20代で会社を辞めたいと思うことは決して甘えではない

会社を辞めたい

仕事を辞めたいと思うことは甘えではない!将来のことだけを考えよう!

2020年3月8日

 

仲間が頑張っているなかで、一人早々と会社辞めたいと思うのは甘えでしょうか?

とはいえ私にとって仕事や会社環境が辛すぎます!

これからもずっとこの会社で働かなければならないと思うと辛いです。

 

本記事の内容

  • 仕事を辞めたいと思うことは決して甘えではないという理由
  • 辞めたくなる理由
  • この先あなたはどうなりたいのか考えよう
  • 会社を辞める前に考えるべきこと|退職の準備〜転職

 

仕事を辞めることに対し「甘え」だと思っていると、僕も含め多くの方が甘えて辞めていることになります。

しかし、僕は決して仕事を辞めることに対し「甘え」だとは思っていません。

 

なぜなら、僕は過去に4回も会社をやめ転職した経験があります。

その経験が活きて、現在WEB系のフリーランスとして活動できていますよ

 

ですから仕事を辞めることに対し「甘え」だとか気にせず、あなたは今後どうなりたいのかだけ考えればよいだけです。

 

この記事では、仕事を辞めたいのは甘えではない理由と、辞めるべきか続けるべきかを判断するためのアドバイスをさせていただきます。

 

1.仕事を辞めたいと思うことは決して甘えではないという理由

20代で会社を辞めたいと思うことは決して甘えではないという理由

 

仕事を辞めたいと思うのは、決してあなたの甘えではありません。

その理由は以下の通りです。

  1. 仕事を辞めたいと思う辛い事実がある
  2. 他人が甘えと言ってもそれはあくまで他人の考え
  3. 病気など体を壊してしまう恐れ
  4. あなたが今後若い世代を指導する立場になる

 

順番に解説していきます。

 

1.仕事を辞めたいと思う辛い事実がある

1.あなたにとって会社を辞めたいと思う辛い事実がある

 

一生懸命に仕事しているけれども、下記のように辛いことはありますよ

「仕事が多くて残業つづき...」

「ミスが多く叱られてばかり...」

 

実際、僕も20代の頃は、仕事についていけず上司に怒られたり、自分の仕事の出来なさに辛いと思っていました。

辛いと思うと、もう仕事を辞めてしまいたくもなりました。

 

マー坊

辛いことがあると避けたくなるのは人間として当然のことです。

 

ですから、あなた自身が辛く辞めたいと思う気持ちは決して甘えでもなく、当然のことだと認識してくださいね

 

2.他人が甘えと言ってもそれは他人の考え

2.他人が甘えと言ってもそれは他人の考え

 

同僚など、仕事が辛くても我慢して続けている者もいます。

 

また、先輩・上司もあなたの仕事を辞めたいという考えを「甘えだ!」と指摘することもあります。

しかし、それらは全て他人の考えですから、あなたが「甘え」かどうかと思う心配は無用ですよ

 

なぜなら、仕事に対する「辛さ」を感じる程度もあなたと他人(同僚や先輩、上司)とは異なります。

 

例えば、あなたと同僚が全て同じ程度のスキル・能力をもっているわけではありません。

仕事をこなすまでのスピード、悩みどころが違いますから、同僚の頑張りやパフォーマンスをあなた自身に影響させてはいけません

 

また、仕事に対する目標もそれぞれ違います。

同僚は、その会社で出世したいと思うならば、先輩・上司に何を言われようが我慢をしてやっていくでしょう。

 

しかし、あなたはどうでしょうか?

