会社に馴染もうとするよりも自然体でいる方が馴染んでいく|相手を思う気持ちが大切

仕事・会社のこと

会社に馴染もうとするよりも自然体でいる方が馴染んでいく|相手を思う気持ちが大切

 

内気でコミュニケーションが苦手...

自分にも自信が持てない。

なので会社馴染めないです。

 

会社に馴染もうとするよりも、あなたが自然体でありのままでいることで自然に馴染みますよ

 

僕も仕事の案件ごとに、様々な人と1つのチームになり一緒に仕事をしてきました。

その度に、チームの雰囲気や空気感は違うのです。

 

ですから、自分から馴染もうとするのはもう疲れるし面倒だなと思いました

 

しかし、ありのままの自分を見せることで、僕自信を理解してくれました。

そうなることで、自然と会社にも馴染むことがわかったんです。

 

この記事でわかること

  • 会社に馴染もうとすると余計に辛くなる
  • 自然体でいることで「馴染んでいく」
  • 相手にどう思われているかなんて気にしない|大事なのは相手をどう思うか

 

1.会社に馴染もうとすると余計に辛くなる

1.会社に馴染もうとすると余計に辛くなる

 

会社に馴染もうとすると、余計に辛くなります。

  1. 無理なコミュニケーションは疲れる
  2. 話が下手だと思うと話すのが億劫になる
  3. 自己嫌悪してしまう

 

1.無理なコミュニケーションは疲れる

1.無理なコミュニケーションは疲れる

 

コミュニケーションをとることは良いことです。

しかし、無理なコミュニケーションは非常に疲れます

 

相手がどう思っているか考えたり、反応が悪いと気になります。

ですから、良く思われるためにはどうしたらよいかと考えてしまいます。

 

そうなると、頭がいっぱいで仕事にも手がつきません。

 

 

2.話が下手だと思うと話すのが億劫になる

2.話が下手だと思うと話すのが億劫になる

 

話が下手な人は、相手にうまく伝えたいことが言えないんじゃないかと不安です。

言いたいことがうまく伝わらず、相手の機嫌を損ねてしまうことを気にしてしまいます。

 

そうなると、職場で言葉も少なくなり、誰かとしゃべるのも億劫になるんですよね

 

とはいえ、急にうまく話せるようになることもないんです。

 

3.自己嫌悪してしまう

3.自己嫌悪してしまう

 

馴染もうとしてがんばってもどうにもならない場合、自分に自信が無くなります

 

出来ない自分に自己嫌悪してしまうのです。

 

例えば、会話しても相手の反応を見るばかり。

反応が良くないことがわかると、自分はつまらない人間だと決めつけてしまいます。

 

また、変わらない自分にも嫌気が差します

 

馴染むにはどうする?

馴染むにはどうする?

 

馴染もうとすると、こちらからアクションを仕掛けないといけません

すると、相手の反応を気にしたりと、様々な労力を使いますから非常に疲れます。

 

ですから、馴染もうとするのではなく「自然と馴染んでいく」ことを意識してみましょう

 

2.自然体でいることで「馴染んでいく」

2.自然体でいることで「馴染んでいく」

 

自然体でいることで、自然と社内に馴染んでいきますよ

それに、無駄な労力で消耗もしないですから心身ともに楽です。

 

  1. 毎日仕事でがんばっている姿は、誰かが評価してくれる
  2. 時間が経てばお互いのことが理解できる
  3. ありのままの姿でいること

 

1.毎日仕事でがんばっている姿は評価される

1.毎日仕事でがんばっている姿は、誰かが評価してくれる

 

仕事でがんばっていると、誰かが評価してくれます

会社は仕事をする場所ですからね。

 

あなたががんばって仕事の成果を出すと、周りはあなたに注目するのです

 

例えば、上司であればあなたの仕事内容は把握しています。

仕事の目標を達成することで、上司からも一目置かれる存在になるでしょう。

 

そうなったら、あなたを手本とし周りの社員も真似たくもなります。

 

誰だって仕事は出来るようになりたいですからね。

 

ですから、周りからあなたにその手法を聞くためにコミュニケーションをとってきますよ。

 

関連仕事ができないと悩み会社に行きたくない方へ知って欲しいこと4つ

 

2.時間が経てばお互いのことが理解できる

2.時間が経てばお互いのことが理解できる

 

人を理解することって案外時間がかかるものなんです

実際に僕も、様々な仕事の案件のたびに、あたらしい人と接してきました。

 

