会社を辞めたいが引き止められてなかなか辞めれない

会社を辞めたい

【会社を辞めたいが会社から引き止められる...】辞められないのはあなたにとってデメリットでしかない話。

2020年3月4日

 

会社辞めたいのですが...

会社に引き止められて、辞められません。。。

どうしたら良いのでしょうか?

 

結論をいうと、会社に2週間前に退職の意思を伝えることで辞めることはできます

これは民法で決められていて、正社員や派遣、パート・アルバイトなどの「雇用期間が決められていない方」が該当します。

 

ですが、会社に退職の意思を伝えたにも関わらず、様々な理由で辞めさせてくれないという悩みが多いのも事実です。

僕も会社員時代に、会社を辞めようと会社側に退職の意思を伝えました。

しかし、人手がいないということで退職をズルズルと先延ばしされ、結局行きたい会社も行けず後悔しました。。。

 

この記事では、会社を辞めたいのに辞めさせてもらえないという悩みを持つ方に、以下のことについて解説します。

  • 会社を辞められないのはデメリットでしかない理由
  • 会社はすぐに辞められる!すぐに辞めてもあなたには何の悪い影響もない

おすすめ【失敗しない退職代行サービス6選】即日会社を辞めたい人におすすめ。

 

会社を辞められないのはデメリットでしかない理由

会社を辞められないのはデメリットでしかない理由

考えに考えて会社を「辞めよう!」と決めたのに、いざその意思表示をすると会社から引き止められる。

そうなることで、あなたにとって何も良いことはなく、むしろデメリットばかりです。

その理由は以下の3つです。

  1. 次の仕事へ就職(転職)するチャンスを逃してしまう
  2. 苦悩が当分つづく
  3. 退職を表明したことによって会社に居づらいくなる

 

僕の体験を交え解説していきますね。

 

1.就職(転職)するチャンスを逃してしまう

1.就職(転職)するチャンスを逃してしまう

すぐに辞めてしまいたいと思っても、会社側に引き止められてズルズルと先延ばしになっている状況は、あなたにとって最良の就職(転職)のチャンスを逃します

 

会社を辞めようと思ったら、次の就職(転職)先を探して、既に行くこと決めていることが多いです。

そんな中、会社から引き止められると、行くと決めた会社の募集が終わってしまうという恐れがあります。

 

そうなると、あなたの今後のスキルアップやキャリアップはもちろん、心地よい会社環境で仕事をする機会も逃してしまいます

 

マー坊

事実、僕もこうった経験がありますが、再度就職(転職)先を探そうにもなかなか自分に合った会社が見つからないのです。

やむなく入社した会社では、やはり「自分に合っていない会社だ」というのに気づき、後悔しました。

 

2.いつまでも苦悩がつづく

2.いつまでも苦悩がつづく

会社を辞めるのには、何かしらの理由がありますよね。

でも、ずっと引き止められていると、その理由も解決できず嫌な気持ちをもったまま居続けることになります

 

例えば、人間関係などで悩みを抱えていると、その人間関係の悩みが解決できず当分は悩み続けないといけません。

あなたに合っていない辛いと感じる仕事も、やり続けなければなりません。

 

あなた自身「寝れない、食欲不振」などストレスが重なり、精神的にも疲れてきますよ

それに、あなたの大切な家族、恋人、友人も心配します。

 

3.退職を表明したことによって会社に居づらい

3.退職を表明したことによって会社に居づらい

退職を表明し、すぐ辞めることができないとなると、周りの社員や上司などの目が気になりますよね

仕事上良くない扱いを受けたり、「もう外部の人間」だからということで不利な扱いを受けるんじゃないかと不安です。

辞めることに対しあなたの評価が下がり、ボーナスなどの待遇にも影響が出る恐れもあります。

 

マー坊

実際、僕はこれまで数回退職をしていますが、退職を表明してすんなり辞めることはできたことがありません。

ボーナス時期を跨ぐと、その評価は「やっぱりか...」ということで、その額は下がっていました。

 

退職したいのに、なかなか辞めれない状況は、あなたにとって良いことなんて一つもありません

むしろ、チャンスを逃し精神的にも参ったり、収入にも悪い影響を及ぼします。

 

次節では、「会社はすぐに辞められる!すぐに辞めてもあなたには何の悪い影響もない」ということを解説します。

 

会社はすぐに辞められる!すぐに辞めてもあなたには何の悪い影響もない

会社はすぐに辞められる!すぐに辞めてもあなたには何の悪い影響もない

冒頭でも言いましたが、「会社は2週間前に退職の意思を伝えることで辞めることはできます」。

そして、すぐに(二週間で)辞めても、あなたには何の悪い影響もないんですよ。

その理由は以下です。

  • 会社から引き止められる理由は、全て会社だけの都合だから基本スルーしてOKです。
  • 翌日から来なくても、あなたに悪い影響を及ぼすことはない(事例あり)

 

会社から引き止められる理由は、全て会社だけの都合だから基本スルーしてOKです!