その会社での出世よりも、あなたが好きな仕事を楽しくやって行きたいと思っていませんか

 

そうだとしたら、あなたが会社を辞めることに対し、他人(上司や先輩)が「甘え」だと言っても比較はできません。

ですから、辞めることを一括りに「甘え」だとする考え方は全く違います。

 

 

3.あなた自身が辛いと感じて辞めたいのなら、それは甘えでもなくあなたの決断なのです。

3.あなた自身が辛いと感じて辞めたいのなら甘えでもなくあなたの決断

 

結局のところ、仕事を辞めたいと感じたのならば、それはあなたの人生の決断です

 

新たな環境で仕事をすることはとても良いことだと思います。

 

実際に僕も、20代や30代の頃に会社を辞め転職しました。

 

すると、転職先ではそれまでの会社の嫌だったところは解消されましたし、新たな発見や目標も見つけることが出来ましたから、転職して良かったと感じました

転職はそれまでの会社にはなかった技術や人材もいて、すごく勉強になりますし刺激も受けます。

 

マー坊

もし、引き止められて居残ったとしても「辞めたい」という気持ちは消えることはありませんでした。

 

ですから、他人に影響されてズルズルと長居してしまうと、それはあなたのキャリアを邪魔されてしまいます

会社を辞めようと思ったら、それはあなたの最終的な決断として捉えてください。

 

 

4.病気など体を壊してしまう恐れ➡︎悲しむのは大切な人

4.病気など体を壊してしまう恐れ

 

また、無理に辛い仕事を我慢し続けることで、あなたの体を壊してしまう恐れもあります

 

僕は、実際に過労で急に椅子から倒れ込んだ20代社員も見てきました。

その社員は

「自分が過労で倒れるなんて思いもしなかった。。。」

と言っています。

 

結婚をしている方だと妻や子供もいたりもしますから、家族などはすごく心配です。

また倒れるんじゃないかと、あまり無理させたくない気持ちもあるはずです。

 

辛い仕事を我慢し続けることで、過労は自分では気づかないことも多いです。

なので、急に倒れたり、重い精神病にも掛かったりすると残された家族、友人、恋人などあなたの大切な人は悲しみます

 

5.あなたが今後若い人を指導する立場になる

仕事が「辛い!」「会社を辞めて自分に合った仕事をする!」

このように主張することは、今後あなたが若い人材を育てていくための良い勉強にもなります

 

もしあなたが今、仕事が「辛い!」だから「会社を辞める!」といった気持ちを押さえていると、会社を辞めたいと悩む社員に対して「辞めることは甘えだ!」と言ってしまうでしょう。

 

すると、あなたに「辞めることは甘えだ!」と言われた社員はどう感じるでしょうか?

今のあなたと同じように「辞めることは甘えだ...」と悩んでしまいます。

 

ですから、あなたの今の「会社を辞めたい気持ち」を一括りに「甘え」と判断し押し消すのではなく、一人の社員の悩みとしてあなた自身で尊重してあげてください

 

マー坊

「仕事を辞めたい」という社員の悩みをどうやったら改善できるかということも、これからの課題として考えていってくださいね。

 

例えば、仕事に対する能力・目的も、社員一人ひとり違いますから、頑張る基準がそもそも異なります。

 

「何に悩んでいるのか」「どんな風に教えていくか」など、各々の社員をしっかり見つめ、一人ひとりに合った教育が必要です。

そうすることで、あなたは自身の仕事だけでなく、すばらしい人材教育ができる社会人になっていきますから。

 

 

2.仕事を辞めたくなる理由

そもそも仕事・会社を辞めたいと思う理由について少しだけ解説しておきます。

  1. 希望の仕事・職種ではない
  2. 仕事が精神的な負担である(暇、ミス、できない)
  3. 人間関係に不満がある
  4. 会社のやり方・待遇に不満
  5. ストレスで心や体にに異変

関連会社を辞めたい理由と改善策

 

順に解説していきます。

 

1.希望の仕事・職種ではない

やりたかった仕事をやらせてもらえなかったとなると、仕事に対し前向きにはなれません。

「やりがい」がなく楽しくもないですし、毎日が苦痛です。

 

また、ちょっとした苦難にぶち当たってしまうと、気持ちも前向きではないですからすぐに凹んでしまいます。

 

ですから、単に与えられた仕事をこなす受動的な日々を過ごすことになり、スキルアップもできないですし、苦難を乗り越えた感動も味わえません

 

マー坊

毎日がつまらなく思ってしまい、将来的にも不安に思ってしまいます。

 

