新入社員が体調不良などでゆっくり休むためにも読んで欲しい|不安解消

新入社員のお悩み

新入社員が体調不良などでゆっくり休むためにも読んで欲しい|不安解消

2020年7月9日

 

新入社員が体調不良で仕事を休むことはダメなことでしょうか?

休むことは何だか申し訳ない気もします。。。

 

新入社員であれ一般社員同様、休む時にはしっかりと連絡し、ゆっくり休んで復帰すればOK

復帰すれば、遅れた分の仕事を取り戻す気持ちがあれば休むことになんら問題はありませんよ

 

体調が悪いまま仕事をすると良いことなんてありません。

なぜなら、あなたの本来のパフォーマンスが出せませんからね。

ミスや失敗にもつながるし、周りにも迷惑が掛かります。

 

ということで、この記事では「新入社員が体調不良で休んでも良い理由」「休むためにするべきこと」「復帰後の対応」などについて解説します。

 

本記事を読むことで、何の気兼ねもなくゆっくりと休むことができますよ。

 

1.新入社員が体調不良で休んでも良い理由

1.新入社員が体調不良で休んでも良い理由

 

冒頭でも話したように、新入社員であっても体調不良の場合は仕事を休みましょう。

理由は以下のとおり。

  1. 体調不良は誰にでも起こりうること
  2. 風邪など移してしまうと大変
  3. 無理に出社するとミスや失敗の可能性

 

順番に解説します。

 

1.体調不良は誰にでも起こりうること

1.体調不良は誰にでも起こりうること

 

まず、体調不良は誰でも起こり得ます。

 

先輩社員や上司なども体調不良となれば、休養のため会社を休みます

なので、新入社員であるあなたも同じです。

 

無理に出社してしまうと、余計に悪化する可能性だってあるのです

そうなると、あなたの健康状態がさらに心配な状況にもなりますよ。

 

あなたの体のことは、あなたがいちばんよく知っています。

なので「体調不良で仕事に行けそうにもないな」とあなたが判断すれば、仕事を休みましょう。

 

2.風邪など移してしまうと大変

2.風邪など移してしまうと大変

 

例えば、風邪など他人に移してしまうような病気であれば休んでくださいね。

他の社員に移してしまうと、大変迷惑なことです。

 

移された社員も仕事ができず遅れてしまいます

社内の中心的な社員に移してしまうと、トラブル時の対応ができなくなる恐れもあるんです。

 

また、移された社員の家族にも迷惑を掛けてしまいます。

小さな子供がいる場合だと、お世話も大変ですからね。

 

なので、周りの社員にも迷惑を掛けないためにも、しっかり休んで直しましょうね。

 

3.無理に出社するとミスや失敗の可能性

3.無理に出社するとミスや失敗の可能性

 

「なんか体調悪いけど、仕事も溜まっているから出社しよう...」

「症状も軽いからとにかく出社しよう」

こういった無理をすると、さらに症状が悪化します。

 

それに、体調が悪いといつものパフォーマンスが出せません

なので、それがミスや失敗にもつながりますよ。

 

以前、深夜までの残業続きの影響で、体調が悪かった時がありました。

無理して出社すると、出社するだけで体力を使いますから余計に辛くなったんです。

 

仕事をしようにも普段しないミス(ケアレスミス)を連発です。

ミスを直すのも苦痛だし、結局このままやっても仕事にならないと判断しそのまま帰りました。

 

無理して仕事をしようとすると、仕事もままならないし、重大なミスや失敗にもつながる可能性もありますよ。

 

体調不良の時は、無理に出社しても周りにも迷惑が掛かりますし、仕事にも集中できません。

ですから、しっかりと休養してくださいね。

でも、休む時にはそれなりの対応が必要です。

 

2.休んでも大丈夫!でも休む時の対応がまず大事!

2.休んでも大丈夫!でも休む時の対応がまず大事!

 

休む時にはまずその報告が必要です。

  1. 事前に、直属の上司などの管理者に連絡すること
  2. 休む理由を明確にしておくこと

 

1.事前に、直属の上司などの管理者に連絡すること

1.事前に、直属の上司などの管理者に連絡すること

 

まず体調不良などで休む時は、必ず休むことを報告してくださいね。

報告する相手は、あなたの直属の上司でOKです

 

何も言わずに休むとなると、会社の仲間はあなたに「何か事故でもあったのか」と心配します。

心配以前に、報告することは会社員である社会人としての常識ですよ

 

2.休む理由を明確にしておくこと

2.休む理由を明確にしておくこと

 

休むことを報告する際に「なぜ休むのか」理由を言いましょう。

  • 症状
  • 状態

 

風邪なのか、めまいや腹痛など症状を言っておきます。

またその症状がどんな状態(重いのか軽いのか、熱があるのか)なのかも伝えます。

 

こうすることで、あなたの休む日数などもある程度把握できます

なので、上司はあなたの仕事の割り振りなどのスケジュールを、再検討することもできますからね。

 

では次節、復帰したあとの対応を解説していきます。

 

3.復帰後の対応

3.復帰後の対応

 

体調不良を直し、復帰した時の対応をしっかりしましょうね。

  1. お礼を言う
  2. 遅れた分の仕事を取り戻す姿勢
  3. 他の人が休んだら代わりにやってあげる気持ちをもつ

 

順番に解説します。

 

1.お礼を言う

1.お礼を言う

 

