会社を辞めたい40代の悩みと決断して欲しいこと

会社を辞めたい

会社を辞めたい40代の悩みと決断|会社員からフリーランスとなった僕が解説

2020年3月13日

 

会社辞めたい...

どうしても会社には行きたくない事情がある。

しかし40代だから、転職は厳しいだろうな...

さらに家族もいるしローンもあるから、尚更辞めれない。

どうすればいいのだろうか...

 

まずお断りしておきます。

申し訳ございませんが、この記事では40代での転職を紹介するものではありません

結論をいうと、転職して再び会社員になるのではなく、フリーランス(個人事業主)として働くことをおすすめする記事です

 

僕も必死になって40代が転職できるエージェントや転職サイトを探しました。

しかし、自信を持って40代でも転職できる!というところがありませんでした。

 

所感は以下のとおり...

40代の転職は20代はもちろん、30代の転職とは訳が違います。

就職先も狭くなり、また40代人材に求めている能力も高いものだったのです。

また、幸い会社に就職したはいいものの、人間関係や待遇など「こんなはずじゃなかった...」と後悔しないとも限りません。

 

ですので、僕は40代であれば今の会社を辞めて、再び会社員になる考えはオススメできません

 

この記事では、40代で会社を辞めたいと悩んでいる方へ、40歳で脱サラし現在フリーランスとして活動する僕が、以下のことについて解説します。

  • 40代で会社を辞めることは勇気がいること
  • 40代でフリーランスとしてやっていくことの心配ごと
  • フリーランスへのステップアップ

 

40代で会社を辞めることは勇気がいること

40代で会社を辞めることは勇気がいること

 

40代で会社を辞めることは、すごく勇気がいることですよね。

 

40代ともなれば、家庭もあるしローンも残っています。

ですから、毎月の支払いが滞ることや家族を養っていけなくなるかもしれないという不安があります

 

なので、会社を辞めようと思った時には、以下のことを慎重に考えることになります。

  1. 転職できる会社はあるのか
  2. 給与・待遇は?
  3. 前職を辞める理由となった悩みは解決できるのか

順番に解説します。

 

1.就職できる会社はあるのか

1.就職できる会社はあるのか

 

まず、40代であれば就職できる会社がないと、今の会社を辞めるわけにはいきません

ですが、冒頭でも書いたように、40代の転職は非常に厳しいのです。

 

あったとしても、それはハイレベルでかつ、わずかなポストである管理者としての能力を求められるものばかりです。

ですから、未経験職種への転職もないに等しいですし、40代の採用だとしても今のあなたの能力以上の仕事が求められます。

 

僕が過去に在籍した会社(印刷会社でのWEB製作部門)では、40代も募集していました。

しかし会社は、本人の技術力を期待することはもちろん、先頭に立って会社の発展に貢献できるかどうかも見ています

 

要するに、持ち前の技術を武器に、技術職から営業職へのジョブチェンジを期待していたのです。

しかし、40代の転職者はそれをできまいと拒否し入社を断りました。

 

マー坊
20代30代であれば、持ち前の技術・スキルで転職も可能ですが、40代ともなるとプラスアルファ会社から期待されるものがあるのです。

 

2.給与は待遇は?

2.給与は待遇は?

 

40代であれば、子供の養育費や家のローンも抱えているでしょう。

できれば、現在の給与を維持し生活していきたいものです

 

ですが、その期待はあまりしない方がいいかもしれません。

 

なぜなら、会社は1回2回程度の面接をしただけで、転職者の技術・能力を熟知するなど無理な話です。

いくら職務経歴書に素晴らしい経歴や実績があったとしても、転職先の会社でその能力を十分に発揮できるわけではありません

 

僕がWEB会社にいた時の話ですが、IT関連会社に20年以上いた40代後半の方が入社してきました。

経歴を聞いたところ、様々な経験・実績を残されて、僕も知らない技術を持っていたすごく素晴らしい方でした。

 

ですが、実際のWEB会社での仕事はというと、会社が求めるパフォーマンスではなかったのです。

若い社員を教育し、業務を引っ張っていくような方ではなく、むしろその逆で若い社員に指導される始末。

 

僕自身も、経歴に騙された...仕事の邪魔をされては困るなぁという感情をもち始めていて、段々その人の給料も気になってきました(このパフォーマンスで僕よりも高いの?...と)。

 

会社に聞いたところ、実際に仕事をしていかないとその人の能力は測れないということで、入社後の給料は30代とほぼ変わらない給料でした。

また待遇の方も、いきなり役職をつけるのではなく、平社員からのスタートです。

 

マー坊
会社も面接や経歴書を鵜呑みにせず、慎重に採用しますから、給料は期待しない方がいいです。

 

3.辞める理由となった悩みは解決できる?

