 マー坊プロジェクト