2.仕事が精神的な負担である(暇、ミス、できない)

仕事ができなかったり、ミスを連発していると叱られたりし自信喪失してしまいます。

 

本当に好きでやりがいのある仕事でない限り、耐えるには辛すぎます。

会社に行くのが嫌になったり、精神的にも苦痛です

>>仕事で失敗やミスばかりで辞めたい|辞めてもよい基準とその後の選択肢

>>仕事ができずに辞めたいと思う理由

 

また、仕事が暇なことも苦痛ですよね。

ただじっと時間が過ぎ去るのを待つだけで、単なる暇つぶしとなり時間を無駄にしています

>>仕事が暇で辞めたいと思うのは当然!|辞める意思の伝え方【実体験】

 

3.人間関係に不満がある

  • 合わない上司、苦手な社員がいる
  • 陰口を言われたり、嫌がらせの被害にあっている

 

だれか相談する人がいるなら解決もできますが、いないとなると毎日が苦痛です。

>>会社の人間関係が嫌で行きたくないと思う方への対処方法3つ【これで終止符です】

 

同じ社内にいるので、会話しないわけにもいきません。

会話をするとなると緊張したり、気分が悪くなることもあります。

 

無視されようものなら悲しくなるし、やるせない気持ちにもなりますよね。

苦手(嫌な)な人がいなくなればなぁ...と思うばかりで、会社での自分の居場所も狭くなります。

 

4.会社のやり方・待遇に不満

  • 仕事を頑張ったのに、正当な評価をされない。
  • 残業代が支給されない。
  • 理不尽な給与・ボーナスカット

 

会社の将来性を疑う方がよいでしょう。

 

ブラックでない限り、会社の利益が上がればその分社員にも還元してくれることが多いです。

しかし、職務怠慢など社員に直接的な理由もなく、待遇が下がったとなれば会社の利益が落ち込んでいる時です

 

事実、僕も会社の待遇に不満を持っていたことがあります。

いきなり残業代カットと、ボーナス大幅カットでおかしいなとは思っていました。

 

すると、半年もたず会社は倒産です。

倒産の理由を聞くと、業績悪化で会社を継続できなくなったとのこと。

 

マー坊

会社の待遇は、会社業績に比例しアップダウンすると思っておいてくださいね。

 

5.ストレスで心や体に異変

  • 仕事中涙が出る
  • 食欲がない
  • 吐き気...

 

辛い仕事や嫌な会社環境にいると、少しづつ体に異変が生じます。

さらには、休日でも仕事や会社の事ばかり考えて、ゆっくり休めません。

 

ストレスが原因で「うつ病」になった方がいました。

毎日大量の薬を飲みながら症状を抑制(抗うつ、抑うつ)し、自分自身を責めたり、生きる目標を見失っているのです。

 

辞めたくなる理由は人それぞれ|辞める基準なんてない!

辛いことに耐えることができる人もいれば、できない人だって当然います。

もちろん解決できることもあれば、できないことだってある。

 

周りの人が頑張っているから私も頑張らないといけないの?

仕事を辞めるって言うと「甘い」って言われるかも...

 

あなたの行動や思考を、他人の行動や思考と比較しているんですよね。

他人と同じ枠に収まっていないことに対し、勝手に「甘え」だと決めつけているだけです

 

「甘え」なのかと心配ばかりしていると、いつまで経っても状況は変わらないし、先に進むことさえできなくなってしまいます。

ですから、仕事や会社を辞める基準なんてものはないんですよね。

 

大事なことは、他人と比べて「甘え」かどうかではなく、あなた自身がこれからどうなっていきたいのかを考えるべきです

 

3.この先あなたはどうなりたいのか考えよう

仕事を辞めるべきか、辞めないべきかの判断をしていきましょう。

  1. このまま仕事を続けることで「好き」になれそうか
  2.  「プロ」として活躍したいのか

 

順に解説しますね。

 

1.このまま仕事を続けることで「好き」になれそうか

仕事が好きになれそうなら、今の会社に残りましょう。

なぜなら仕事が好きになると、ある程度の苦痛も、苦痛だと感じなくなるんです

 