復帰後はあなたの直属上司(管理者)に、休みをもらったお礼を言いましょう

 

なぜなら、本来あなたがその日(体調不良などで休んだ日)にすべきだった仕事を、別日にずらす調整をしてくれたからです。

 

また、あなたの仕事を他の社員の人がやってくれることもあります

そうなると、代わりに仕事をしてくれた社員にもお礼を伝えましょう。

自分の仕事に加えて、もしかすると残業などをして対応してくれた可能性もあります。

 

社員一人休むことで、様々な人が動いてくれています。

なので、出社したらまず最初に「お礼」は言っておきましょうね

 

「休み」をもらったのですから「お礼」することは当然ですよ。

 

2.遅れた分の仕事を取り戻す姿勢

2.遅れた分の仕事を取り戻す姿勢

 

休んだ分の仕事をしっかり取り戻す姿勢を見せましょう。

 

具体的には、遅れた仕事をなるべく早く片付けること

上司に確認して残業などしても良いのであれば、その日のうちに片付けておきましょう。

残しておいても後々の仕事に影響がでますからね。

 

その日のうちに片付けれないこともあれば、上司にどうやって遅れを取り戻せば良いのか相談しましょう。

 

3.他の人が休んだら代わりにやってあげる気持ちをもつ

3.他の人が休んだら代わりにやってあげる気持ちをもつ

 

あなただけでなく、他の社員も体調不良などで仕事を休むことだってあります。

その時には、あなたが休んだ人の代わりに仕事をやってあげる気持ちを持ちましょう

 

なぜなら、会社は人がたくさん集まった組織体で、助け合って仕事ができる環境です。

何の気兼ねもなくゆっくりと休めるようにしてあげましょう。

 

体調管理も仕事の内と理解すること

体調管理も仕事の内と理解すること

 

体調不良で仕事を休むことは可能です。

ですが、「休む」ことは周りの社員に迷惑を掛けたり仕事にも影響があります

 

例えばスポーツ選手でも、ベストメンバーの一人の選手が休むとなると戦術も変わります。

なので勝敗にも影響してくるのです。

 

会社員も同じことが言えます。

社員一人が休むと納期にも遅れたり、急なトラブル対処ができなくなってしまうこともあるのです。

 

ですから、体調を常にベストな状態にしておくことも、社会人の仕事の一つなんです

 

4.いつ休んでも良いようにしておくべきこと

4.いつ休んでも良いように

 

体調不良は、いつ何時襲ってくるかわかりません。

 

もしかすと、その日のあなたの仕事を、他の社員が代わりにやってくれるかもしれません

そのためにも、日頃から誰に代わっても仕事しやすいような体制を整えておきましょう。

  1. パソコンやデスク周り、資料整理を日頃からしておく
  2. 日報は日頃からしっかり書いておく

 

順番に解説します。

 

1.パソコンやデスク周り、資料整理を日頃から整理しておく

1.パソコンやデスク周り、資料整理を日頃から整理しておく

 

あなたが普段会社で使っているパソコンやデスク、資料などを整理しておきましょう。

 

資料がデスクや引き出しに散々していると、必要な資料も見つけにくいです

 

必要な書類以外は廃棄したり、大事な書類は引き出しに鍵をかけて整理しておきます。

セキュリティの観点からも大切なことです。

 

また、パソコンなどのデータも、どこにどんな資料があるのか分かりやすいようにしておきましょう

 

デスクトップ上になんでもペタペタと置くのでは、非常にわかりにくいです。

「お客さんごとに」または「仕事の内容ごとに」フォルダ管理するなど、工夫して整理しておきましょう。

 

2.日報は日頃からしっかり書いておく

2.日報は日頃からしっかり書いておく

 

あと、日報も毎日きちんと書いて上司に報告しましょう。

日報にはその日やった仕事内容や、進捗状況、問題点、周知事項などが書かれています。

 

あなたが休む前の日の日報を見ることで、あなたの仕事状況がわかります。

上司などの管理者がスケジュール調整したり、他の社員に割り振りしやすくなります。

 

関連テンプレあり|上司に納得してもらえる新入社員の日報の書き方

 

まとめ

最後にまとめます。

 

冒頭でも話したように、新入社員でも体調不良の場合は仕事を休みましょう。

理由は以下のとおり。

  • 体調不良は誰にでも起こりうること
  • 風邪など移してしまうと大変
  • 無理に出社するとミスや失敗の可能性

 

体調不良をしっかり直し、復帰した時の対応をしっかりしましょうね。

  • お礼を言う
  • 遅れた分の仕事を取り戻す姿勢
  • 他の人が休んだら代わりにやってあげる気持ちをもつ

 

また、いつ休んでも良いように、日頃から誰に代わっても仕事しやすいような体制を整えておきましょう。

  • パソコンやデスク周り、資料整理を日頃からしておく
  • 日報は日頃からしっかり書いておく

 

あなたが本当に「体調が悪いなぁ...」と思えば、しっかりと上司に連絡して仕事を休めばOKです。

ゆっくり休んでくださいね。

 

そして復帰後の対応がしっかりしていれば、誰もあなたが休んだことに対し文句は言いませんよ。

社会人は体調管理も仕事の内だと理解し、プライベートと仕事をうまく両立させていってくださいね!

 

 

この記事はいかがでしたでしょうか✨?

-新入社員のお悩み

© 2020 WEB系エンジニア-マー坊ブログ