3.辞める理由となった悩みは解決できる?

 

会社を辞めるきっかけは様々です。

「人間関係」「給料」「労働条件」「会社の将来」

現在の会社での悩みを、転職先では解決できるとも限りません

 

なぜなら、実際にその転職先へ入社していないからです。

40代の転職は絶対に失敗したくない!

だから口コミ・評判などを念入りに見ながら、転職先を決めていきます。

 

しかし、口コミや評判はあくまで人の意見です。

実際にあなたが入社し、あなたが感じたことではないので全てを信じるわけにはいきません。

 

人間関係に悩んでいる方は、実際に入社して自身で感じることで馴染めるか馴染めないかが判断できます。

会社の将来に不安を感じている方も同じです。

 

労働条件や給料も、その時の社会・経済情勢、ライバル社など様々な要因により頻繁に変わっていきます。

ですから、入社当初は納得できたものの、数年後に再び同じ悩みを抱えないといけなくなる状況も考えられます。

 

以上、40代の方が会社を辞めるにあたり慎重になることを解説しました。

  1. 転職できる会社はあるのか
  2. 給与・待遇は?
  3. 前職を辞める理由となった悩みは解決できるのか

40代であれば、上記3つをクリアするのは非常に難しいと思いませんか?

また、慎重に考えクリアできたとしても、転職し新たな会社で働く勇気はありますか?

 

マー坊
会社というプラットフォームで働く以上、残り20年程会社の命令に従い、会社に依存し縛られる人生を送らないといけません。

 

ですから、これからあなたに縛られない人生を送るためのフリーランスという働き方をおすすめします。

 

ですが、フリーランスという働き方は決して楽してすぐに稼げるわけではありません。

なので、まずはフリーランスという働き方にフォーカスし、その不安を解説していきます。

 

40代からフリーランスとしてやっていくことの心配ごと

40代からのフリーランス【3つの不安】

 

あなたはフリーランスと聞いて、以下3つの不安をお持ちでないでしょうか?

  1. 仕事は不安定(収入も不安定)
  2. 一人でできるか不安
  3. 失敗が怖い

 

事実、僕もフリーランスを志した時は、不安でした。

一つづつ解説していきます。

 

1.仕事は不安定(収入も不安定)

1.仕事は不安定(収入も不安定)

 

フリーランスは自分で仕事を取ってこなければなりません。

できなければ、収入も入ってきませんから生活が大変窮屈になります

マー坊
ローンの支払いや養育費のことも考えますよね...

 

また、仕事はあってもそれがずっと継続してやっていけるという保証もありません。

ですから、今月は仕事はあったけれど、来月はあるのかな?と心配したりと、精神的にも辛いです。

 

しかし、フリーランスを志す方は、誰でもその悩みは抱えています。

 

2.一人でできるか不安

2.一人でできるか不安

 

フリーランスとして働いていくには、自分一人で判断し決断し仕事を進めていきます

疑問や不安なことなどがあっても、まずは自分自身で解決していかないといけません。

 

さらに周りに仲間もいないとなると、すごく不安となります。

いつまでたっても疑問が解決できないままでいると、納品が遅れるという恐れもあります。

 

しかし、会社員ですと、仕事で不安なことがあれば、周りの先輩や上司に聞いたりして解決することもできました。

仲間がいるから心強いという心理的な安心感がありましたよね。

 

マー坊

一人でやることは、年代に限らず不安です。

しかし、40代ともなれば、ある程度の仕事に対する能力・知識はあるはずです。

自分の能力を信じるしかありません。

 

 

3.失敗が怖くて不安

3.失敗が怖くて不安

 

フリーランスとして働いていくからには、その責任は全て自分です

失敗した時、納品が遅れたときなどの対応も自分でやらないといけません。

最悪の損害賠償なども自分で負います。

 

しかし、これまで会社員として働いていた頃は、仕事のミスや不手際などがあれば、周りの先輩・上司がフォローしてくれます。

社員は叱られるか、評価が下がる程度です。

最悪の場合には、会社が責任を負ってくれました。

 

なので、受けるダメージはフリーランスに比べて小さいです。

 

マー坊

失敗も年代に限らず不安です。

また僕も含めて、誰でも失敗はします。

しかし、40代なら失敗の回避能力はある程度養われているはず。。。

 

他にも、もらえる年金が少ないことや確定申告の手続き、ローン審査などが通りにくいという不安もありますが、フリーランスという働き方にフォーカスしてその不安を解説しました。

 

以上の不安があっても、40代の方にはぜひフリーランスをおすすめしたいです

その理由を次節で解説します。

 

40代にフリーランスをオススメする理由4つ

40代にフリーランスをオススメする理由4つ

 