事実、僕はIT業界にいましたが、途中WEB系へと転向しました。

IT業界から抜け出した理由としては、このままIT業界にいても辛く、つまらないし好きになれそうとは思わなかったから。

WEB系へ転向したことで、仕事に対し前向きになれて自らもっとスキルアップしたいという感情が芽生えたんです

 

好きになれそうかの判断というのは、あなた自身の感覚で大丈夫です

 

無理に好きになろうとするとハマる|後悔

僕はIT業界に約10年在籍しました。

 

好きになれる要素もないのに、無理に好きになろうとしたり、根拠もなく好きになるんじゃないかと我慢をしていました

しかし、約10年経っても好きになれず、結局10年後にWEB系へ転向したんです。

 

ですが、耐えた10年分の時間ロスは非常にもったいないと思いました。

その分、成長できるチャンスも逃したので、WEB系に転向するには遅すぎたなと今でも後悔しています。

 

マー坊

今の仕事は好きになること(要素)はないな...と思えば辞める方があなたの将来のためです。

 

 2.「プロ」として活躍したいのか

「プロ」として活躍するためには、苦労が必要です。

でもその苦労を乗り切るのにも、仕事が好きでないと乗り切れません。

 

僕がWEB系へ転向しても苦労はありました。

しかしWEB系は「好きになれそう」だという感覚があったため、苦労を乗り切ろうと頑張ることができました

 

おかげで現在ではWEB系のフリーランスとして活動できています。

仕事が好きなのであれば、多少の苦労も乗り切れますし「プロ」にだってなれますよ。

 

何がしたいのか分からなくなった...

仕事で辛い経験や思いをすると、これまでの自信ややる気が一気に崩れます

求人サイトなどみていても、どれも自信がなく自分に合う仕事が見つかりませんよね。

 

でも、もう一度これまでの人生の中から成功体験や失敗経験を思い出してみませんか?

成功体験や失敗経験から、あなたの自分軸(特性)が理解できますから、どんな仕事が向いているのか見えてくるはずです。

 

いうよりも、あなた自身の本来の姿を再確認でき、もう一度自信を取り戻すキッカケとなりますよ

>>転職したいけど何がしたいか分からない|足踏み状態から脱却する方法

 

4.会社を辞める前に考えるべきこと|退職の準備〜転職

仕事をやめると判断したのならば、以下の手順にしたがっていきましょう。

  1. 辞めたい理由を明確にする
  2. 転職活動|あなたに合ったお仕事を探そう!
  3. 上司に辞める意思を伝えよう
  4. 引き止められたら...

 

僕の転職を成功させた体験にもとづき順に解説していきます。

 

1.辞めたい理由を明確にする

辞めたい理由を考えるのは、転職して再び同じような悩みを抱えないために必要なんです

つまり、今の悩みを解決できる会社への転職をしようというもの。

 

前述もしましたが、仕事を辞めたくなる理由はあなたにはあるはずです。

その理由は決して「甘え」ではないことは先ほど言ったとおりですよ。

 

これから、あなたに合った仕事を見つけるお手伝いをさせていただきますね。

 

2.転職活動|悩みを解消できる仕事・会社を探そう!

あなたに合ったお仕事を探そう!➡︎20代ならまだまだ転職可能!!

 

  • また嫌な会社に就職してしまうんじゃないか
  • やりたい仕事が見つからないかも
  • 「すぐまた辞めてしまうんじゃないか」と思われ転職できないかも

 

転職には、様々な不安がありますよね。

 

ですが、転職(就職)といっても、あなた一人でお仕事を探すわけではありません。

転職エージェントを使うんですよ。

 

以下で紹介する記事では、あなたに合ったお仕事を探してくれるおすすめの転職エージェントやサイトを紹介しています。

もちろん、あなたの今の悩みをしっかり伝えて解消できる会社を探してもらいましょう

 

転職エージェントにはあなた専任のアドバイザーが、あなたが就職できるまで、面接や職務経歴書や履歴書などのサポートもしてくれますから心強いです。

 

どのサービスも無料で相談できて、多くの求人の中からあなたに最適な求人を無料でご提案してくれますよ。

関連転職で悩みはもう不要!失敗しないおすすめ転職エージェントをご紹介!!