会社から引き止められる理由は、全て会社だけの都合だから基本スルーしてOKです!

会社は、「今人手不足だから今辞められると困る!」とか「これまで会社はあなたにどれだけ投資(教育)をしてきたことか!」などと言って、「半分脅しじゃないかな」と思えるぐらいあなたを会社に留めようとします。

しかし、よく考えてみると、人材を集めるのも、教育のために投資するのも、それは会社経営や会社の利益のため

ですから、会社が行うのが普通です。

 

もしあなたが会社に居なくなったら、代わりの人材を会社が募集すれば良いだけのこと(➡︎会社のやるべきこと)。

また、会社が利益を出していくには、教育による投資は必要です(➡︎会社には社員を教育する義務がある)。

会社として当然にするべきことを、あなたに責任転嫁しようとしているだけなのです。

 

ですから、あなたがもう辞めたいと思ったならば、早急に退職の意思を示し(退職届を提出)ましょう。

そして、二週間経てばもう来たくない会社には来なくて大丈夫です

 

とは言っても、会社の就業規則に、「辞める場合は1ヶ月前(3ヶ月前)に意思表示すること...」と書いてある...

だから、揉めるのも嫌だな...

 

会社の就業規則に退職の期限に関することなど書かれていれば、それに従った方が円満に退職はできます。

しかし、会社の就業規則に従わず、二週間で退職したからと言って会社から何か賠償請求されるとかはありません。

次節、少し極端ではありますが「翌日から来なくても、あなたに悪い影響を及ぼすことはない(事例あり)」ことを解説していきます。

 

翌日から来なくても、あなたに悪い影響を及ぼすことはない(事例あり)

翌日から来なくても、あなたに悪い影響を及ぼすことはない(事例あり)

僕が3社目に転職した会社での話です。

会社の仕事が激務、人間関係でも嫌気を差し、あるとき突然会社に来なくなった社員がいました。

ですが、その社員に対し会社は損害賠償やその他責任を負わせることはありませんでした。

 

会社としては、来なくなった社員に電話連絡をとろうにも連絡が取れず、実際に家にまで行き事情を聞こうとしました。

しかし本人は出てこず、代わりに親が出てきて「本人はもう行きたくないと言っている」と代弁したそうです。

 

来なくなった社員の仕事が残っているにもかかわらず、会社側は責任を問いませんでした。

というか、責任問題には出来ないのです。

なぜなら、会社には他の社員も居ますから、残っている社員でやればいいだけのことです。

 

一人分の仕事くらいなら、数名でリスケジュールしながらすることなんて簡単なんですよ。

だから、残った社員は辞めていった社員に対し何か苦言をいう人もいません

 

まとめ:辞めたいと思った時はすぐに会社を辞めましょう

「会社を辞めたい...しかし、会社から引き止められなかなか辞められない...」

このような方は、会社から引き止めがあったとしても、早急に辞める準備をして辞めましょう

理由は以下の通り。

  • 次の仕事へ就職するチャンスを逃してしまう
  • 苦悩が当分つづく
  • 退職を表明したことによって会社に居づらいくなる

 

会社にとって、あなたは会社経営をしていくためには必要です。

利益を出すには、人材は必要ですからね。

 

しかし、あなたが会社を辞めても(居なくても)倒産したりはしません。

なぜなら代わりの社員がいるのですからね。

 

だから責任を感じて、居残る必要なんてありませんよ

行きたくない会社に居続けるのは、あなたにとってデメリットでしかありません。

辞めることで、精神的にも楽になれるし、仕事に対する気持ちも良い方向に向かってキャリアアップ・スキルアップも可能ですよ。

 

即日退職可能な退職代行7選
【失敗しない退職代行サービス7選】即日会社を辞めたい人におすすめ。

続きを見る

 

この記事はいかがでしたでしょうか✨?

-会社を辞めたい

© 2020 WEB系エンジニア-マー坊ブログ