僕は現在フリーランスとして、活動していますがはっきり言って40代の方にはフリーランスはオススメです。

軽い気持ちで言っているわけではありません。

 

これまでの会社員時代にあったしがらみ(嫌なこと)から解放され、あなた自身のキャリアを生かしながら、これからの人生を楽しく歩んでいけるのです

 

これから具体的に、フリーランスをオススメする以下の理由4つをこれから解説していきます。

  1. 得た収入は全て自分のもの
  2. 好きな仕事ができる(選べる)
  3. 自由な時間を確保できる
  4. 「退職」の心配がない

 

一つづつ解説します。

 

1.フリーランスとして得た収入は全て自分のもの

1.フリーランスとして得た収入は全て自分のもの

 

フリーランスとして得た収入は、全てあなたのものです

 

あなたが実施した仕事に対する対価としての報酬を丸々貰えますから、会社員としての収入を大きく上回ることも十分に期待できます。

ですので、すごくやりがいがあります。

 

会社員であれば、あなたが実施した仕事に対する評価はすぐには反映されません。

またその評価にも納得いかないこともあります。

なぜなら上司があなたの評価をしているからです。

 

さらに、会社全体の利益にも影響されますから、あなたが大きな仕事を成功させたとしても、あなただけ特別な昇給やボーナスは期待できないことも多いです。

 

実施した仕事に対する評価は、これからの仕事をしていく上でのモチベーションにもなります

誰でも褒めてもらえれば嬉しいのと同じで、働く者としては仕事をした実績をそのまま対価として得られれば嬉しいものです。

 

 

2.好きな仕事ができる

2.好きな仕事ができる

 

フリーランスとして働くということは、嫌な仕事はしなくて良いのです

 

最初は収入が必要だから、嫌な仕事やクライアントとも付き合わないと生活できません。

ですが、クライアントがどんどんあなたについてくるようになると、中にはやりたい仕事やこれから付き合っていきたいクライアントもでてきます。

 

そうなると、あなた自身でその仕事を選んですることが可能となるのです。

好きな仕事をすることは、時間も忘れるほど没頭できますから、「労働」という概念から解放されます。

 

これまで会社員だった頃には、会社からの指示でやりたくもなかった仕事もしてきたはずです。

嫌な上司の命令にも従わざるをえず、苦しい労働もしてきたでしょう。

「仕事をやらされている感」でつまらない毎日です。

 

しかし、フリーランスはこうした「仕事をやらされている感」は一切なく、自然と楽しんで仕事をしている感覚になります。

ですから仕事が楽しいと感じるのです。

 

3.自由な時間を確保できる

3.自由な時間を確保できる

 

フリーランスは、あなた自身の自由な時間を確保することも容易です

だから、これまでできなかった趣味や、家庭のことなどもすごくやりやすいです。

 

なぜなら、仕事をする時間帯は決まっていません。

例えば、1ヶ月のスケジュールがあったとして、それよりも早い期間で完成させれば残りの期間は、あなたの自由に使って良い期間です。

釣りや車、ジムに通ってみたり、旅行すること、

また、子供や親のお世話することもあなたの好きな時間で可能となるのです。

 

マー坊
フリーランスは、会社員時代の窮屈な時間拘束からも解放されますから、割とストレスフリーですよ。

 

 

4.「退職」の心配がない

4.「退職」の心配がない

 

フリーランスの働き方には「退職」という概念はありません

...40代、50代、60代...といつまでも働くことが可能ですから、あなたのスキルに合った需要があれば、収入の心配はいりません。

 

会社員では「定年退職」や「解雇」という会社の制度によって、仕事を終えてしまうという不安があります。

「会社の将来」に不安だとすると、いつ「解雇」「早期退職勧告」されるか心配です。

「解雇」された時が、一番苦しい状況なので絶対に避けたいですよね。

 

マー坊
フリーランスにはこの「解雇」という、いきなり働けなくなる状況も避けられますから、最悪の事態の心配はいりません。

 

以上、フリーランスをオススメする理由を解説してきました。

 

しかし、フリーランスの良いところは分かったけど、現実フリーランスとしてうまくできるかどうか分からないですよね。

次節、あなたが今後フリーランスとしてやっていくにあたり、良いところを身を持って感じるための方法を解説していきます。

 

フリーランスの良さを少しづつ実現するための3つのステップ【実体験】

フリーランスの良さを少しづつ実現するための3つのステップ

 

前節で解説したフリーランスの良いところを、すぐに感じるのは難しいです

なぜなら、クライアントや人脈もありませんから、仕事も貰えないですし収入も得られません。

 

ですが、あなたもフリーランスの良さを少しづつ実現していくことは可能なのです。

その理由を、以下の順番で解説します。

  1. アルバイト・パートでもお金なんて稼げる!
  2. 様々な事業主(社長)との出会い
  3. 自分に不足している能力を知る

 

1.アルバイト・パートでもお金なんて稼げる!➡︎まずは生活をしていくために稼ぐ

アルバイト・パートでもお金なんて稼げる!