転職エージェント・サイトおすすめ-1
転職で悩みはもう不要!失敗しないおすすめ転職エージェント5つをご紹介!!

続きを見る

 

30代で転職できるかどうか不安...

正直言いますと、30代だからといって不利にはなりません。

事実、僕も30代で2回の転職経験があります。

 

30代で転職を経験しわかったことは、30代には30代として期待されていることがあると言うこと。

 

つまり、企業が期待する能力があなたにあれば、転職は成功しますよ。

>>会社を辞めたい30代がとるべき決断|転職を成功させるポイント

 

3.上司に辞める意思を伝えよう

転職が決まれば、上司に辞める意思を伝えましょう。

 

しかし、今の不満(辞めたい理由)をストレートに会社(上司)に伝えてはいけません

なぜなら、上司(会社)に引き止められたり、転職先における面接でも不利になってしまいます。

 

ではどうやってうまく退職できる方向に持っていくのか、そして転職先でも不利にならないのかを下記で解説していますよ。

>>会社を辞めたい理由|円満退職と転職先でも困らない伝え方

 

辞めるとは言えない

  • 人手不足で辞めれない
  • 辞めると伝えてから辞めるまでの扱いが怖い...

 

上記理由で、辞めることを言えない方もいるでしょう。

 

ですが、嫌な会社・仕事にズルズルと長居してしまうことは、あなたにとって良いことはありません。

決めた転職までも棒に振りたくないですよね。

 

辞めることを言えない対処法は、以下記事で解説しています。

>>会社を辞めたいのに言えない理由と対処法|円満にスッキリ辞める方法【実体験】

 

4.引き止められたら...

会社を辞めたいが会社から引き止められる...

 

人手不足などといって、強引な手口で辞めさせない会社もあるのも事実。

実際に僕も会社を辞めようと伝えましたが、引き止められました。

 

ですが、強い意思を持って伝えることが重要です。

なので、前にもお伝えした「転職先を決めておく」ことが大事なんです。

 

入社日まで決めておくと、引き止めようにも引き止めることはできませんからね。

>>会社を辞めたいが会社から引き止められる...|強い意思をもつ

 

しかし、圧力を掛けてきて辞めさせてくれないのであれば退職代行を使いサッと辞めてしまいましょう。

辛い日々を過ごさなくてすみますよ。

>>【失敗しない退職代行サービス7選】即日会社を辞めたい人におすすめ。

即日退職可能な退職代行7選
【失敗しない退職代行サービス7選】即日会社を辞めたい人におすすめ。

続きを見る

 

まとめ

最後に要点をまとめて終わります。

 

仕事を辞めることは決して「甘え」ではありません。

「甘え」だと思うことは、他人と比べて他人と同じ思考・行動の枠に収まっていないと思っているからです。

あなたと他人の思考・行動は違います。

 

ですから、あなた自身が仕事や会社に対し辛い・嫌だと負担に思えばそれが立派な「辞める理由」なんですよ。

 

それよりも大切なことは、今の仕事が「好き」になれそうか、「プロ」として活躍したいのかです。

「好き」であれば続けるべきだし、そうでないなら辞めるべきです。

「好き」であれば苦労も厭わないので、今後は「プロ」としての道も開けてきますよ。

 

最後に、転職に失敗しない転職エージェントをご紹介しておきますね。

どのサービスも無料で相談できて、多くの求人の中からあなたに最適な求人を無料でご提案してくれます。

関連転職で悩みはもう不要!失敗しないおすすめ転職エージェントをご紹介!!

転職エージェント・サイトおすすめ-1
転職で悩みはもう不要!失敗しないおすすめ転職エージェント5つをご紹介!!

続きを見る

 

 

人気記事【失敗しない退職代行サービス6選】即日会社を辞めたい人におすすめ。

 

この記事はいかがでしたでしょうか✨?

-会社を辞めたい

© 2021 マー坊プロジェクト