その中で、

「こんな奴と数ヶ月一緒に仕事するの?」

と会話すると、とっつきにくくイラッとする人も多くいました。

 

でも、案件が終了する頃になると、最初思っていた印象とは違うということに気づきました。

 

本当はいい奴なんだと思えるようにもなったんです

 

マー坊

その人は、最初は緊張していたのでしょう。

また、初めての人に対する接し方も知らなかったのだろうと思います。

 

時間が経つとその環境にも慣れ、お互いのことも知るようになります。

ですから、相手のことを思いやりながら会話したりすることができるようになりますよ。

 

3.ありのままの姿でいること

3.ありのままの姿でいること

 

ありのままの姿でいることが大事です

なぜなら、相手の顔色をうかがってそのたびに自分を変えようとすると疲れます

 

例えば、あなたの発言に対し相手のリアクションが低いからと、わざわざ言葉を選んでいては会話するのも苦痛です。

ゆくゆくはそれが煩わしくなり、会いたくもない気持ちにもなるし、会話も避けることになってしまいます。

 

自分の発言が、全ての人に受け入れられることなんてないんですよ

 

ましてや会社という様々な価値観がある人の集まりです。

何人かは「付き合いたくないやつ」は必ずいます。

 

逆に、ありのままのあなたを理解してくれたり、好きになる人は必ずいますよ

 

 

もし辛くなったら休めばいい

もし辛くなったら休めばいい

 

しかし馴染むまでの間、ちょっと精神的に辛いなと思ったら会社を休んでみましょう

なぜなら、自然に馴染んでいくには時間が掛かります。

 

我慢することになりますね。

 

でも、あまり我慢しすぎも精神的に良くないです。

また、我慢していては「会社に行きたくない」...そのうち本当に辛くて「辞めたい」...といった気持ちにもなってきます。

 

会社を辞めてしまっては、根本的な解決にはなりませんからね

ですから、ゆっくりと、休みながら社内に馴染んでいきましょうね。

 

 

3.相手にどう思われているかなんて気にしない|大事なのは相手をどう思うか

3.相手にどう思われているかなんて気にしない|大事なのは相手をどう思うか

 

相手がどう思っているかなんてことよりも、相手のことをどう思ってあげれるかが大事です

 

どうしても、相手にどう思われているか気になりがちです。

 

しかし、そんなこと思っていると100人いたら100人の相手をそれぞれにしないといけませんよね。

それは無理なことですよ。

 

相手を思いやる気持ちを持つ

  • 相手が困っていること
  • 相手にとってメリットのあること

 

上記の通り、相手を思いやる気持ちを持ち考えていって欲しいです。

 

例えば、

  • 仕事で困っている人を見つけたら、あなたがフォロー(助けて)してあげましょう。
  • 「この情報はみんなにとって有益だ」と思うことがあれば、どんどん発信しましょう。

 

誰だって、助けられたり特になることがあると嬉しいものです

 

そうなると、相手からも感謝の気持ちや、あなたのことがもっと気になります。

ですから、あなたに近づきたいという気持ちも持ってもらえます。

 

助けられた相手に、恩を仇で返すようなことはしません。

 

なので、自然とコミュニケーションはとれるし、会話の際にも絵や図を用いることで、より詳しくわかりやすい説明もできますよ。

 

相手のことを考えてあげられることが、社内に馴染む効果的な方法です

 

まとめ

会社に馴染もうとすると余計に辛くなりますよ。

  • 無理なコミュニケーションは疲れる
  • 話が下手だと思うと話すのが億劫になる
  • 自己嫌悪してしまう

 

馴染もうと、自分が変わろうとしては疲れます。

 

あなたが自然体でいることで、自然に馴染んでいきます。

  • 毎日仕事でがんばっている姿は、誰かが評価してくれる
  • 時間が経てばお互いのことが理解できる
  • ありのままの姿でいること

 

無駄な労力で消耗もしないですから心身ともに楽です。

 

また、相手にどう思われているかなんて気にしてはいけませんよ

大事なのは相手をどう思うかです。

相手は助けられたり、特になることがあると嬉しいものです。

 

ありのままのあなたでいましょうね。

そして焦らずゆっくりと馴染んでいきましょう。

 

関連会社の人間関係が嫌で行きたくないと思う方への対処方法3つ【これで終止符です】

 

この記事はいかがでしたでしょうか✨?

-仕事・会社のこと

© 2020 マー坊ブログ!