 

アルバイトやパートなどのお仕事は、正社員に比べて割と採用されやすいです。

会社を辞めて、いきなり自分のやりたい仕事でフリーランスは難しいでしょう。

まずは生活費を稼ぐことが必要です

 

実際僕が、フリーランスになったときもパート(野菜の袋詰め)として働き生活費を補っていました。

自分のやりたいこととは違った業種の仕事です。

ですので、毎日「僕は何やってんだろう...」と不甲斐なさを感じていました。

マー坊
これまでITやWEB系のお仕事でしたが、40歳にして力仕事をやりました。。。

 

しかし、きちんと働いた分のお金は貰えていましたので生活には困ることはありませんでした。

 

また、時間的にも会社員をやっていた時に比べて、余裕がありましたので自分の能力・スキルアップのための勉強をすることもできました

 

40代でパート・アルバイトをすることはあなたのプライドが邪魔する気持ちも十分わかります。

ですが、「早く好きな仕事でフリーランスとして自立するんだ!」という気持ちを絶やさず、より強く持つこともできるので夢に向かって一歩一歩歩んでいる実感も湧いてきます。

 

2.様々な事業主(社長)との出会い➡︎小さな仕事をもらえることも!

様々な事業主(社長)との出会い

 

フリーランスをしていると、様々な業種の事業主(社長)に会うことができました

フリーランスは自分の足で営業をしなければなりませんからね。

 

しかし、門前払いされるところもあれば、こちらの話を聞いてくれるところもあったので、仲良くなったりすることもできました。

その中で、自分の得意(ITやWEB関連)をアピールすることで、お客さんの業務に対する悩みを解決するきっかけもできます。

仲良くなったところだと、小さなお仕事をさせてもらうこともあるのです

 

僕は、青果市場関連の社長、就労支援事業社の社長、不動産会社の社長、プログラミング塾の塾長...などの方と仲良くなれました。

自分の得意(ITやWEB関連)とする分野とは全く畑違いな業種の方達もいますが、その中でも僕の技術を必要としてくれる方もいらっしゃいましたので、一緒にお仕事をしたこともあります。

 

初めての報酬をもらった時はすごく嬉しかったです!

仕事した分だけ報酬を貰えますから、やりがいが湧きます。

 

さらに、別の事業主の方なども紹介してくれますので、お仕事をもらえるチャンスは広がります!

人脈を増えていくことはすごく良いことです。

しかし、自分に足らなかった知識・スキルが露呈することもありました。

 

3.自分に不足している能力を知ること➡︎スキルアップでどんな仕事もこなせるようになる!

自分に不足している能力を知ること

 

フリーランスという働き方は、直にお客さんの悩み・疑問を聞けますから、それを解決できる能力があればお仕事をいただけます。

しかし、それが伴っていないと仕事にはできません。

ですから、自分自身、不足している能力・スキルが明確になるのです

 

明確になれば、それを補っていくことで、お客さんの悩みも解決できるようになりますからお仕事にしていくことができます。

そうなれば、もっとあなたのお仕事の幅も広げることができますから、非常にお仕事することが楽しくなってきます!

 

マー坊

現在僕は、この段階です。

人と出会い、自分に何かできることはないかとアピールし、必要とされればお仕事はできます。

また、不足している能力も明確になります。

ですので、それを補えさえすれば、たくさんの仕事だってもらうことも可能だということを信じて奮闘中です!

 

まとめ:悩んでいるより実行した方が良い

会社を辞めたいと思う、40代の悩みと決断して欲しいことを解説しました。

  • 40代は会社を辞めても、転職することは非常に厳しい。
  • 転職できても、あなたの悩みが解決できるという保証はない。
  • とはいえ、フリーランスも不安...

 

40代で会社を辞めることは非常に勇気がいることですよね。

でも、実際にあなたが今の会社が嫌だと感じたら、我慢する必要はありません。

 

40代のあなたであれば、これまで得た知識やスキルは生かされるはずです。

また、もっと成長することも可能なのです。

 

今の悩み、転職の悩み、フリーランスとしての悩みを比べることは難しいですが、今後2、30年あろうあなたの人生を楽しむには、フリーランスの道に挑戦してみてはいかがでしょうか?

ぜひオススメです!

>>40代未経験からプログラミングを学んで稼ぐ方法

 

 

 

関連記事

この記事はいかがでしたでしょうか✨?

-会社を辞めたい

© 2020 お仕事講座-マー坊ブログ